秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
ちいさくなった建物たち
at 2017-06-19 00:22
ものまち★ナイン
at 2017-06-04 23:54
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:おすすめ記事 ( 7 ) タグの人気記事
若返る萌え系ビルディング
a0012640_1943269.jpg
数寄屋橋に堂々とした姿をみせる、東芝ビルディング。大きい写真
60年代ビルディングだと思い込んでいた。
しかし、隠れおっことすポストをみつけたとき、随所で、
もっと古いのではないか?と漠然と感じました。

そもそも、主なテナントである阪急が入ったのが50年前。
・・・って、その時点で60年代より昔だよ!
概要をみてみると・・・

竣工:1934年10月 / 1966年12月増築

文化財級だったのである!!



萌え系ビル

a0012640_19461292.jpga0012640_19462163.jpg




左が竣工時
右が増築時
いずれも、
しみず建設のサイトより

な、なんと!!左の竣工当時、こんな萌え系だった。
しかも、設計は日比谷公会堂と同じ方であった!
建て替えたのかと思った。増築して見る影もないようにみえるけど、
冒頭の大きい写真をみると、1階のひらたいアーチは同じかも!!



感動のエスカレーター

a0012640_2173297.jpga0012640_2174215.jpga0012640_2175021.jpg
エスカレーターは、おーちす社製であった!!
今まで無意識だったので、ロゴを初めてみた。
増築された年、東芝はエスカレーターをつくった年なので、
増築のときか、もっと前からあるエスカレーターなのかもしれません。



エレベーターホール

a0012640_2120366.jpga0012640_21204549.jpg
a0012640_21463370.jpg買い物するだけだと、気づかないのですが、ホールがすてき。
エレベーターは東芝でした。初めてつくったのが67年なので、
こちらは後から新しくしたんだろうなあ。



ドア

a0012640_2127692.jpga0012640_2127166.jpg
お食事中のかた失礼します!!
古そうと感じたのは、オフィスゾーンの廊下のドアノブ。
40年前なのか、それより前からあるのかはわからないのだけど。
右はお手洗のかぎ。珍しい形だなーと思った。



最近、大改装して明るい外装になり、数寄屋橋阪急の名も消えました。
が、テナントは結構好きで時々いきます。
なぜなら、銀座周辺には少ないタイプのブランドが
多く入ったからです。たいていみてるだけなんだけど。

もし萌え系のままだったら、今ごろ、文化財になっていたかもしれないけど、
今の姿になってからの方が長くて、改装も重ね、見事な変身ぶり。
だけどこっそり、萌え系時代の名残りをさがしてみたいな。


関連過去記事
隠れおっことすポスト
シャンテとマリオン

参考サイト
公式サイトの詳しい歴史・・・戦中、改称したって
以前はマツダビルディングという名前だったようです。
[PR]
by aneppe | 2006-11-03 21:49 | 銀座×新橋 | Trackback | Comments(5)
アド街ック★ビルヂング
今日のアド街は、まるのうちでした。前回、勝手に予想)
食べ物ばっかりで退屈していたら・・・

a0012640_2483082.jpga0012640_2515634.jpg

ご、ご、5位ですよ!!!ビルヂングさんが!!!


a0012640_2565464.jpg絶対出ないと思いました。
みなさんもびっくりしたのでは?
乾杯ですよ!
用意してないから試供品をのむか。

まるのうちの大家さんは個性を捨て、
ビルディングを選んだわけだけど、
テレビはビルヂングを応援してくれた!

実は当ブログが、番組掲示板に紹介されているのを最近みつけました。
わたしのネタが、ヒントになったのかな?妄想かな?
でも、おかしいな?と思ったところもあります。気がつきましたか?



番組内容

a0012640_393095.jpga0012640_394749.jpga0012640_310286.jpg
「なつかしいひびき」
まるのうちの建物には、今も昔ながらの日本語読みのカタカナ英語が残されています。

第5位 ビルヂング
この名前は、大正12年に建設された丸ノ内ビルヂングを皮切りに定番の呼び名になりました。
その後、2002年には丸の内ビルディングが、ビルディングとしてリニューアル。それ以降、建てられたビルは全てビルディングとなったのです。
現在、味のあるビルヂングという名のビルは少数派の9棟を残すだけになりました。しかし、その何ともレトロな響きには応援したくなってしまいます。


ふぇちのつっこみ

言語のことは詳しくないけど、ビルヂング表記について調べたとき、
「ヂ」とかけば、「ji」でも「zi」でもなく、「di」すなわち「ディ」を
表す、合理的な表記だと理解しました。
音にすれば「ビルジング」でも、「ビルディング」を表せるのです。
丸ビル以前からビルディング表記もあるから、単にレトロではないと思う。



a0012640_3145199.jpg2002年以降ビルディングにといいながら、
郵船ビルディングが映っていました。
何の虫の知らせか、今日わたしは、
右写真を撮っていた。見てのとおり、
古いでしょ?住所も「丸ノ内」。
建て替え前のなのかなあ。クリックで大きく
大家さんじゃないから昔からビルディング。
まるのうちの大家さんじゃない建物、
郵船ビル、東京海上ビル、みついビルセンタービルなど、
古いビルディングもいくつかあります。
郵船ビルは調べてないけど、大家さんは転貸してるだけで、
東京海上とともに、大正時代からビルディングのはずです。



秋葉OLのレポート

ビルヂング探究ものは、ここに分類していますが、
今回の番組と関連する過去記事は、


びるぢんぐ・コレクション
ビルヂング表記の説明、
ビルヂングマップと、各ビル入口激写集

新しいビルヂング★せんだい
いつからビルディングになったかと、
まるのうちに少ない、比較的新しいビルヂングの写真集


いつからビルディングかについて、正確な境界を気にしたことは
なかったけど、イベント打上げに潜入したとき、大家さんから、
上記リンクのようなお話をたまたまきいて知りました。
伝統だから、反対する声もあったっていうけど、
番組のゲストたちも、ビルヂング派っぽかったなあ。
最近では、大家さん設計さんに、
「ビルヂングはもうやめちゃったんですよ」
といわれたのが頭にのこっている。

ビルヂング復活をねがいます!



さて、どうでもよくなってしまいましたが、他の内容も、
紹介しておきます。詳しくは番組サイトで。リンクはわたしの過去記事。
印象としては、ときあの店が多いため、関西発が分散して登場した。

25.スカイバス
予想ではグッヅだけ紹介して忘れてた。シャトルバスはでてこなかったな。

18.赤垣屋
まるのうち最初で最後のオヤジランチ、たのしかった。

17.地下街のカレー屋
カレー屋より、岸本ビルヂングの地下に入れること知らなかった!

15.パブ・カーディナル
まるのうちの夜、アド街が話題になった。ひとごとのようだった。

14.東京中央郵便局
よかった!でてきたよ!これも、嬉しかったねー。

6.パパミラノ
オーエルっぽい記事に挑戦したっけ。確かにあのパンははまる。



出なくて意外だったものもいくつかあるけど、
もんぶ省は絶対でると思ったんだけどな。名建築もでなかった。

ビルヂングネタが異色に思えるのはわたしだけでしょうか。
裏広報しかとりあげそうにないからでしょうか。
だけど、まるのうちの大きな特色として、魅力を感じる人たちがいる。
こころづよいです。

そうして、応援してくださるみなさま、
あたたかい目でみてくださる大家さんに感謝。


関連リンク
2002年のアド街・・・ビルヂングネタはない
[PR]
by aneppe | 2006-08-06 03:58 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(4)
中央郵便局舎をまもろう【その1】
a0012640_156874.jpga0012640_2492299.jpg
東京と大阪の中央郵便局を、郵政民営化で高層化して、
もうけようという話がでているようです。
建築関連の各団体からは保存要望書が提出されて、
先日、その価値を討論するシンポジウムがひらかれました。

わたしにとっては、あまりに当たり前の風景で、
立ち止まることが少なかった郵便局。
現在、網がかけられていて、網のないときに撮った写真は少ない。(大きい写真 



まるのうちのバイブルによると、
東京中央郵便局は、八重洲ビルヂングより少し後、
昭和6年に竣工し、さらに設備工事に2年費やしたそうです。
それ以前のこの場所は、木造の局舎や、
「バラックの見本市のような情けない状況」だったらしい。
a0012640_251256.jpg
写真左:昭和2年。バラックのころ?
写真中:昭和2年。郵便局敷地から、八重洲ビルヂング建設風景
写真右:昭和5年。郵便局の鉄骨がたってきたころ


さて、先日のまるのうち活動は、このシンポジウムでした。



「討論 東京中央郵便局庁舎の価値!」

a0012640_25731100.jpga0012640_2581139.jpga0012640_2582086.jpg
建築保存の第一人者の方ばかりがお話されるシンポジウム。
猫に小判のまるのうちふぇちに、理解できるだろうか?
感情移入だけのわたしが、専門的な考え方に共感できるだろうか?

・・・思ったより理解できた。
感想を一言でいうならば、「もどかしい」。

全面保存する最もよい方法は、容積率移転。
しかしそれも、なかなか融通がきかないらしい。
お話のなかで、「やる気になれば何でもできる」というのが唯一、
救いになる言葉だったように思う。

そうして一番大切なことは、今同じものをつくろうとしても
できない、この建物の価値を広く認識してもらうことだと感じた。
今まで装飾のない建物が残ったためしがないというから、
前例のない中で保存を訴えるには、良さを伝えていくしかない。

ぐるぐるみてきたよ。
シンポジウムでのふじおか先生(かっこいい!)ほかのお話を参考に。



a0012640_33289.jpga0012640_333620.jpg
五角形の変形敷地という制約の中で、機能的で中央郵便局に
ふさわしい、記念性をあらわした建物がつくられました。
郵便局という特殊な用途なので、耐震壁がもうけられず、
太くて丈夫な柱が整然と並んでいるそうです。
1階をみるだけでも柱は目をひきます。
5階建てで8階建てくらいの高さがあるので、天井は高いぞ。
天井にはよけいなものははりめぐらされていないのかな。
機能や構造などがすぐれているから、はやりのファサードだけ
保存では意味がない、そうです。

a0012640_392578.jpga0012640_393469.jpg
a0012640_311101.jpga0012640_3112016.jpga0012640_3112887.jpg
辺ごとに対称的なデザイン、いわれてみるとそうか!
窓もよいです。うううう、萌えてきました。萌えてきた?
斜め前が丸ノ内ビルヂングのころはさぞ合っていただろうな。



感想

a0012640_3402631.jpga0012640_340361.jpg
前後するけど、シンポジウムをきいておもったこと。

こわしたら、よりよいものが生み出されるかもしれない。
その矛盾をわたしは思ってたけど、建築家自身が誰より、
矛盾をかかえていると知ることができた。

ショッキングだけど良い案として、容積率移転のお話があった。
わたしが普段、いろいろ調べるときに参考にしてるのは、
開発者側の情報なんだなと気づいた。
最近、ある人が、この郵便局はぼろいからこわすべきだ、と
言っていた。そう思う人もいることを頭の片隅において参加した。
今回、建築家や研究者の観点をかいまみることができて、よかった。
考えさせられることや、共感することもおおかった。

パネリストのかねまつさんが、
「都市は建築によってつくられ、建築は人によってつくられる」
とお話されたのだけど、民営化で金儲けの話をきくと、
今までの歴史や人、街並み、建築としての価値、なんて全然、
考えられていないのかなーと思った。
また、同時代の建物ばかりだと似たような感じになる、
まるのうちは大家さんが殆どだから同じようになる、
かといって汐留はそれぞれの企業が自分のことだけを考えて
やったのでひどい、というお話もありました。
いろいろ難しいな。都会では空がみえてちゃいけないの?

同じくパネリストの林しょうじさんはとても面白かった。
わたくしがこーふんした、パレスサイドビルや、
激突したプレスセンターを設計されたかたです。
空調ができて、オフィスビルは堕落した、といっていました。
昔の建物の天井が高いのは、何もないからなのかな。
個人的に興味のひくお話でした。激突したのもご縁?


ネットをざざっとみたら、シンポジウムの案内はみかけたけど、
レポートをみかけなかった。
直感的にわかりにくくても、
教えられて気づかされる良さをもった建物。
地味だけどすごいやつなんだよ、という感じでしょうか。
わたし自身、目をむけていなかった郵便局。
しろうとなりに、伝えようと思ってかきました。
中も探検できたらいいなあ。


※まちがってたら教えてください

関連リンク
ご一緒した方の紹介記事・・・関連リンク多い
勝手に関西世界遺産・大阪中央郵便局
かねまつさんの記事


追記 2007.8.5
第2弾がひらかれました
[PR]
by aneppe | 2006-07-31 03:30 | 秋葉×丸の内
無料のとうきょう高速(りきさく)
銀座周辺を無料で走れる、民間の高速道路があります。
銀座の端をぐるりと囲むように、京橋から新橋までを、
ショッピングセンターや、飲食店が連なっていますが、
そのテナント料でなりたっている、東京高速道路(会社線)です。
道路そのものは、首都高速と連絡しており、乗り継ぎ券をもらい、
その区間だけ無料になり、損はしないようになっているようです。

こまかい話は後にまわし、今までで一番、足を運び、色々な角度から
写真を撮ってきたので、ごらんください。スペシャルもあり。



周りを歩いてみよう

■西銀座入口

a0012640_23242555.jpg首都高速からではなく、東京高速から
乗る場合は、ここが入り口。

a0012640_23252841.jpgなので、約款がはってあった。

全体をみたいかたは、
ここここにのっけてみた。
(クリックでさらに拡大)

■西銀座乗継所

a0012640_23255441.jpg銀座インズの上に、
乗り継ぎ券発券所がみえる。
後にでてくる写真もどうぞ。

■数寄屋橋

a0012640_23271463.jpg
といえば・・・ですね。
明治大学の発祥の地もこの近くだそうだ。

■新橋出口

a0012640_23271988.jpg
東京高速の出口。ちょうどドンキの辺り。すぐ向こうは汐留。
なお、ここにのせた以外にも出入口はあります。

■地上からみた番外編

a0012640_23295917.jpg銀座インズに本社があります。

a0012640_23302994.jpga0012640_23312518.jpg
歩いていくと、こんなのやあんなのを発見。



上から眺めてみよう

a0012640_23322270.jpgマリオンの西武百貨店から。

a0012640_23315356.jpg西武の渡り廊下からみると、
萌え風景なのですが、
店内の照明がうつってしまい、
夕方ではあまりにひどかったので、
昼休みにダッシュして撮ってきたよ。



以上をふまえて道路上からスペシャル

a0012640_23324564.jpg向こうにみえますのは無印良品。
・・・って、手前の方が気になるね。

a0012640_23335175.jpgこれは先にのせた乗継所ですね。

a0012640_23342029.jpgマリオンを臨むとこんな感じ。

a0012640_23353045.jpgあっ、ここは、
み、みんじ・・・(略)

a0012640_2335437.jpgお、これはあのビルです。



裏話
「戦後の銀座復興と飽和点に達した自動車交通量緩和のため」、
生まれたという、道路・ショッピングセンターとしても画期的な事業。
特殊な経緯があったという記憶はありましたが、
調べていたら思い出したことがありました。

戦後、外濠と京橋川、汐留川を埋め立てて建設されたものの、
行政区分が川をへだてて分かれていたため、
道路下のテナントには住所がない、ということです。
例えば、
西銀座デパートは、「中央区銀座4丁目1番地先」
銀座ナインは、「中央区銀座8丁目10番地先」
であって、実際は中央区でも千代田区でも港区でも、銀座でもない。
また、銀座9丁目は存在しません。「自称」といったところでしょうか。

雑感
収支はうまくいっているのだそうですが、
テナント、よく変わるところもあるんだよなぁ。
a0012640_1255389.jpg

やる気あるのかー?と常々思っていたある店が、
閉店していた。調査ついでに閉店セールで買い物もしてきたけど。

道路開通まえに開店した、西銀座デパートは、
昭和33年当初から三愛が入っていますが、会報をみて萎えました。

a0012640_2161375.jpg「川は埋め立てられ、
首都高速道路が走り、
その階下にはショッピングセンターがオープンした」

おい、ちょっと違うんじゃ?
でも、この古い写真には萌えるね。

西銀座デパートは三愛の株主でもあるようですが、
三愛は、リコーの子会社になっておりました。
すんごい異業種。大丈夫かなぁ、道路下のお店たち。すなわち道路。


参考サイト、わかりやすい記事など
無料の高速道路…たいへんわかりやすい!写真もいいなぁ。
東京高速道路株式会社!!…こちらもおもしろい。住所の話もでている。
東京高速の会長さんインタビュー
西銀座デパート社長インタビュー
日本橋地域の歴史
MID-TOKYO MAPS
東京高速株式会社
首都高速の乗継ぎ所について




_
[PR]
by aneppe | 2005-08-08 01:53 | ≫中央区 | Trackback | Comments(7)
クールビズを追いかけた
a0012640_1221237.jpg

4月の終わりのある朝のことであった。

通勤電車にしては珍しく、男性3人が話をしているのが眼に入った。
一人はスーツにネクタイ、一人はワイシャツだがノーネクタイ、
もう一人は完全なカジュアルスタイル。
ノーネクタイ氏が職場について話していた。

「小泉首相が推奨しているノーネクタイ運動を。
カジュアルも取り入れようって言っているんですけど、区役所と変わらなくなるな」

わたしは感心して、その会話を書き留めた。
以前から、夏場に霞ヶ関にいくと、夏の軽装の断り書きが、
部屋の壁にはってあった。なるほど結構前から発表していたんだね。
役所でだけやっても仕方ない。
これ、民間でも根づいたらすごいのになぁ・・・妄想。

a0012640_11495593.jpg電車での出来事が発端ではない。
その2週間前にみた新聞もひっかかっていた。
環境省の職員が、日本橋三越で
アドバイスを受けるもの。
夏の軽装の名称募集ものっている。

日本橋三越(ここにリンクするな?)
環境省のクールビズ着こなしマニュアルにも
協力しているそうな。

それから2ヶ月余、追いかけていました。




5月末:Googleニュース
「クールビズ」に名称が決定したのを知り、Googleアラートに登録。
昨日までに「クールビズ」を含むニュースを知らせるメールがが91件届いた。
1通のメールに複数の記事がのっていることも多いので、記事の数は相当。
毎日、全国どこかで記事にされているのである。

6月初め:直撃!
6月に入り、ブンカ庁のひとと友だちになった。ノーネクタイ。
おお、これがホンモノのクールビズ。
数日後、モンブ省のひとたちに会ったときに直撃。
管理職は半ば強制的のようですが、趣味的なことで、
周りをみわたしても、世代間の差も特になさそうだ。
ボタンは1つしかはずしちゃいけないとか細かい決め事はある。
霞ヶ関の友人にきくと、霞ヶ関全体は5割、ナイカク府7割くらい。

観察:霞ヶ関
日比谷図書館に上の新聞記事をコピーしにいったとき、待ち時間が20分あった。
そこで片道10分で行ける所まで霞ヶ関を歩いたのである。
両手を使い、すれ違う人を指折り数えた。友人の言う通り、半々くらいだった。
しかしあきれるほどに、ただネクタイを外した人が大半の最悪パターン。
もちろん、お洒落さんは、とても楽しんでいるようですが!
図書館へ戻る信号の所で、右から来る集団はネクタイ、
左から来る集団はノーネクタイだったのが印象的。
地図をみると左のほうには環境省があったもよう。
先日も霞ヶ関にいきましたが、特に変化はなかった。

観察:丸の内
当初、ノーネクタイ氏をみると、全部モンブ省だと思っていた。
しかしよくみると、民間でも普通にいることがわかった。
えぇ、顔をみれば見分けられるようになりましたから。?
実際は企業でも以前からとりいれているところも多いそうですが。

新聞記事
ちょっとだけスクラップ。
ノーネクタイ対応のシャツが売れ始めたのは、数年前。欧州のビジネススーツ市場がカジュアル化で拡大を図ったためだ。IT企業の若手経営者の多くがノーネクタイ姿なのは、こうした先端ファッションの流れをくんだものだという。(2005/4/13朝日新聞・上の写真)

ここはひとつ、女性会社員の制服が年々減少する中、彼女たちが個性とビジネスを両立させるスタイルを作り上げてきた例に倣い、男性も本当にクールなスタイルを作り上げていきたいものである。(2005/6/22朝日新聞)



電車で妄想していたことは、現実のものになっていました。
世界の共通言語・スーツにネクタイをこわす風潮、
男社会らしい「制服」からの解放。

期待されるプラス効果について疑問視する声もあるようですが、
エアコンにたよらない工夫、季節感を大事にした服装、
忘れかけていることを考えるようで、いいなぁと思うのです。


・・・個人的には、スーツにネクタイ萌え。


オフィシャルサイト
チーム・マイナス6%
コレクションもあるぞ

追記(2005/07/08)
★1万社余への調査 企業への導入は2割
[PR]
by aneppe | 2005-07-03 12:10 | ウォッチング | Trackback | Comments(10)
社長の出身校の謎 (★りきさく!!)
a0012640_194430.jpg

毎年発表されている調査の一部。
何の意味があるのだろう?といつも思っていた。
大卒社長は3割程度であり、どこを出たからなれるものでもない。
同族、創業、昇格、なり方もさまざまだろうし。

そもそも・・・毎年、1位はダントツN大学。
日本一のマンモス校だからあたりまえ、と思って、まともにみたこともなかった。

ところが、回覧をみていたら、妄想がふくらんできたのであった。
妄想3ヶ月。

発見と妄想
調査が始まったのは1978年。
まてよ?N大学は1983年以来、1位だという。
ってことは、たかだか20年くらい前には、
当然N大という図式ではなかったということ??

社長の平均年齢は58歳くらい。大まかに計算すると、
大学を出たのは昭和40年代。20年前の社長だったら昭和20年代。
そのころには、N大学の規模は今ほどでなかったのではないか?

その推測にもとづいて集めた資料をグラフにしてみると。
a0012640_116849.jpg

a0012640_1171042.jpg

N大学の卒業者数を見つけられなかったのが痛いのだけど、
確かに昔は、W大学やK大学の方が人数が多かった。
戦争のころで、単純比較はしづらいけれど、徐々に人数差は
縮まっているようでもあり、その後、逆転したと想像されます。

ほかの見方
これでは単にN大学の規模の変遷をみているようでもある。
当大学の方は、それだけではないと分析してらっしゃいます。
しかし、また別の表も発見。
出典は違いますが、上場企業と限定するとまた異なる結果となる。
東大など、人数が少ないところも上位にきています。

結論と正解
上場企業では結果が異なるように、広く社長と区切る限り、
卒業生の人数と比例する傾向は強いと言えそうです。
N大学は妄想どおり、かつては人数が少なくて、
規模拡大とともに、社長数も1位になったと思われます。

ここまで妄想して実際のところ、1位はどこだったのか?

じゃーん!!!
意を決して発表元の知人に問い合わせをしたのである。
a0012640_117278.jpg

コーフン!!
20年前に逆転劇は起こり、今や2位との間に1万人もの差を
つけたということになります。
ちなみに2000年からの調査はネットでみられますが、
2位と3位は、W大学とK大学のどちらかとなっています。


ここではあくまで数字からの妄想です。
もっといろいろな背景が作用していることでしょう。
大卒は偉かった時代から全入時代、ベンチャーも上場できる時代。
大学も社長も、その位置付けは変わってきています。
この調査自体の意味もまた、かわっていくのかもしれません。

謝辞
[PR]
by aneppe | 2005-03-14 01:19 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(12)
透明CDの謎 (りきさく)
a0012640_1357476.jpg

ケースのないCD-Rのパック。
最後の1枚は、支え用の透明のプラスチックでした。
宙に透かしてみたり、穴に指をとおして、
耳元でまわして、ぶるんぶるん音をたのしんだ。
「それ、CDじゃないよ、蓋だよ」とつっこまれつつ。

CD形のプラスチックなのだな、と初めは思った。

謎1:なぜすでに虹色なのだろう。
謎2:妙にまだらで、不自然でもある。


そっか!新品の虹が溶けてうつってしまったんだ。
と、まじで思ったが・・・ありえない。

CDが虹にみえるわけ・・・細かい穴があいていて、光の回折と干渉が起きる。
・・・CD形のプラスチックに、穴があいている必要はないではないか。
謎は深まるばかりであった。そこであれやこれやと、調べてみた。

まず、CD-Rのつくりかた。(わたしが噛み砕いたものであり、詳しくは、こちら

1.金型をつくる(この段階で細い溝が刻まれる)
2.透明なポリカーボネートを射出し、金型の複製をつくる
3.有機色素を塗布し、記録層をつくる
4.反射層をつくる


ここで謎1が解決。
ただの円盤ではなく、2の状態なのだな。溝があるから、虹色にみえる。

そして、謎2は、意外にもこちらで解けた。わかりやすい。
いらないCDの再利用で、虹色の透明状態に戻している。つまり・・・

結論:
この円盤は、完成したCD-Rのできそこないか、
不要品であり、上の3と4の層を除去した、2の状態。


メーカーとしては、蓋を新たに作らなくてよく、
廃棄する不要CDの再利用もでき、一石二鳥であった。
ユーザーは、ゴミ箱に捨てにくく、
一体これはなんだろうと悩むことになるのである。
いや、わたしがぼんやりなだけかも・・・。

調べているうちに、ニュースがとびこんできた。
2のポリカーボネートのかわりに、トウモロコシを使うというもの。
メーカー2社が、同時期に発表。2社の違いは、一長一短のようです。

ほかに、目をひいたサイトは、
傷ついたCDを自分で再生する実験
いらないCDでアート作品を作る、など。

安いのでいいや!とあまり気にしないメディアですが、
実は製造過程で差があったりとか・・・
新しい素材も研究されていて、調べがいがありました。
ちなみに、透明ディスクも存在するのです。


■追記■
この記事をみて、ある方が回折と干渉の実験、
わかりやすい解説も書かれました!
こういうのは嬉しいなぁ。興味のあるかたどうぞ
[PR]
by aneppe | 2004-12-12 03:17 | モノ・お店 | Trackback(3) | Comments(12)