秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
くまちゃん★すりばち
at 2017-09-07 00:28
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
OL=コンサバ?
美容院へ行った。
いつもより長めにしようということになった。

「ふつうになっちゃうけどね。ギャグでOLふうに。
今までのマニアックなのとちがって」

と美容師(男性)。
え、マニアックな髪型だったのか、自分。

「あそこまでコンサバじゃなくてもさ」

なんと、他の客を指差して言う。
で、切り終わって。

「OLっぽ~い。はずかしいね」

わたしもはずかしかった。
「ふつう」な、「コンサバ」な、髪型がはずかしい、ってどうしてだろう。

外見をまねてみても、好きな服というわけではないし、
「OLコスプレ」になるだけで、中身がついていかないからかも。
でももしかしたら、そうやって、OLらしくなるんでしょうか??

さて、家族の感想は、
「Every Little Thing の男の方みたい」
一夜あけてみると、あかぬけない中学生である。

しょせん、まねすらできない秋葉OLであった。
[PR]
# by aneppe | 2004-04-18 23:44 | オネエチャン | Trackback | Comments(0)
うそついて休みますか?
ショッキングなできごとがあった。

すごく若い派遣社員が入った。
それなりに一生懸命にやっているようだ。

10日くらいたったころ、
その子が、通勤途中に倒れて入院したという。

親とうまくいってないときいてたが、親から会社に電話が
きたそうだし、和解したのかなと思った。

結局その子が二度と会社に来ることはなかった。

狂言だったらしい。
親を装って自分で電話をしてきたようだ、と。
親とか死んだことにしちゃうタイプかね?とふざけて話してたら、
実際、「友達が死んだ」と休んでいたことも知った。

派遣社員は、やめたければ派遣会社を通せば、自由がきくはずだ。
信頼関係もないうちに、そんな演技をする必要があるのか。
若すぎて、考えが及ばなかったのかもしれないけど。

ここ何年か、連絡もなしに会社にこないとか、面接をすっぽかすという人が多い。
いまどきの子って・・・と思ってたけど、虚言は、年齢をこえたものかもしれない。
だまされたなぁ。いろいろと考えさせられるできごとだった。
[PR]
# by aneppe | 2004-04-17 13:58 | ウォッチング | Trackback | Comments(0)
鷺沢萠さん
昨日は、会社で何気なくアサヒコムをみていて、
一人で「えーっ」と声をだしてしまった。

鷺沢萠さん死去、さらに、自殺、とのニュース。

作品を読んだことがないのに、わたしの中では
ずっと特別な存在だった。

鷺沢さんの存在を知ったのは15年くらい前。
雑誌かなにかで、女子大生作家として紹介されているのをみて、その美しさには驚いた。
ファミレスで原稿を書いている、と読んだように記憶している。
その鮮烈な印象は、美しさへの驚きと、若い作家への憧れだったのかもしれない。

その後も折に触れ、その名前は目についた。
2ヶ月ほど前、図書館にいったときも、手にとっていた。
でもなぜだか、かりるに至らない。
くるしくなりそうだ、というイメージからくる恐れのようなもの。

時期を待っているうちに、もう新作を望めなくなってしまった。
いつかは、同世代、という意識をもって、おそれずに読んでみたい、と思う。
[PR]
# by aneppe | 2004-04-16 23:48 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(0)
「萌え」の定義
昨日の朝日新聞に衝撃の記事がのっていた。
「おたく文化 ベネチアへ」というもの。
(くわしくはこちら

正直申しまして、無縁の世界。

が、言い回しとして気になったこと。

おたくが美少女のメガネなど特定の要素に抱く好ましい感情「萌え」を海外の人に視覚的に伝えるために

新聞記者が書くと、そうなるのね。

萌え、ってフェチと同じですか?
特定の要素、とは知らなかった。

内容として気になったことは、

(森川さんは、)複製物にもオーラを見る「萌え」を、「わび・さび」などと並ぶ日本の美意識になりうる、と考えているようなのだ。

えーっ・・・(絶句)。
[PR]
# by aneppe | 2004-04-15 23:38 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(0)
あゆの光と影
昨日、スーパーテレビで「浜崎あゆみ・・・光と影」をみた。
楽しみにしてたんだけど、それほどの感慨を受けなかった。

5年間の取材を1時間では、凝縮されすぎている。
番組側の誤解と和解があったようだが、ひとりよがりな解釈ともみえた。
あゆがそれを、正解と思えるのかどうか?

いくつかの歌と心情を重ね合わせていたけれど、もっと奥は深いんじゃないか?
そうでなければ、凝縮しすぎて、訴えかけるものが、すくなかった。

個人的には昔のあゆちゃんの歌は大好きで、
そうかもう3年たったのか・・・としみじみとなり、
ポーカーフェイスのビデオクリップに萌えた(+_+)

こちらには同感です。
[PR]
# by aneppe | 2004-04-13 23:15 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(0)