秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
ちいさくなった建物たち
at 2017-06-19 00:22
ものまち★ナイン
at 2017-06-04 23:54
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
通りに並ぶものたち
昨年から続いている、まるのうち仲通りの工事は、
いよいよ終わりに近づいてるみたい。


a0012640_23333283.jpga0012640_23332341.jpg
黄色いシートにおおわれた、様々な形のものがずらり。
並んでるもの好きとしては、かなり萌え風景。
左の写真はお花関係と想像し、右はどうみても・・・。

ここまでくると、おお、きれいになったとわかるけど、
今までは全く道がどうなってるか気にしてなかった。



昨年、チューリップまつりのころから始まったな、と
記憶はあるけれど、どうやって始まったっけか。
コーンの美しい並びばかりみてたけど、資料的なものを探してみた。


a0012640_23292926.jpga0012640_029589.jpga0012640_2329479.jpg
撮影日左から:06/3/22、06/4/13、06/4/18

まさかそんな長い工事になるとは想像もしてなかった。
何となく撮った標識をよくみれば、06/3/1から07/1/31となっていて、
実質終わっているのかな。いつ終わるとも知らず待っていたかんじ。
長かったと感じると同時に、一年たってしまうことがショック。

真ん中の写真は、ブログのネームカードに使ってるほど
気に入ってるけど、その後はきれいごとじゃなくなってた。

a0012640_0392692.jpgそして今きづきました。うえこみがなくなってることに。
からすさんがときどき、きていたっけ。
ほんと観察してないな。

まるビル方面と同様、石畳みのみになるようだけど、
当たり前すぎて、違うことを気にしたこともなかった。
こんな風に植え込むことはできなくなるんだね。→
でも、道が広く感じられるだろう。



哀愁ビルヂング

a0012640_0522889.jpga0012640_052367.jpg
10日前の様子。しょうじさんの黒い柱はその前が見納めでした・・・。
右写真は、馬場先NO.2出口が大活躍中。


a0012640_056362.jpgこちらは三日前。
もうきかれないと思った、
「かんかんかんかんかん」の音が
しました。ビルヂングの悲鳴。
もしかしたら、
まだ残っているのでしょうか。
ビルヂングたちがさびしそうに見守っています。



くりすまる

a0012640_145763.jpgふと思ったけど、ビルヂング飾り模様がまだ残っていたんだ。
ビルヂング入口のガラスはもう模様はなくなっているのだけど。
外からみると12月からかわってないかのよう。
お店になるのかなあ。
みつびし電機がいいなあ、ぶつぶつ。



工事中だからとみなかったところが大きく変わってる。
その間に向かいのビルヂングたちが、いなくなった。
ひきかえに、きれいになった通りのビルヂングたちがかがやく。
[PR]
by aneppe | 2007-02-28 01:53 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
ビルヂング★あかさか
六本木から赤坂見附へ歩きました。1時間以上かかった。
その間で、ビルヂングに寄ってみることにしました。



a0012640_1132244.jpga0012640_1133249.jpg
がーーーーん。
遠目にみて、「あれはまるのうちの大家さんじゃない」と
思った建物がパークビルヂングだった。


a0012640_1144077.jpga0012640_1144919.jpg
軽めの装飾?は、わたしの中では大家さんぽくないのだった・・・。
時代なのか、場所なのか、いろいろ要因はあるのだろうけれど。

それよりか、入口周辺でたばこがすごくって逃げてきた。
平日に訪れるからいけないんだな!
まるのうちにはビル内に喫煙室がありますが、
訪れる人、街のためでもあるんだなあ、と気づかされました。
このビルにあるかどうかは・・・わからないのですが。



プレート集

a0012640_1155932.jpga0012640_1161078.jpga0012640_1162061.jpg
やっぱりこれだねー。何だかほっとする注意書き。
プレートといえば、ビル名プレートがみつけられなかった。
逃げてきたから、ろくにみていないのだろう。



なんちゃってまるビル

a0012640_11733100.jpg
その向こうに、なんちゃってまるビルが
みえた。
似てないかな?
念のため近くまでいったら、やっぱり大家さんではありませんでした。



a0012640_119256.jpg90年代前半ビルヂングは、見慣れていないみたい。
この違和感は、第一ホテルと近いけど、同い年でしたか。
写真を見返すと、「何だ、いつもの大家さんか」
というふうにもみえそうな気もするけれど。

ストレンジャー感も強いせいだろうか、
やっぱりまるのうちさんがいいなあと思っていた。
そそくさ出てきたのは残念でした。
[PR]
by aneppe | 2007-02-27 02:16 | ≫港区 | Trackback | Comments(0)
ビルヂングの床
「ビルヂングの床は、げんてらでできてるんですよ」

「げんてらって何ですか?」
「現場てらぞー」
「てらぞーって何ですか!?」

げんてらとは、人工石の粉とセメントをまぜてかため、
とぐ作業を現場で行う技法らしい。

「真鍮のラインがいいんだよね」(真鍮ふぇちって多い?)


a0012640_0531977.jpga0012640_0532950.jpg
おお!これのことか!
こまかな石の粒と、ワンポイントが洒落た真鍮のラインが続く。
わたしは漠然と「ビルヂングらしい床」と思っていたけど、
ビルヂングの謎を解く鍵でもあったのです。



増築の解


以前、重工ビルが北と南でできたのが9年も違うことを書きました
そのときは、何が違うのか、ぴんとこなかったのです。


このビルはみつびしビルとつながってるのですが、この写真が通路部分。
通路から左側が増築側、右側が古い側に
あたると思われます。

以前もその境界の写真をのせて、
模様が違うのはわかるけどそれ以上は
わからなかったのです。


a0012640_143843.jpga0012640_144713.jpga0012640_145615.jpg
左:増築側への入口。中も通路と同じタイル。
中:古い側への入口。奥に黒いマスがみえる。
右:黒いマスの拡大。真鍮のラインが!

こうやってみると、むしろ明確に分かれていたのです。
技法もこの時期に分かれ目があったのかもしれない。



真鍮のないタイル

a0012640_1532275.jpga0012640_1533443.jpga0012640_1534661.jpg
左:或るビルの地下。1階はげんてら、他の階はタイル状のてらぞー?
中:重工ビルの数年後にできたビルヂングはタイル状。粒はなさそう。
右:新しいビルディング。違ったうつくしさ。



果たしてこの識別方法が正しいかは全く自信がないのだけど、
石の粒粒と真鍮、対、粒がみえないタイル、の違いはみえる。
広大な床を、この場所で磨き上げたんだなあと思うと、
みたこともないのに想像してしまう。とても丈夫そう。
増築するときに、同じような床にするのは難しいのだろうか。

げんてらのことをきいてから、ビルヂングに限らず、
床ウォッチングするようになりました。
また発見があったらレポートします。


※今回記事は、過去記事の写真から新しい写真までまざっています。


参考サイト
てらぞーの用語説明
昔の洗浄方法。おがくずで洗浄していたとか
現代の現場てらぞー例
[PR]
by aneppe | 2007-02-26 02:13 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
浜松町からの眺め
a0012640_15575998.jpg

世界ぼうえきセンタービルディングにのぼってきた。
しおどめの展望台とどっちに行こうかと迷ったけど、
公式サイトの渋い写真(窓掃除中?)と、このビルが賞に選ばれたときの
を読んだら、とても大切にされてきたのが伝わって、行きたくなった。



回転ドア

a0012640_1751556.jpga0012640_1752472.jpg
回転ドアは威厳ある入口という感じがするけど、
休日だけとめてるのかなあ。未だ停止中では不便だろうし・・・。
かすみがせきビルみたいな入口。



展望台へ

a0012640_17162727.jpgエレベーターはメーカーが書いてなかったけど、みつびしみつびし!と想像してたら、どうやらあたり。

今日の新聞の書評欄で、工事現場のおじぎする人の絵を分析した本がでてました。
集める気持ちはわかる。

ノンストップで展望台へ。



展望台で予習・復習

a0012640_17391613.jpga0012640_17392514.jpg
左:手前にみえる巨大な建物が、ぐんかんビルなのかー。
  持ち主がかわったことで話題だったようです。大きい写真
右:三田のビルヂングがみえるのはわかるけど、渋谷のビルヂング、
  じゃなかったクロスタワーがみえたのにはびっくりした。
  真ん中に通る白がめだつみたい。すごいなあ。大きい写真


a0012640_1854135.jpga0012640_185513.jpg
左:もんぶ省、すっかり大きくなりました。
  普通に合同庁舎という名前になるのだろうか。大きい写真
  さんのうパークタワーは隠れがちでよくみえない。
右:まるのうちさん。しんまるさんがみえないよー。
  ゆうでんとぺにんしゅらは、有楽町では同じくらいの高さにみえるけど、
  かなり違う。ぺにんしゅらの後ろの黒い建物なんだ!?としばし悩んだ。
  こっちからみると細長いのだねえ。大きい写真



いい感じのものたち

a0012640_1820965.jpga0012640_18201921.jpga0012640_18202911.jpg
右は展望台にあった冷蔵庫。



a0012640_18235639.jpga0012640_1824735.jpg
日頃の行動範囲が一望できるような場所なので、
個々にみていたものが、全体の中ではどんなふうなのかを感じました。
大きい建物は極端に大きい。
しおどめが邪魔してみえないとこはしおどめでみるか・・・。

ぼうえきセンタービル、まるのうちの大家さんでいうと、
新にってつビルと外観が似ているかもしれない・・・同い年だ。

客層は大きなカメラ持参のおじさんか、東京見物の方々。
中間くらいな自分。
その後、歩いての周辺レポートはまた後に


参考サイト(一部記事中リンクあり)
オジギビト集会所
ぼうえきセンタービル公式サイト
BELCA賞ロングライフ部門表彰
回転ドア調査結果
[PR]
by aneppe | 2007-02-25 18:41 | ≫港区 | Trackback | Comments(0)
もしも雪がふったなら
雪がふったら、みにいきたい建物があります。


たけなかさんの東京本店。
写真は昨年。カラフルで可愛いのを意外と感じました。
たけなかさんというと、二つのはまりきゅうビルで名前をみていて、
当時勝手に抱いた印象と全然違ったから。

後にネットをみていたら、この建物は、雪の日にも風情がある、
というお話がのっていて、文脈も忘れてもうそうがふくらんでました。
最新のオフィスビルでありながら、雪の日もいいんだよねー、って
語られることがすてきだと思いました。
よし、雪が降ったら、きっと人も少ない休日に、あの場所を訪ねよう、
ってそのときから思っていたのです。

・・・ふらないよ!!

しかし、改めて読み返してみると、風情があるのは内部の吹き抜け。
訪ねたとしても、かじかむ手でかさをさし、
「中はどんなかなあ」と結局もうそうすることになるのである。

わたしがひかれたのは、外観のランダムに並ぶ色のついた窓。
だけど大きな特徴はもちろん外観ではなくて、窓や複数の吹き抜けで、
自然の風や光をとりいれているところのようです。
環境にも優しいかもしれないけど、コミュニケーションを
とりやすい雰囲気や、感性を刺激するようなつくりなど、
ものをつくる会社ならではかもしれません。こういうコンセプトを
みると、カルチャーショックです。ためいき。

つい先日も、うっかり求人サイトをクリックして建物の写真と、
信念にくらくらきてました。



まるのうちにあったなら

そしてもう一つのもうそう。
この建物になぜひかれたのか、理由の一つは、
大きさがビルヂングみたいだからだと気がつきました。

かわいい窓も、たくさんの吹き抜けも、きっと低層だから。
もし、まるのうちのビルヂングが、今後改修して、
こんな雰囲気になったら・・・
どこがいいかなあ。とあれこれもうそうする。

こんなもうそうが浮かぶのも、改修ビルヂングが明るくなったから。
だけど、これだけで目印になるから場所をえらぶ。
おほりばたは厳しかろうから、ふるかわビルあたりかなあ。
じゅうこうでもいいかも。いや、ふじビルかなあ。
いえ、あの場所だからいいのかな。

双方に失礼、、、でもとまらない、ふたつのもうそう。


わたしの拙文では伝えられないので、原記事をどうぞ。

参考サイト
感性に訴えかけるオフィス・・・この写真もくらくら
オフィスを“知的創造の場”にする!
思わずみた求人サイト

関連?過去記事
ゆいいつ訪ねたときのレポート、スライドショウつき
にっけん設計さんも開放的な階段があった
以前本店があったビルヂング跡
改修ビルヂング★スペシャル
[PR]
by aneppe | 2007-02-23 02:13 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(0)
地下通路で発見
今日は、いつも以上に「まるのうちさん助けてー」状態でした。

a0012640_1183150.jpgやえす側でおりたので、連絡通路を歩いていきました。
連絡通路は、やえす側の開発の派手なポスターが益々増え、
「うるさいよ!」と思いながらも、いつかは調べようと、
見慣れる努力をしているところ。。。

さて、まるのうち側の地下は、広域に工事していて、
方向音痴のわたしには、どこが何だかわからない。
足を止めたこともなかった。




しんまる口

a0012640_0192796.jpga0012640_0193553.jpg
おおおおお!!!!新丸口ですよ!!!
メジャーな呼び方なのかな!勝手に普及活動。

新丸に気をとられて、今まじまじ写真をみたら、
わたしはしんまるさんの前(下)にいたということか。
地下のお店とつながっていたことを、すっかり忘れていた。



地図

a0012640_03407.jpga0012640_03498.jpga0012640_0341954.jpg
そして、工事当初に覆いにはったらしい地図。
新しくするほどじゃなし、シールで対応してるけど、しきれてない。
過渡期にあたるから、しかたがない。
おかげで、わたしがまるのうちへ来るより少し前の状況がみられる。



地上では、しんまるさんなのに、
a0012640_117382.jpg地下では新丸さんの香りが残ってるかのようでした。
ぎりぎりの時期に気がついた。またみよう。
小ネタだけど、今後、何か役にたつかも。

しんまるさんをみあげて帰るつもりだったけど、
なきだしそうだからやめました。
新丸口発掘して、少し元気になったから。

まるビル地下の柱が優しくかんじました。
ありがとう、まるのうちさん。

[PR]
by aneppe | 2007-02-21 01:37 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
shin-tokyo★ビルヂング
a0012640_22473677.jpg
わたくしが最も出没するビルヂング。
この美しいエレベーターホールと吹き抜けは、とても開放的。
きいた話によると、れいもんど事務所から、大家さんに転職した人が
デザインしたのだとか。ひゃー!

その一角にみなれないものが。



a0012640_22474660.jpga0012640_22475492.jpg
おお!初めてみたよ。
隣のお知らせスタンドには、ボックスの写真がのっていてほほえましい。
ボックスにはビルの名前まで書いてあるけど、わざわざ作ったのかと
近づいてみると、黒い紙であった。びっくりした。巡回するのかも。

わたしが声を発するとすれば、、、
強風ですごい音をたててこのお知らせスタンドが
倒れたとき、誰もこなくって、苦心して起こしたとき、
さびしかったことです。。
でも、このスタンドがこんなに重くて丈夫だってこと、
そのときに知りました。けなげなやつ。
あー、こんなの書けない。
通りすがりなので書きません。



Shin「-」Tokyo

a0012640_23131760.jpga0012640_23132582.jpg
「新」のつくビルの英名が「New」か「Shin」かについて書いたとき
なぜ変えたかについて、コメントをいただきました。
それは、新・まるビルと、しんまるビルがごっちゃにされたため
だったようですが、そうなると、新東京でのShin-Tokyoアピールが
強い理由がわかりました。とうきょうビルが建て替えられ、

「俺は新・東京じゃないぞ。新東京だ。俺だってすごいんだ」

っていう声がきこえてきたもの。実際すごいよー。
そしてポイントは「Shin」よりも、間に「-」ハイフンが
入ることですね。巷ではハイフンは入ってるとは限らない。(写真右)
あくまで「新東京」と、ひとかたまりを強調するためなんだ。



まるのうちのバイブルで、このビルヂングのことをみていたら、
煉瓦の建物がビルヂングになって、移転した会社も、
もといた場所に戻ってきているようだった。
今は、ビルヂングから他のビルヂングに移る会社が多そう?
昔からの会社が入れなくなったら、さびしい。
[PR]
by aneppe | 2007-02-20 01:15 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
新丸ビルヂングの思い出
まるのうちにいた間で、後悔することがあるとすれば、
新丸ビルヂングに一度もいかなかったことです
(しんまるさんと区別するため、漢字にします)
「僕は新丸が大好きでね」なんて話をきくと、悔やまれるけど、
まるのうちへ来たばかりのわたしは、

「まるのうちは、白やグレーの建物ばかりでつまらない」

と思っていたのです。
だけど、後から気がついた。
わたしには、たった一度の、初めてづくしの思い出がありました。



初めての新丸

まるのうちへ来る前、一度だけ、仕事でまるのうちへ駆り出された
ことがあった。場所は、「新丸コンファレンススクエア」。
右も左もわからず、東京駅地下を通り「新丸ビル」という案内を探した。

待ち合わせは、ロビーで、まあるく椅子が並んでいた。

最近、ネットで写真をみつけて、これだこれだと嬉しくなった。
(例えばこちらで大きい写真がみられます)



a0012640_2336222.gif
a0012640_21504537.jpga0012640_21505517.jpg
ハイクラスなビジネス街というイメージぴったりな場所で、
場違いこの上なかった自分。(写真は自分で撮ったのではありません)
自分がちっぽけに感じたのは天井が高かったんでしょうか。



初めての大家さん

何とわたしはまるのうちの大家さんと言葉をかわしていました。
「ゆ、有名企業の人だ」と恐縮しまくり(今もかわりません)
そのわりには、このビルが建て替えられることをきき、
たいそう驚いて、テナント入るのかなあなんて失礼な感想を
抱きました。純粋に驚いたことは確かだった。。

また、直接お話していない大家さんで、とても素敵なお話の仕方を
される方がいて、ききほれてました。
好きなお店の話などしていて、今でもメモればよかったと思ってる。



初めてのトイレットペーパー

まるのうちの巨大トイレットペーパーのことをきき、
「でかっ」という体験をしたのもこのときであった。



初めてのおつかい

待ち時間、上司にお金をわたされ、買い物にいきました。
迷子にならないよう、後ろを確かめながら、ビルの売店で
お菓子を買って、同僚と分けた。

どうもそれはぺこちゃんの缶に入ったお菓子だった気がするけど、
果たして本当にわたし自身が買い物にいったのか、
売店がふじやだったのか、記憶に自信はないのです。
後から、ふじやがあったことを知り、きっとそうだ!と思ったり。

「わたしは新丸で買い物をしたんだ!」と気づいたとき、嬉しかった。



当時の印象を「古いビル」としかメモしていないのに、
初めてのことや驚いた印象は、美しく彩られた思い出になっている。
あらゆる面で、貴重な経験だった。最初で最後の新丸ビルヂング。
今だったら探検しまくりで仕事にならなかっただろうけど、
何の先入観もなかったあのころに体験したことは、
無意識のうちに、まるのうちふぇちへの道につながってるのかもしれない。
何だか大昔のようだけど、数年前のことにすぎない。
まるのうちさんの変化が速いのか、わたし自身なのか。


ネットをみると、新丸ファンが多いことがわかってせつない。
おおてまちカフェに新丸さんの一部が使われてることは
きいていたけど、たけなかさんの工事中の動画を発見!
環境問題という観点で、しんまるさんにも再利用されているようです。


参考サイト
おおてまちカフェの動画がでてるページ
たけなかさんの有効活用についてのページ
とうとう新丸ビルが・・・アサヒコムより
閉館のはりがみ
入口写真など・・・記事中もリンク
[PR]
by aneppe | 2007-02-18 23:03 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
銀座★地球儀のない建物
a0012640_11493054.jpg
未だ覆われてて外見のかわらない、ふじこしビル。おおきい。
さっさと外壁がでてくるところとの違いは何だろう?


a0012640_11501268.jpg何気なく、建築計画のお知らせをみてみた。全体写真

がーーん。S造がやっと何の略だか覚えたのに、CFTってなに!
そもそも「造」って「ぞう」って読むの?「つくり」だと思ってた。
日本人の名前みたい。えすぞうさん。

Concrete Filled Steel Tube 「コンクリート充填鋼管」
柱がただの鉄骨じゃなく、管をコンクリートでうめることにより、
いろんな面ですぐれているらしい。ふーん・・・。
「鉄骨造」となっていても、実際はこの柱だったりするようです。
だけど暗号はやめようよ。って無知なだけか。

ふじこしビルといえば、森永の広告で有名だったそうですが、
今度は高級ブランド店が入るとかや。
建物自体、まるのうちの大家さんとしても新しい作風だったそうですが、
周辺でも突出していたんですね。参考写真
遠くに萌え系・まつだビルがみえる。

現在のこの辺りは、ブランド店がふえ、
a0012640_12105283.jpgてっぺんの大きな広告との対比がきわだってきてるけど、森永のころのほうがよほど強烈だなあ。

今度の建物は、まるのうちの大家さんは、総合企画や設計監修となり、建築計画のお知らせには登場しないので、よみうり銀座2丁目ビルと似てる。
背の高さでは突出しそうです。



よみうり銀座2丁目ビル

a0012640_1222721.jpga0012640_1222219.jpg
まだ背がのびるのかなあ。こんなに大きいと、単調にみえる。
ときどき裏側でがんばっている小さいビルをみてほっとする。
プランタン(よみうり銀座ビル)の裏には3丁目ビルもあった。



銀座まろにえビル

a0012640_12323992.jpga0012640_12324834.jpg
a0012640_1626171.jpg大家さんらしい建物が全部みえてきた。
ここは3棟一度にたててて、施工はすべて、たいせいさん。
まろにえビルは、まるのうちの大家さん設計さんで、
たいせいさん本社の跡では、別の建物もくっついて
建ててるのだけど、まだみえない。
中でくっついてたら萌える。
もう1棟は小さくてシップスが入るのかな。
たいせいさんの営業所は隣にありました。



ふじや

a0012640_198363.jpga0012640_1982833.jpga0012640_1983854.jpg
不二やら、森永つながりで、ふじや。
手書きの張り紙もありました。
銀座でふじやというと、左の店を思い浮かべますが、
本社は右2枚。この2枚は先月撮ったものですが、
穏やかだったよ。世間は応援する方向に向かってるように思う。



2丁目は、あちこち小さな穴があいててショックでした。
逃げるように帰ってきた。
一度に開発すると、同じような感じになるだろうし。
たいせいさん本社周辺は、どれが大家さんだか忘れてたけど、
みてわかるのはたのしい。


関連過去記事
前回のよみうり銀座・まろにえレポート
前回のふじこしビル他のレポート
銀座再開発めぐり・・・みんな更地だったころ
よみうり銀座・ふじこしビル少し詳しく書いたレポート
おおくら★かるてぃえさん

参考サイト
CFT造の概要
CFT構造・・・かじまさん
しんまるさんもCFT
たいせい・かじまさん共同研究
[PR]
by aneppe | 2007-02-18 19:31 | 銀座×新橋 | Trackback | Comments(0)
たまち〜浜松町とビルヂング
a0012640_0123219.jpg
わたなべビルヂングさんのお宅を発見しました!
すてきなお名前ですね!縦書きだから日本的なんだね。


a0012640_0125541.jpga0012640_013412.jpg
たまちからてくてく浜松町へ歩き、駅がみえてきたーと思ったとき、
この萌え系建物がみえた。近くで工事しててちらっとみただけなのだけど。
しかも、ビルヂングさんですよ!久しぶりに新規に発見。



もりながビルヂング!?

a0012640_0201195.jpga0012640_0202162.jpg
たまちといえば、もりながとNEC。
この建物の詳細はわからないけど、まるのうちの大家さんの
建物を通じ、70年代だな?と思った(74年?)
しかも、ネットをみていたら、もりながプラザ「ビルヂング」と
書いてある!!みてこなかったよ!看板・・・。

もしそれが事実だとすれば、
東京駅八重洲、有楽町、浜松町、たまちと、駅前にビルヂング。
非大家さん率75%!新橋にもあれば完璧。なにが?


そのほか、歩いて目に入った建物をのせてみます。



華やかな建物

a0012640_0353027.jpga0012640_0354015.jpg
90年代くらいなのかなあ??

a0012640_145620.jpga0012640_15665.jpg左、ロケットかとおもったら、NECだったのかー。
知らなかった。

右は・・・近づかなかった。
なんだろう。



43エムティビル

a0012640_1154683.jpga0012640_1155548.jpg
もりトラストさんは、もりビルと分かれて建物の名前もかわった
らしいのですが、この数字は、もりビルと連番でしょうか??
そして特別警備でも特別警戒でもないようです。



ささかわ記念会館

a0012640_139032.jpga0012640_139955.jpg
でかっ。とじまり用心、ひの用心。



ちいさい建物

a0012640_1424490.jpga0012640_1425329.jpg
真っ赤な建物。目立ちます。
右の建物は、木がばらばらに崩れていました。自然に任せてるんだ。


a0012640_1483854.jpga0012640_1484987.jpg
左は蔵だったのかなあ。右は赤羽橋のなごり?
これらは昨日のビルヂングのすぐ近く。


a0012640_1504728.jpga0012640_1505633.jpg
左は緑色のビルのお向かい。昔ながらの事務所が並んでいる感じでした。
右は、前からみると四角いのに、隣がなくなってみたら、
屋根が意外。初めて通ったんだけど。



旅の者のまちあるき風ブログになりました。

浜松町のビルヂングは大収穫だったけど、もりながは失敗した。
初め、たまちでランチに入ったら、若い人がたくさんいるのに、
とてもおちついてて、難しそうな本読んでる人も何人かいて、
よし、俺も!と思ったが、地図しかもってきてなかった。
都会的であると同時に、三田のビルヂングを調べて知ったように、
古い街並みも多いのだろうなあと思った。
あー、都会で働きたい、あらためておもった(:_;)
[PR]
by aneppe | 2007-02-16 02:06 | ≫港区 | Trackback | Comments(4)