秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
きられたビルヂング
at 2017-05-14 23:45
静かな庭園★あさくさ
at 2017-05-01 23:55
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(54)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
中央郵便局舎をまもろう【その1】
a0012640_156874.jpga0012640_2492299.jpg
東京と大阪の中央郵便局を、郵政民営化で高層化して、
もうけようという話がでているようです。
建築関連の各団体からは保存要望書が提出されて、
先日、その価値を討論するシンポジウムがひらかれました。

わたしにとっては、あまりに当たり前の風景で、
立ち止まることが少なかった郵便局。
現在、網がかけられていて、網のないときに撮った写真は少ない。(大きい写真 



まるのうちのバイブルによると、
東京中央郵便局は、八重洲ビルヂングより少し後、
昭和6年に竣工し、さらに設備工事に2年費やしたそうです。
それ以前のこの場所は、木造の局舎や、
「バラックの見本市のような情けない状況」だったらしい。
a0012640_251256.jpg
写真左:昭和2年。バラックのころ?
写真中:昭和2年。郵便局敷地から、八重洲ビルヂング建設風景
写真右:昭和5年。郵便局の鉄骨がたってきたころ


さて、先日のまるのうち活動は、このシンポジウムでした。



「討論 東京中央郵便局庁舎の価値!」

a0012640_25731100.jpga0012640_2581139.jpga0012640_2582086.jpg
建築保存の第一人者の方ばかりがお話されるシンポジウム。
猫に小判のまるのうちふぇちに、理解できるだろうか?
感情移入だけのわたしが、専門的な考え方に共感できるだろうか?

・・・思ったより理解できた。
感想を一言でいうならば、「もどかしい」。

全面保存する最もよい方法は、容積率移転。
しかしそれも、なかなか融通がきかないらしい。
お話のなかで、「やる気になれば何でもできる」というのが唯一、
救いになる言葉だったように思う。

そうして一番大切なことは、今同じものをつくろうとしても
できない、この建物の価値を広く認識してもらうことだと感じた。
今まで装飾のない建物が残ったためしがないというから、
前例のない中で保存を訴えるには、良さを伝えていくしかない。

ぐるぐるみてきたよ。
シンポジウムでのふじおか先生(かっこいい!)ほかのお話を参考に。



a0012640_33289.jpga0012640_333620.jpg
五角形の変形敷地という制約の中で、機能的で中央郵便局に
ふさわしい、記念性をあらわした建物がつくられました。
郵便局という特殊な用途なので、耐震壁がもうけられず、
太くて丈夫な柱が整然と並んでいるそうです。
1階をみるだけでも柱は目をひきます。
5階建てで8階建てくらいの高さがあるので、天井は高いぞ。
天井にはよけいなものははりめぐらされていないのかな。
機能や構造などがすぐれているから、はやりのファサードだけ
保存では意味がない、そうです。

a0012640_392578.jpga0012640_393469.jpg
a0012640_311101.jpga0012640_3112016.jpga0012640_3112887.jpg
辺ごとに対称的なデザイン、いわれてみるとそうか!
窓もよいです。うううう、萌えてきました。萌えてきた?
斜め前が丸ノ内ビルヂングのころはさぞ合っていただろうな。



感想

a0012640_3402631.jpga0012640_340361.jpg
前後するけど、シンポジウムをきいておもったこと。

こわしたら、よりよいものが生み出されるかもしれない。
その矛盾をわたしは思ってたけど、建築家自身が誰より、
矛盾をかかえていると知ることができた。

ショッキングだけど良い案として、容積率移転のお話があった。
わたしが普段、いろいろ調べるときに参考にしてるのは、
開発者側の情報なんだなと気づいた。
最近、ある人が、この郵便局はぼろいからこわすべきだ、と
言っていた。そう思う人もいることを頭の片隅において参加した。
今回、建築家や研究者の観点をかいまみることができて、よかった。
考えさせられることや、共感することもおおかった。

パネリストのかねまつさんが、
「都市は建築によってつくられ、建築は人によってつくられる」
とお話されたのだけど、民営化で金儲けの話をきくと、
今までの歴史や人、街並み、建築としての価値、なんて全然、
考えられていないのかなーと思った。
また、同時代の建物ばかりだと似たような感じになる、
まるのうちは大家さんが殆どだから同じようになる、
かといって汐留はそれぞれの企業が自分のことだけを考えて
やったのでひどい、というお話もありました。
いろいろ難しいな。都会では空がみえてちゃいけないの?

同じくパネリストの林しょうじさんはとても面白かった。
わたくしがこーふんした、パレスサイドビルや、
激突したプレスセンターを設計されたかたです。
空調ができて、オフィスビルは堕落した、といっていました。
昔の建物の天井が高いのは、何もないからなのかな。
個人的に興味のひくお話でした。激突したのもご縁?


ネットをざざっとみたら、シンポジウムの案内はみかけたけど、
レポートをみかけなかった。
直感的にわかりにくくても、
教えられて気づかされる良さをもった建物。
地味だけどすごいやつなんだよ、という感じでしょうか。
わたし自身、目をむけていなかった郵便局。
しろうとなりに、伝えようと思ってかきました。
中も探検できたらいいなあ。


※まちがってたら教えてください

関連リンク
ご一緒した方の紹介記事・・・関連リンク多い
勝手に関西世界遺産・大阪中央郵便局
かねまつさんの記事


追記 2007.8.5
第2弾がひらかれました
[PR]
by aneppe | 2006-07-31 03:30 | 秋葉×丸の内
囲われゆくビルヂング★SF計画
いこうかやめようか、迷ったけど、立ち寄った。
ふるかわビルは唯一、囲われていなかったけど、
水曜日、シャッターがあいて、仲通りで作業し始める
ところを目撃したし、いよいよじゃないかと思った。
(記事中の写真はクリックで少し大きくなります)



みくにカフェ

a0012640_2353417.jpga0012640_2354224.jpg
何度か定点観測している、みくにカフェのあったところ。
1週間前は、看板をはずされていたけど、見る影もなく、
作業の出入口にもなったようです。



なかどおり

a0012640_2251434.jpga0012640_2252222.jpg入口まで、ちょうど半分くらいが、囲われました。
それにしても、あらためて大きな建物です。
「隣のビル」なんて、ちっとも近くないからね。



囲いの境界

a0012640_2403357.jpga0012640_2404118.jpg
正面入口の辺りが囲いの境界。
街路樹や鎖をなくした歩道は、ここまで狭くなった。
馬場先通り側はそこまで幅とってないけど・・・。
右写真は、ちょうど照明がついたところ。



ふるかわとやえす

a0012640_2293414.jpg一番初めに変化があったのは、
ふるかわビルとやえすビルの境ですが、
不思議とこの側はまだ無事です。

でもがしがし作業はしていて、
見張りも多いので寄り付きにくい。



丸の内エスエフ計画

a0012640_354729.jpga0012640_355730.jpga0012640_36656.jpg
左:各店の移転先・他店舗案内があった。
  改修ビルヂングの工事部分は、これだったのか。
  ローソンも移ったのに、厳密には間違っているな。
中:まるのうちSF計画って何?初めてきいたよ!
右:レストランの最後の一文字がなかった。



なぜかあまり動揺しないですんだ。
ショックというよりは、水曜日いってよかったな、
という気持ちがつよい。それに予期した範囲内だったから。

店舗案内は意外だったけど、結構ご近所移転するんだなあ。
あらためて、自分の境遇をうらめしく思いました。。


↓哀愁ビルヂング観察は、「哀愁ビルヂング」タグにまとめます
[PR]
by aneppe | 2006-07-30 03:29 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
ノスタルジーあの人
a0012640_201155.jpg


東京駅出口で、いつも一緒になる人がいた。
マイナーな出口だから、2、3人しか会わないのである。

その人は、わたしと同じビルに勤めていたが、
あるとき、家もうんと近いことに気がついた。
地元駅に向かう道で、わたしはよく追い抜いた。
東京駅では追い抜かれるのだが。

移転が近くなると、わたしはもうそうした。
エレベーターのボタンをおしながら、

「会社はどこに移転するんですか?」

ってきいてみたい。もうすぐ会わなくなる人であるし。

しかし移転をまたず、ぱったりみかけなくなった。
早出か転職か異動か、転居か。



ところが先日、地元駅でよく似た人をみかけたのであった。

そして今朝、ごった返す乗り換え駅でおりたとき、
ホームにいったんおりて待つ、その人を目撃したのであった。
わたしは移転してだいぶ時間も早くなったのに。

毎朝、同じ電車で同じビルヂングにかよった人が、
今また、同じ電車に乗っていたとは。

「おっことすポスト最上階の使い心地はどうでした?」

なんてきいてみたいような。もうそうは、もうそうだけどね。
[PR]
by aneppe | 2006-07-28 02:06 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
囲われていなくても
哀愁ビルヂングの近くへくると、胃がいたくなってくるし、
有楽町寄りでとどめたりしているのだけど、
ドラッグストアで買い物がしたくて、やってきた。
いつも仕事中、ぬけだしていっていた店。
まるのうち味の缶コーヒーは売ってなかったけど、
ここで買えば、それが新たなまるのうち味。



よかった、ふるかわビルヂング、まだ囲われてなかったよ。

a0012640_2353494.jpga0012640_2354784.jpg
先日みつけた、2階の窓から顔を出していたきたないライトは、
なかどおりを照らすためのものだったんだ。



衝撃の瞬間
a0012640_2364729.jpg

いきなり、そのふるかわビルのシャッターがあき、
「じゃーーん」とばかりに、たくさんの資材と作業員が、
あらわれたのであった。びっくりした。
シャッターがあくとこなんて初めてみた。普通、早朝でしょう。



広い歩道

a0012640_2382539.jpga0012640_2383267.jpg
写真をとっていて、はたと気がついた。
ふるかわビル前の歩道が、異様に広くなっていた。
a0012640_2423654.jpgというか、街路樹や、車道と分ける鎖が撤去されていた。
だから、車道との境が殆どない。
週末、樹がコーンに囲まれていたのはそういうことだったか。
いま見返すと、鎖はまだあった。(クリックで少し大きく→)

歩道の障害物をなくした、って・・・そういうことだよな。。



a0012640_2482454.jpgみつびし商事の方も中がみえていた。

何だか夜中にきたみたいだ。
改修工事であったなら、萌え風景だったのに。

こんなことなら、一晩で新しい建物に
かわっていればいい。

ますますおちこんできたよ。

[PR]
by aneppe | 2006-07-27 02:58 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
つかれた夜には
かいしゃでつかれた。あーもーだめだ。
どうりょうは、るんるんとうれしそうにかえっていくというのに。

たすけてー。まるのうちさん。

遠い地から思わずこころの叫び。


a0012640_22674.jpga0012640_221496.jpga0012640_222284.jpg

昨日と今日と有楽町からあるいた。
有楽町寄りのまるのうちは、安定感のあるビルヂングが
ずっと並んでいるから、帰ってきた感じがする。
夜のビルヂング、高い柱に涙した。

ふと、移転してちょうど3ヶ月たったと気がついた。
何だかずっと必死だった気がする。


まるのうちじゃないネタもはさみたくて、
もうそうはしているもののなかなか。
少しは立ち止まる余裕ができるといいのだけど。
[PR]
by aneppe | 2006-07-26 02:06 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
撮ってもらったまるのうち
5月のことです。

ある言葉で検索したら、このブログが2位だった。
1位のサイトを何気なくみたところ、夜景写真を多くのせていた。
センスに共感できるところが多かったので、感想を送りました。

その管理人さんは、「ビルヂング萌え」という初めての世界に
戸惑いつつも、わたしのブログをみてくれました。

そこであつかましくも・・・
年下のしょうじさんを撮ってください、とお願いしたところ、
秋葉OLに大サービスな写真をたくさん撮ってきてくださいました。

一部をご紹介します。



a0012640_084074.jpg
養生シートがいたいたしい、ふるかわビルヂングが写っています。

a0012640_0102534.jpg
年下のしょうじさんです。あおじろいね。

a0012640_0125094.jpg
左がもんぶ省、右が改修ビルヂング。迫力あるなあ。

a0012640_014087.jpg
閉店のその夜と思われる、ふるかわビルヂングのレストラン。



わたしには撮れない、リアルなまるのうちさんがそこにいました。
このブログを下敷きとした、一種のコラボレーションみたい。
わたしは会社でスクリーンセーバーにしています。


はんせんさんに感謝。
[PR]
by aneppe | 2006-07-26 01:31 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
がんばれ、年下のしょうじさん
a0012640_1443128.jpg
a0012640_144415.jpga0012640_1441541.jpg

わーーー!
ニュースに年下のしょうじさんがでてる!
なんて思ってみてたのはわたしだけ?一つ前に書いたニュース。

おととい、美しい年下のしょうじさんをみあげたばかりで、
背の高いまるびるより立派だなあとほれ直したばかりだったし。



まにあっくクイズ

リリースを調べるのに、サイトをみていたら移転案内をみつけた。
a0012640_1524659.jpg
a0012640_153167.jpg
何がわかるでしょうか。



小柄な年下のしょうじさん

年下のしょうじさんは、相当小柄だということです。

今までみつびし商事ビルヂングとやえすビルヂングで
おさまっていたのが、4棟にまたがっています。
いくら近所とはいえ、これは不便そうだ。
大家さんの手を離れ、自社ビルを建てたとはいえ、
大家さん都合の移転は、不便であるにちがいない。

ビルヂングとビルディング

フルネームで書いてあってなかなかよいです。
改修ビルヂングは「ビル」じゃなく、「ビルディング」。
改修ビルヂングときしもとビルヂングは渡り廊下がある。

本館

本館、という表現を使っています。
そうかー、別館をこわした後も、本館って呼んでいたんだ。



哀愁ビルヂング跡に、品川からも移ってくるそうだけど、
まるのうちのばらばらの人たちも移るのだろうか。
今のみつびし商事がある場所は、本館だったり別館だったりした
過去があるのだけど、将来、小柄な年下のしょうじさんが、
再び「本館」と呼ばれるのかもしれない。

しょうじさんという会社は大きすぎてわからないけど、
しょうじビルまにあになりそう。


関連過去記事
みつびし商事ビルズ【発見篇】
しながわプチ散歩★もうそう
[PR]
by aneppe | 2006-07-25 02:15 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
がんばれ、ほくえつ製紙
今日はあるニュースがとびこんできた。
a0012640_1105651.jpg
おうじ製紙が、ほくえつ製紙に経営統合を
提案し、ほくえつ製紙は、みつびし商事さんの
もと、自分らしく生きたい、というニュース、
と、そういうふうに読めた。

なに、おうじさんは、ほくえつさんの
新しい設備を使いたい、とか。
ほくえつさんは、独自路線でいきたいとか。

ただ表面だけきいている限り、
ほくえつ製紙に共感するなあ。



ん?みつびし製紙は・・・?と思うと、
みつびし製紙とほくえつ製紙は業務提携していましたが、
その期間を終了しているそうです。

しかしたとえば、おうじ製紙のサイトをみると、
同業者にもリンクしているんだなあ。
単純だけど・・・仲良くしてください。



なぜ反応したかというと、昨年、ティッシュネタで、
おうじ製紙の沿革にはまったからです。各種リンクはそちらで。
日本製紙は分割してできた会社だけど、ほくえつ製紙は
歴史がちがう。やっぱり応援しよう。来年100周年だそうです。


もう一つの反応した理由・・・はで。
[PR]
by aneppe | 2006-07-25 01:17 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(0)
囲われゆくビルヂング2
哀愁ビルヂングたちには、少しずつ、魔の手がのびていました。
前回・月曜日の様子に続き、水曜と土曜の様子です。



みつびし商事ビルヂング

a0012640_1463526.jpga0012640_1464421.jpg
月曜は馬場先通り沿いの一部でしたが、水曜には、
みつびし商事全体まで囲いがのびていました。


a0012640_1473096.jpg土曜日。
2階で電気がついてるのがみえた。
何か作業しているんだ。



やえすビルヂング

a0012640_1503042.jpga0012640_1504762.jpga0012640_1505725.jpg
土曜には、みつびし商事と接する側がついに・・・
これさ、工事こすぷれっていうか、何かそういうやつだ。
きっとそうだ。またはずれるよ。悪い夢だね。



ふるかわビルヂング

a0012640_15509.jpga0012640_155863.jpg
囲いもないし、一見平穏ですが、みくにの看板がはずされ、
2階は窓があき、美しくなくなりつつありました。



仮囲い

a0012640_156987.jpga0012640_1561831.jpg
緑色のプラスチックだったところには、
植物が植わっていました。ええ、まさかこれで完成?
せめて気の利いた仮囲いで囲ってあげてほしいです。



a0012640_202867.jpga0012640_203715.jpga0012640_204692.jpg

せまくなった歩道を歩きながら、おちこみながら、
でもやっぱり信じていないのが実際のところです。
こんなにこまかく今後もレポートするかはわかりません。


↓哀愁ビルヂングはこのタグに分類します
[PR]
by aneppe | 2006-07-24 02:05 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
50年みまもってきたお医者さん
昨日は3時間くらい、まるのうちにいた。よくもまあ。
メインは、先日のまるのうち活動のレポートにて後日。
今回は、それと哀愁ビルヂング以外の発見です。



ビルヂング内のお医者さん

a0012640_0155065.jpga0012640_0155829.jpg
会社ぬけないといけないから、近寄ることもなかったお医者さん。
味のある、そしてさびしい張り紙を発見しました・・・。大きい写真
有楽町で10年、まるのうちで40年、診療してきたそうです。
怪我をされて、閉院を決めたとの事情。
このビルヂングができたころに移ってきたのでしょうか。
ビルヂングとともに、ビルヂングで働く人たちを守ってきたんですね。
あることは知っていたけど・・・かかってみればよかった。



改修ビルヂング改装中

a0012640_0251499.jpga0012640_026416.jpga0012640_0265075.jpg
みつびし電機のフリースペースがあったところは、
ずっと工事中。そのガラスが一部あいていて、中がみえた!
もう完全にこわして、改装しているようです。
何ができるんだろうなあ。みつびしセンターだといいなあ。
それとも、ふるかわさんのショールーム。



年下のしょうじさん

a0012640_03056100.jpg改修ビルヂング内の脚立やらをながめた後に
振り返り、うつくしい年下のしょうじさん
みあげました。

きみは、うつくしいね。大きい写真
後ろの背の高い有名人より
ずっとおおきいよ!ほら!

などともうそうしながら写真をとっていたら、いきなり、

「入ろうか、俺らも?」

と工事作業員のおっちゃんに声かけられた。
高さがちがいすぎるよ。



まるびるからのながめ

a0012640_0475494.jpgその背の高い有名人には
あまり興味がないんだけど、高いところから
ビルヂングたちをみるにはいい。大きい写真

左から、もんぶ省、改修ビルヂング、
みついビルディング、そして年下のしょうじさん。
空がみえてるっていいよ。


哀愁ビルヂングたちの様子はで。


↓哀愁ビルヂングは、まるのうち観察ではなく、こちらに分類します。
[PR]
by aneppe | 2006-07-24 01:11 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)