秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
きられたビルヂング
at 2017-05-14 23:45
静かな庭園★あさくさ
at 2017-05-01 23:55
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(54)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ビルディングはお好き?
a0012640_1304836.jpgまるのうちオアゾ。

同僚の中には、名前も知らない人もいた。
案外そんなもんな存在であるかもしれない。
わたしは何度かとりあげてるものの、
おのぼりさんレベル。

地権者がいっぱいいて、建物がいっぱい
あって、とてもとても。

でも、ちょっと発見をした。



北口ビル&新まるのうちセンタービル
a0012640_0404166.jpg
赤い部分は通り抜けができるのだけど、その通路から、
緑と濃いオレンジのビルへの入口につながっている。


a0012640_0461371.jpga0012640_0513489.jpg
ガラス戸の文字はうまく撮れなかったので、
他の入口の写真で代用するけど、共用の通路から、
右と左に分かれるのに、ビルディングとビル、表記が異なる。
表記のポリシーがてきとーだなー?


a0012640_0495270.jpga0012640_0494378.jpg
外にでてみると、どちらもビルディングであった。
右側のプレートは、まるのうちの大家さんの最近の傾向。



萌えるセンタービル

a0012640_0555086.jpga0012640_0555820.jpg
どちらもセンタービルディング。地下へいってびっくり。


a0012640_191359.jpga0012640_0595819.jpg
おおおお、なんと明らかに雰囲気が違う。
これ、ほんとにオアゾ?
地下入口は、従来の看板の奥にオアゾのが並んでいた大きい写真



にほん生命ビル

a0012640_125748.jpga0012640_13641.jpg
こちらは、短縮形のみのようでした。



商業ゾーンから入ったので、北口ビルと新まるのうちセンタービルを
較べて違和感をおぼえたけど、大家さんが違うからなのだった。
北口ビルはまるのうちの大家さん、二つのセンタービルは、
中央不動産であった。そして古い方のセンタービルは84年竣工。
統一性はある(名前だけではないだろうけど)けど、20年のひらきがあった。
オアゾって、センタービルがあることを前提としてつくられたのですね。
だけど、商店街の雰囲気を残しているのがすてき。

a0012640_1171180.jpgビルだったりビルディングだったり、
表記がてきとうにみえるのは、
まるのうちの大家さんの方か。

略すのはいいけど、ガラスの上の表記、
東京ビルは略してなかったもんな。
ビルヂングも同じ。入口によってばらばら。
だから楽しい。


関連リンク
まるのうちセンタービルディング概要
新まるのうちセンタービルディング概要
まるのうちオアゾA街区竣工のお知らせ
オープン当時のニュース記事

関連過去記事
オアゾから探索
オアゾで宇宙食・・・名前の由来とか
[PR]
by aneppe | 2006-06-30 02:04 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
閉館ビルヂング
2ヶ月連続で、平日日中のまるのうちさんに再会する機会に
恵まれました。ありがとう、まるのうちさん(誰?)
今回は裏広報じゃなく、見聞を広める活動。
レポートはしないけど、今後、何らかの形で反映できるといいな。

さて。
やっぱりまるのうちさんは平日だよ、って思うけど、
おおてまち方面にいくと、平日に写真を撮るのは気が引けて、
発見のみにとどまった。
結局、哀愁ビルヂングのまわりをぐるぐるしました。



閉館ビルヂング

a0012640_242254.jpga0012640_243119.jpg
ふるかわビルヂングは、閉館ビルヂングになっていました。
何となく、「閉鎖」と書かれるように想像していたけど、
閉館のはりがみがあったはりがみ写真
みつびし商事とやえすビルもしまっているけど、
ふるかわは店舗があるから、あいているのが常だった。
だから、このシーンはショックでした。


閉店のお知らせ

a0012640_232184.jpgぎりぎりまでがんばっていた路面店も、
6月20日には撤退したようです。
それにしてもこの閑散ぐあい。

字まちがってるのがあるな。
ヒットマン
スタイル



哀愁ビルヂング

a0012640_225354.jpga0012640_2251231.jpg
何十年働いたひとの息吹がなくなろうとも、
格子をはずされようとも、
長い歴史を背負い込んだ哀愁ビルヂングには、
年月を重ねた美しさと、かなしみがあるのでしょう。
そっくりに建て替えたとしたって、それは帰ってこない。



夜の閉館ビルヂング

a0012640_238062.jpga0012640_238939.jpg
何だか不安になって、今夜いってみたら、
わたしの好きなみつびし商事のライティングは健在。
ふるかわも、みずほちゃん跡が点いていた。
ああよかった。

だけど・・・ゆっくりちゃくちゃくと旅の準備をしているんだね。


先月のまるのうち活動
【特別版】朝のまるのうち探検隊
[PR]
by aneppe | 2006-06-29 02:50 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
現れた窓と絵描きさん
先日、声をかけられた絵描きさんと再会した。
雨がふってなければ、同じ場所で哀愁ビルヂングを描いてるという、
梅雨どきに、あってないような約束でしたが、実現した。

しかし、移転がおちついて訪れていた静寂は、再びなくなってました。

a0012640_146156.jpg
がーーーん。
窓の格子をはずしているのです。いよいよか?と思われたけど・・・



美しいもうそう

a0012640_1472475.jpg
4、5枚はずしたところで、一段落したように思えました。
車がいっぱいになったのかとも思えるし、真相は不明。

だけど・・・
はずした後、窓枠を掃除してたのです。これは解体作業とは思えない。
そして、姿を現した窓は、明るくてむしろ好ましく思えました。部分拡大

絵描きさんによると、銀座の萌え系・新田ビルが壊されるまえ、
お別れ会がひらかれて、外壁にいろいろくっつけていたものを、
すべてはずし、当初の状態にしていたのだそうです。
八重洲ビルヂングの格子が、当初からあったのか写真みても、
よくわからないけど、あえてはずしてるんだったら、うつくしいおはなし。
全く違う目的かもしれないけどねー。

一口に古い建物といっても、その企業が大事にしてるかどうか、
みていてわかる、といっていた。それは同感。
このビルのお掃除風景もよく目にしていたそうです。



哀愁ビルヂング絵画作品

念願かない、コピーを数枚、譲っていただきました。
画集ができたら、あらためて譲ってもらうつもりです。
そのなかから、ご紹介。
a0012640_158222.jpg
今かいているのが、このアングルでした。
右側にふるかわがちょっと居るのがポイントたかし。
何とかホームっていう字もちゃんと描いてあるらしい。

a0012640_1585783.jpg
みつびし商事ビルヂングも描いていたんだー。感激。
緑の多い時期には描かないそうですが、これは急遽だそうです。
ビルディングといってたので、ビルヂングだと強調しときました。
みつびし商事ビルディングは別だから。



絵描きさんの主張は、建物は絵でしか表現しえない、というもの。
焦点がどこにあるか、かつ全体をとらえているので、
本物とみくらべてみてほしい、といわれました。難しいぞ。
わたしが撮った写真をみるより、ずっとリアルだと思う。

壊すものを追っかけてるわけではないけど、優先してるとそうなる、
というのはわたしも同じ。
今は亡き建物や、街並みを描いたものも、みせてもらいました。

こんな活動をしてる人がいることを、大家さんも知っていたらいいなあ。


関連リンク
記事中、ふれた新田ビルのお別れ会外観
[PR]
by aneppe | 2006-06-26 02:04 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(4)
ビルヂング地下の店
a0012640_224941.jpg

美しく並んでるものにひかれますが、これには、ひとめぼれ。
適当に並んでるところが多い気がするもの。



a0012640_2274295.jpga0012640_227571.jpga0012640_2281112.jpg
お約束のビルヂングらしいものたち。



地下はなかなか、昭和の香りがしました。

a0012640_2311223.jpga0012640_2312062.jpga0012640_2312851.jpg
左:手書きのメニューや店名がはりだしてある、老舗のらーめん屋。大きい写真
中:駅前そば屋のようでいて、専門特化してる、らーめん屋。
右:鉄道模型屋さんがあるとは思わなかった。大きい写真

秋葉であってもおかしくない感じだけど、有楽町駅前。
まるのうちで、どっかでみたようなおされなお店に食傷ぎみ
(店には入れんのだけど)であったけど、今になってみつける庶民的なお店。
テナントの店も昔からあることが、ビルヂングの魅力じゃないでしょうか。



なかなか新鮮であったので、後日同僚を誘って、
ぱーこー麺たべてきた。オヤジ向けですな。

a0012640_2334527.jpgその後、銀座のおされな店で、タルトを
頼んだら、わけありで2割引してくれて、
最初から2割引で売らないところが
スマートだな、と思いながら、
オヤジディナーの後にオーエルスイーツも、
おもしろかった。

[PR]
by aneppe | 2006-06-25 02:46 | 有楽町×大手町 | Trackback | Comments(0)
みずほちゃんの跡
たまには会社の近くの風景ものせてみましょうか。

a0012640_1583411.jpg

写真ではみえないけど、ドアの上のところに、
第一勧業銀行」の文字の跡がのこっていた。
まさか、統合してからずっとこうなんだろうか。

ああ、ちがった。みずほちゃんとして営業して・・・

a0012640_1584222.jpg

・・・たようです。

わたしは、大事に大事に使われてきたものがすき。
使われてるのか、管理してる人がいるのかわからない、この建物には、
哀愁じゃなくわびしさをかんじました。



まるのうち

a0012640_272261.jpga0012640_273235.jpg

みずほちゃんといえば、前に宝くじを買いにいって、
気分よかったことがあった(あたってないが)
その店舗は半年後に閉鎖され、2日後に撮った写真。
(丸之内支店に統合、ってすごい字だな)

そして、すごい勢いで統合されていっているのですね。
それほど近くない店舗に統合されてたりするし、不便そう。
みずほちゃんで宝くじを買うこともなくなりました。
[PR]
by aneppe | 2006-06-24 02:13 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(0)
もうそうの階段方程式
会社のえらい人と駅まで一緒になった。
まるのうちの話をしたら、意外な反応がかえってきた。

a0012640_2575923.jpg「あのビルってのは古いけどおもしろいねえ。
エレベーターホールの後に階段があって。
ほんとに面白い」

なにっ。彼はまるのうち歴ほんの数ヶ月であった。
それなのに、7階建てと9階建てがくっついてることに
注目してたとは。

イメージとしては、2棟の建物の連絡通路が全ての階に
あるんだけど、上の階に上がるほど、ずれていく。

「もっと高かったらおもしろかったねえ!
こんなかがんで、次の階にいっちゃったりしたら」

わお。そんなこと考えてたのかー。こっちが楽しいわ。

詳しく知りたい方は過去記事


もうそう

というわけで、もうそうしていたら、こんな図ができあがった。クリック

a0012640_24276.jpg

実物は、ピンクと水色部分。
ピンクは1階からして高く、ワンフロアも高いため、
上の階にいくほど、段差が高くなる。
会社の人がいうように、もっと高かったら、
天井をこえ、1階分あがることになる。

秋葉OLの超適当な試算によると、ピンクの18階と水色の19階が、
同じ高さになった。
この前後は、ほぼまる1階分、あがることになる。

そうすると「面白い」ことになるわけだが、
現実には段差は少ない方がいいわけで、
水色18階からピンク18階へ1階分階段であがるよりは、
水色19階からピンク18階へおりればほぼまっすぐ。

単純に考えると、まんなか辺りで段差が逆転するので、
上のほうの階では、水色からの移動は1つ上の階からさがる。
図では8階が階段なしになった。



リアル

実際には、色のついた階までしかないので、
渡り階段は各々7階同士を結ぶのが最上階である。
ワンフロアとびこえたり、逆方向の階段をつくらなくても、
ぎりぎり許容範囲ということになる。
うまくできてるなあ、ビルヂング。



算出

すごい簡単な計算のような気がするんだけど、
図かいて方程式かいて、なやむなやむ。。。
エクセル使ったら簡単だったのかなあ。久しぶりの数学。

ワンフロア
【水色】
31m/9階≒344cm

【ピンク】
・階段1段を18cmとして、1階での段差が72cm、7階が162cm
・水色の6階までの高さは、(344*6)+162=2,226cm

(2,226-72)/6≒359cm

同じ高さになる階
同じ高さになる階をFとする。
359F+72=344(F+1)
F≒18

あがるか、おりるかの逆転するあたりの表

a0012640_2463840.jpg

なれないことをしたので、検証がたりないだろうなー。
自分ながら、各階の連絡通路と考えるとわかりやすい。
同じビルという顔をしているから楽しませてくれるビルヂング。
最後までたのしませてくれるね。


関連過去記事
くっついてるビルヂング【解明篇】
[PR]
by aneppe | 2006-06-23 03:05 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(2)
クレーンの競演
青空だったらもっといいんだけど。

a0012640_0364871.jpg

お見苦しい写真ですが、夜でもじゅうぶん、迫力。

a0012640_037584.jpg

クレーン好きじゃなくても萌えそうな競演。


なんだろう、駅前で、囲いも低くてまぢかにみえるのが、
意外とめったにないからでしょうか。





哀愁ビルヂングチェック

a0012640_038689.jpgわたしが好きな、1階の柱のとこの
ライティングはまだあって、うれしい。
管理人さんがいることを感じる。
ふるかわの住人が出てしまい、
上の階の電気がきえた。
ミクニもやってないから、くっついてる壁
どこからが、みつびし商事なのか、
一目瞭然になった。。



関連過去記事
謎のテント★意味深な杉囲い
3階の庭
[PR]
by aneppe | 2006-06-21 00:46 | 有楽町×大手町 | Trackback | Comments(0)
奇跡は起き・・・?
2日前、哀愁ビルヂングたちをぐるりしようとして目をうたがった。


a0012640_171938.jpga0012640_172814.jpg
(大きい写真 

ミクニ店頭の豆電球がついてるのです!!
ミクニはあの日、閉店したのに、ひょっとして、特別な会合で、
使っているのではないだろうか。奇跡が起きる!!

a0012640_18096.jpg
しかし現実は現実でした。
脚立とかみえる。
撤去作業をしてるのか。
考えてみれば昼間は外の電球つけないよな。




ふるかわビルヂング

a0012640_184396.jpgしばらく変化のなかったこのビルも、
再び養生シートがしかれていた。

見張りのおじさんが、ビルの入口や、
建築計画のお知らせを携帯写真に
撮ってた。単発の仕事か?
大きい写真

最後まで残っていた、大家さん販売もついにか。
今日の新聞に求人広告がのっていて、移転先を知った。
今日から、移転先で業務開始、てことは・・・ついに真っ暗かも。。



やえすビルヂング

a0012640_191042.jpga0012640_192428.jpg
大きい写真

ギヤラリーはもうしまって、名前も消されています。
通常、土曜日は入れたんだけど、シヤッターはとざされてる。
2週間前は、ギヤラリーはやってなく、1階は入れた。

わたしはこの後、例の絵描きさんにつかまるのである。



解体工事のお知らせ集

a0012640_194870.jpg掲示当日にみつけたお知らせですが、
あらためて一周してきました。
建築計画のお知らせの倍くらい、
ぺたぺたしてあった。
こういう光景みると哀愁だよ(;_:)→


a0012640_1101762.jpgあえてトリミングしていません。

みつびし商事ビルヂング

ふるかわビルヂング

やえすビルヂング

[PR]
by aneppe | 2006-06-20 01:13 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(4)
哀愁建物がつなぐ人々【建築家篇】
ブログ読者のかたから、古いお宅の見学会へのお誘いがあった。
特に興味をひかなかったんだけど、誘い文句が最強。


a0012640_2228128.jpgまるのうちの大家さん設計のひとを紹介しますよ。


頭の中まっしろ、申し込もうとしたら、期限すぎてる!
電話しようと会社をとびだしたら、携帯おいてきた。
が、無事、まにあった。仕事も手につかなかった。

大家さん設計といえば、街でロゴをみると安心するし、
どんな著名な建築家よりも、お話してみたい人(人なのか?)



出会いの日

やえすビルでお話ずきの画家さんにぎりぎりまでつきあい、
慣れない駅をおりたつと、知らない人ばかりで不安だったけど、
そっこーで大家さん設計のかたを紹介していただきましたー。

三信ビル保存プロジェクトの発起人さんともお会いしました。
哀愁ビルつながりでメールのやりとりはあったのです。
お会いしてみたいとは思っていたけど、こんなところで実現するとは。
とっさに「秋葉OLです」と名乗って通じる、うれしさよ。

保存活動にかかわる方たちで、注目物件も重なるので、
嘆くしかできないわたしでも、話に入りやすかった。
わたしは業界人でもなければ、かじってるのも1年そこら。
刺激的です。みにいきたい場所がまた増えました。
みなさん、ふぇち要素があっておちゃめ。



直撃!

大家さん設計さんには、日頃の疑問や感想をお話しました。
不思議だなー。今後の記事で織り交ぜたいと思います。
改修ビルヂングのこともきいてみたよ。



見学会

a0012640_193484.jpga0012640_1282575.jpga0012640_1283618.jpg肝心の見学会ですが、戦中に坂倉準三さん(じゅんぞうって多いな)
設計したお宅が、取り壊し危機にあるのだそうです。
前川くにお邸に似ているそうだけど、みたことがありません。


a0012640_1132981.jpgこぢんまりした日本家屋とみえたけど、
窓の木の枠が迫力。
窓というか、巨大なガラス戸が庭ぎりぎり
まで、あきました。
おっこちないように、いくつかの窓には
棒が渡してあって、そこだけガラスが
二重になっていた。


a0012640_1183926.jpga0012640_1184989.jpgちょっと目をひいたのは、
雨戸をひきだすための小さな扉。
外側にも穴があったけど、これは謎。


a0012640_1214315.jpgお部屋の中のドアがこれまた巨大。
暖炉もあって、外からみると
煉瓦の煙突が唐突にもみえた。

住宅というのは、きょろきょろみたり、
写真とったりできないから、みなれてない
けど、自分では気づかないところを
みることができました。
保存がかなうといいですね。。



粋なお誘いをしていただいた、ぷらなりあさん、ありがとうございました。
ますますブログが暴走・・・していいのやら。
[PR]
by aneppe | 2006-06-19 01:49 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(0)
哀愁建物がつなぐ人々【絵描き篇】
a0012640_2052894.jpg

デジカメの動画機能を使って、哀愁ビルヂングの周りを歩いてたら、
いきなり声をかけられて、中断した。

「ちょっときいていいですか?(←デジカメに録音された)
あなたはこの建物の関係者ですか?働いていたとか」

・・・関係者ではないけど、裏では働いてました。

絵を描いてる人がいたが、その人物であった。
その絵を差し出し、興味があれば100円でコピーを譲ります、
というのだった。リアルに描き出された、ペン画であった。

「若い女の子」で、これほど熱心に撮っている人は珍しいから、
声をかけたんだって。建築学生だってこない、と。
確かに絵を描いていれば、長い時間、定点観測をできるのだから、
真実なのだろうな。

彼の主張は、「カメラ絵」で建物は表現できない、ということ。
写真ばかりが真実だとされ、描いてると邪魔者扱いされると嘆いてた。



今の東京駅にはかなり思い入れがあるらしく、
文章と絵をまとめているところのようだった。
縮小されたコピー画は、絵はがきをみるみたいだった。

たぶん、写真にできなくて絵にできることは、
余分なものを排除し、純粋に建物を切り抜くことなんだろう。
時代背景や、季節感をおもわせるものがすくない。

東京駅復元についてきくと、消失したときにするべきだったが、
復元じたいはいいだろう、と言っていた。



やえすビルはとてもいい建物で、裏側までつくりこんでるのは
めずらしいと、裏側から描いていた。

・・・裏側まであるのは、かつては道だったからかもね。


a0012640_20531172.jpgふるかわビルにも、少し古い建物が
ありますよ、と仲10号館
案内してみたら、窓とかいいね、
これはいい建物ですとほめていた。
ここは3棟だと思っていたが、
4棟だったのか、と感心した様子!?



やえすビルのテナントさんにも絵を譲ったことがあるそうだ。
わたしもほしいなあ。ふるかわビルもちょっと入ってるし。
わたしが再び現れることを期待してないようだったが、
約束しなくてもこの辺はくるからねえ。
次にみかけたら、ゆずってもらおう。*

それにしても、警備員以外に声をかけられたのは初めてだな。
写真とってる人には遭遇するけど、おじさんが多いし、
「若い女の子」は奇異かもしれんねえ。
古い建物だけを追ってるわけじゃないけどね。もっと怪しいか。


どうやら、このひとです。


建築家篇】につづく。

※再会して絵を譲ってもらいました
現れた窓と絵描きさん
[PR]
by aneppe | 2006-06-18 21:08 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(0)