秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
愛しの定期入れ★その2
at 2017-03-26 23:48
かみなりもん★ちょうちん
at 2017-03-13 00:46
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(53)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2005年を振り返る★御礼
新聞やテレビでは、1年を振り返るというのがありますが、
ざざっとブログを繰ってみて、束ねるのは難しいと感じました。
あたまの整理がつかないと申しましょうか。

まずは、まるのうちに絞って、
時期に特徴的なできごとをまとめてみると・・・。



1月
消防団演習ではしご車がのびました!
同、国旗布告記念日で平日でもひらひら。
年間をとおして、観察や謎解きをしました。

3月
みつびし銀行の看板に変化が・・・。
その後も、定点観測を楽しませていただきました。
今日以降は、しばらく変わらないかな?

5月
国際フォーラムでベートーベン祭りがありました。
近所だから知っていたけど、盛況だった。知る人は知るのね。
来年はモーツアルト祭りだとか。

6月
まるのうちで働く人たちのためのクラブができました
現在、会員は千人をこえたとか。参加したくても抽選になり、
結局結成パーティのときだけ。初めだからいいことってあるよね。

8月
うちみず大作戦
小池大臣をみに、ミーハーしてきました。きれいだなあ。

9月
まるのうちで女声合唱団がつくられました
そのお披露目に、あらーきー目当てに行ってきたところが・・・。
今夜が本番です。

10月
長く改修していた、めいじ生命館のラウンジがオープンしていたので、
初潜入。ひとりで大こーふんしてきた。

11月
東京びるの商業ゾーン、ときあがオープン。工事風景は楽しかった。

12月
丸びるが賞をとったとのことでした。大きな模型が楽しかった。

個人的には・・・



小耳にはさんで、行ってみたかった、もんぶ省の学食
ちょうど1年前、偶然、友達ができて、実現。
昼休みまで職場にいたくない自分には、オアシスとなりました。
期間限定!学食写真

a0012640_2194078.jpg が・・・
情報はいつか広がり、
同じ会社の人が何人も利用するように
なってしまった。
「もんぶ科学省ビルの食堂」と
間違った認識をしていたりする。
食堂も混雑し、こんな張り紙が登場。

別の機会には、ブンカ庁のひとと知り合い、
まるのうちの大家さんとお話することまでできました。
パーティなんて大の苦手、社交的でない自分が、
このような出会いができて、貴重でした。
民だけじゃなく官の話題、大家さんに秘密のブログから、
必ずしもそうではない、といった変化にもつながりました。

デジカメを買い換えてから、暴走してるなーと思うのだけど、
ついてこられるやつだけついてこい!なんて、
わたしは思えません。いつもみにきてくださるかた、
応援してくださるかたのおかげで、このブログがあります。
ある事柄にはまったらはまったで、葛藤がありますけど、
不器用なわたくし、楽しみ探しのゴールはまだみえません。

たちどまったり、あともどりもしながら、
今年が終わろうとしています。
来年も、いろいろあるだろうね。

みなさま、本当にありがとうございました。
来年も、よろしくおねがいします!
[PR]
by aneppe | 2005-12-31 21:19 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(4)
いちばん好き?
a0012640_3121191.jpg

以前、まるのうちの大家さんに、
「どの建物が一番すきですか?」
ときかれたとき、言葉に詰まってしまった。
それからときどき、何だろう?と考えていた。

仕事納めの日の昼休み、ベスト3を撮ることにした。

そもそも、わたしはひとめぼれをしていない。
めいじ生命館にも全く興味がなかったし、
新丸びるのありし姿も撮りそびれている。
写真の技術もないから、建物をそのまま撮ることもあまりなかった。

しかし、あるきっかけで、まるのうちの建物を撮り始め
好きなアングル、風景、といったものをみつけたり、
いつもみているうちに、気がついたら・・・というか。

一方でバイブルを読むと、個々の建物には、
長い歴史のなかで、いろいろな経緯があることもわかってくる。
こうなると、建築物としての魅力というよりも、
歴史やひとを通した親しみがわいてくる。

そうして撮るときには、我ながら思い入れこもっていると思う。
通りかかってひとめぼれ、のときとは違う。

言葉で説明できそうにないけど、あくまで今、目をひくもの。
上にのせた、みつびし銀行と東京びるでぃんぐ。
京ぽんも含めると、一番撮っていたと思う。
青空にそびえるのが、わくわくします。



a0012640_314681.jpg
それから、めいじ生命館と、

a0012640_3142654.jpg八重洲びるぢんぐ。
正統ですが、わたしにとっては
好みだったというよりは、
みているうちに、ぐいぐいと。

もっと広く風景となると違ってきます。
街の特性ともかかわってきます。また追々?




大きい写真のせるかも
年内でもっとかきたいのあるんだけど、
追いつかなかったら年こすかもしれません。
[PR]
by aneppe | 2005-12-31 03:19 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(0)
みつびし銀行の看板
a0012640_1271478.jpg
三日前、植え込みが抜き取られていた、みつびし銀行。
てっきり単なる整備かと思って、作業中だし、
遠巻きに写真とっただけだったのですが・・・。


a0012640_12878.jpga0012640_1281535.jpg
おおお。
すっぽり地味な袋におおわれてしまいました。
お世辞にも見栄えはいいといえません。

3月には、全体の移動作業があり、
6月に、美しく整備されて姿を現しました。
10月に、グループ名が追加されました。

いよいよか?

10月のときは、一晩でやっていたようだけど、
1週間はやめに仕上げたということでしょうか。
またもやうっかりしました。
フィナンシャルの部分はそのままで、銀行名だけが、
変わるんだろうか、全然違うふうになるんだろうか。
さわったらわかりそうな気もするが。

看板の定点観測、変化が多かった。
当分、このまま、だといいですね。
[PR]
by aneppe | 2005-12-27 01:31 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(4)
みれなりお2日目+α
a0012640_0271585.jpg



a0012640_0393853.jpg急きょ、行ってきました。みれなりお二日め。
新聞によると、初日は39万人の人出とのこと。
想像がつきません!
まじめに並ぶととんでもないことになるでしょう。



a0012640_0404488.jpga0012640_041170.jpg
みつびしビルヂングから出て、初めに目に入ってくるときには、
おお!と思う。昨年とくらべ、形が派手です。
シンプルでないのが、かえって単調とみえるかも。



a0012640_0413826.jpga0012640_0414732.jpg
さて、脱線してめいじ生命館へ。
うつくしい。しかし、たくさんの人が・・・。
土足であがらないで!と内心おだやかでなかった。(お前のモノなのか?)
にわか作りの一般公開のポスター初めてみた。いってみたいなあ。



a0012640_0422334.jpga0012640_0423427.jpga0012640_042441.jpg
ふたたび波に戻り、後半はゴール地点の豪華さが目をひきます。
ここにくるとあれだけの人はすっかりばらけて、
みんな思い思いに写真を撮ってる。
真ん中は単体で何気なく撮ったら、変に光がリアル。
右は国際フォーラムです。ここでグッヅ売っています。



a0012640_0425728.jpgさて、いま話題のヒ○ーザーが入っているビルでは、
窓がろうそくの形にライトアップされていました。

みれなりおは哀愁モードでいくところじゃないな。



みれなりおをきれいに撮ることは、わたしには難しいよ。
臨場感だけでもと、大きい写真
[PR]
by aneppe | 2005-12-26 01:06 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(2)
みれなりお昼の姿
本日より、というか今ごろ、東京みれなりおが
始まっていることでしょう。
設営1ヶ月余り、点灯1週間ちょっとという
はかないイベントも、東京駅復元工事のため、
今年でいったん終わります。
今年は初日にせめる元気がありません・・・ので、
直前までの設営風景をどうぞ。寝床はここでした。



12月9日
a0012640_1902341.jpga0012640_1903490.jpg
めいじ生命ビルあたりの設営が始まったころ。


12月19日
a0012640_191875.jpg
実質上のスタート地点で点灯準備が始まったころ。


12月22、23日
a0012640_1912792.jpg
左:かなり寒い日。試験点灯をキャッチ。
今年は夜間の点灯を目撃できませんでした。
中、右:前日ですが、まだまだ作業中。右はゴール地点。



a0012640_191453.jpg昨年とくらべ、パラトゥーラのデザインが
豪華にみえます。
今日から毎日が初詣状態になるでしょう。
なかどおりをちゃんと歩くと、きれいです。
写真でみるのとは違います。
勇気ある方は行ってみてください。
遅くまではやってないんだけどね。


設営風景も大きい写真が意外といい!?

公式サイト
[PR]
by aneppe | 2005-12-24 19:09 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(2)
まるのうち国旗コレクション
東京駅から外に出て目に入ったもの。
それは、みつびし銀行のロゴの
植え込みが大掃除中?であったのと、
ビルに掲げられた国旗であった。

a0012640_2375823.jpgそうか!祝日か!
国旗関連としては、今年1月の
国旗布告記念日
ビルごとのお知らせの有無
手書きお知らせの謎解き
ととりあげてきました。
特別な平日にはみたことがあったけど、
祝日の国旗風景は初めてみるのです。

というわけで、予定外にコレクションすることにしました。
なお、びるぢんぐほど網羅しませんが、新たに解けた謎もあり。


a0012640_2405686.gif
今回撮ってきたのは囲ったところ。いくつかはしょりました。



a0012640_2402165.jpg
左から(以下同)
みつびし商事、丸ノ内やえす、みつびし、丸びる。
みつびしビルの旗は年季入ってそうだった。


a0012640_2424522.jpga0012640_242533.jpga0012640_243499.jpg
もんぶ科学省、丸の内なか通り(みつびし電機)、丸の内みつい。
最初の感動。みついさんも国旗かかげてます!!


a0012640_2434340.jpga0012640_2435493.jpg
ふるかわ、めいじ安田生命。
めいじ安田は管理会社は違うと思う。


a0012640_2442178.jpg
富士、国際、新国際、しん日石。
実は富士の向かい、新東京では見つけられなかった。
きれいにそろっていたのに、残念。


a0012640_2443611.jpg
新有楽町(奥に有楽町も)、だいいち生命、さんし会館、消防署。
さんし会館隣のにっぽん放送にはなかった。わけあるのかな。



ということで、新たな謎がとけたのは、
かつて調べたときに、掲揚しましょうという紙は、一部の
街区でしかみられなかったが、有無に関係なく掲揚されていること、
まるのうちの大家さんだけではなく、
町内会全体で実行していること、です。
あの紙に、「町会」と書いてあるのだからそうなんだけど。

休日は、店舗のないビルはシャッターがしまっているから、
国旗だけがはためいています。ひとけのない日、場所で
このような習慣があるのは、不思議な気もする。
なかどおりはすごい人でしたが。気に留めた人いるかな。

霞が関では、人もいないが国旗はたてられていました。
こちらはなんだか、まあ、そうだよね、という気がした。

あと1ヶ月余りで、国旗布告記念日がくるんだなあ。
1年がかりで、いろいろ発見、謎がとけてきました。


過去の記事(上のリンク)
国旗のある風景
国旗のお知らせとおっことすポスト
国旗お知らせの謎解き

[PR]
by aneppe | 2005-12-24 02:56 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(0)
さぷらいず第九
今年も、芸大声楽科有志&炎のコバケンによる第九を聴いてきた。

昨年は、芸大の方たちの迫力に圧倒され、終了後は、
こばけん自身が、客席に向かって合唱団のすばらしさをたたえ、
とても印象深かった。
さらに、ブログに書いたら、舞台にたった芸大の学生さんからの
書き込みもあり、大感激したのです。今年も絶対いこうと決めていた。

一年間、第九断ちをしてきたのである。

2回めとあって、過大な期待をしたところもありますが、
1、2楽章は序章のようで、3楽章からフィナーレにかけて、
俄然、勢いづき、やっぱりすごかった合唱団。
めりはりがきいて、声量がある、というか深くて広い。
今年も超有名ソリストは、芸大生にもってかれちゃいました。

4楽章はほんとにあっというまで、もうおわっちゃうの??
と焦ってしまった。妄想にふけっていたせいもあるが。

勢い激しく演奏のおわったあと、拍手とブラボーの嵐。
合唱の人たちがお辞儀するとき、再びブラボーが起こった。
そしてまた、こばけんが挨拶をし、楽団員から、お礼と
50周年の募金のお願いなどの話があった
(こばけんは楽団員の原稿を奪った模様)。

そして・・・

一般的に第九にアンコールはないのだが・・・。

何と、最ものぼりつめる最後の一分くらいを、一言告げるや、
再演奏し始めたのであった!ベートーヴェンもびっくりでしょう。
ほとんど呆然としている間に始まり、もういちど、
絶頂を味わうことができたのです。
終わってしまった焦りと悔やみをみぬかれたごとく。

それは夢であったかのように、カーテンコールもなく、
舞台の上のひとたちは、すぐに散って行きました。

型破りなこばけん万歳!
[PR]
by aneppe | 2005-12-23 19:23 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)
郷愁の窓
新聞に、おもしろい記事がでていた。

京浜東北線の窓のあかないタイプを、従来の開閉型の窓に
全面改造する、というもの(車両写真)。
コストも安く、景色もみえて長所も多く、省令も満たすのだが、
立ち往生したときに換気が悪く、具合の悪い人も多くでて、
「国鉄時代以来の自然換気方式が見直されることになった」。

てっちゃんからみると、目新しくなくヒマネタのようですが。
現実に即した形に戻るのは、いい話だ。

さて、その記事の中で、利用客の声として、

「窓が開いたり閉まったりするのは郷愁がありますね」

というのがあった。電車の窓、郷愁・・・。
京浜東北でそんなことは思いつきもしなかった。
わたくしは脱線し始めるのであった。

郷愁といえばボックスシートのことだろう。
窓あけて、駅弁買って、ふたがコップになってるお茶買って。
そういえばあのお茶、最近みないな?
そもそもわたしは窓あけて買ったことあったでしょうか。
妄想のような気がする。

幼いころのった特急を調べてみた。
おおおおお。昔の特急って可愛かったんだね。犬みたい。
・・・でも特急は窓あかないよな。
新幹線が通ってから、上野と大宮を結んだ「リレー号」は
(名前忘れていた)、窓があくようだ!
・・・でもその距離じゃ買わないよな。

窓が開く、といえば低層ビルヂング。
台風がくると、窓をしめて帰ってくださいと放送が入り
蝉の声がきこえてきたり、野次馬で窓から顔出したり
わたしは好きです。今日なども、洗濯物や傘をほしたいねえ
と冗談をいっていたのである。
埠頭では、窓から物のやりとりをしているのが印象的であったし。

物語や映画でも、窓をあけて・・・という場面は思い浮かぶ。
一方で、あかない窓というのは、かわりに機械やなんかが
働いていて、ハイテクがひそんでいそう。
窓があくことが、郷愁や哀愁といったものを感じるのは、
たしかにあるなあ、深いコメントだった、としみじみ。


追記
高層ビルでも窓が開くというコメントをいただきました。
かおだすのは無理かな?
施工例
[PR]
by aneppe | 2005-12-22 01:44 | ウォッチング | Trackback | Comments(7)
謎のイルミネーションと妄想
哀愁モード。
外は12月にしては10年ぶりの寒い日。
さまようには、防寒対策が完璧でなかった。

丸びるに潜入。オリジナル短編映画が上映される。
興味をひいたのではないのであるが。

写真の練習をしたかったんだけど、撮影禁止で、
至るところに、おおやさんがみはっているので、
明るすぎるスクリーンの上映をぼんやりながめていた。

吹き抜けを見下ろしながら、
「私の王子さまはまだ迎えにこないのかしら」
うそくさい妄想にふけると、哀愁がすすむのであった。
下ではお酒のキャンペーンをしていて、甘い香りが漂っていた。

a0012640_1102494.jpga0012640_1103575.jpg

ふと・・・
「酔ってやる!」とまた作為的な台詞が浮かび、
飲んでみたら、これがおいしいんである。よい体験をしました。
ゴミ箱が、氷・飲み残しとカップに分かれていてナイス。

次の上映が始まるとまた撮影できないので、外に出た。

すると・・・



a0012640_1403697.jpga0012640_1404736.jpga0012640_1405745.jpg

寒さも忘れて走りました。
先月、オレンヂLEDのイルミネーションについて書きました
しかし、ひるずのように青白い瞬間があるのです。

a0012640_23332.jpgわたしは初めてみたとき、目を疑いました。
青、橙、黄がまじりあうという強烈な配色。
きっと何かの間違いだ、妄想だと思いました。

たぶん時報がわりに音楽とともに、白色LED、オレンヂLED、
白熱電球が、組み合わせ、弱さをかえて点灯する。
この未発表点灯はいったい、何なのだろう。試験的なのか。
しかしともかく、ようやくキャッチすることができたのです。

気がつくと、手がかじかみ、からだじゅうが冷えきっていました。
[PR]
by aneppe | 2005-12-20 02:07 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(2)
哀愁ビルディング【みつい篇】
a0012640_1582578.jpg
(左から:丸の内側から日比谷シャンテ側へ)

何度か外観だけ写真をのせたことがある、三信ビルディング。
中が素晴らしいと知り、先日、初潜入してきました。
わたしがみたなかで一番古いおっことすポストも発見。

長いですが、写真は後半です。「ビルディング」にも注目。



ファンも多いこのビルは、残念ながら、今年になって
取り壊しが発表され、建築士やファンなどが、
保存プロジェクトをつくり活動しているという。
数日前には東京新聞で紹介されたと、こちらで知りました。

プロジェクトでは、特定街区制度を適用し、保存しながら
隣に高層ビルという具体的な再開発の完成イメージまでもが
詳細に描かれているのです!

みついさんといえば、わたしは前に、みつい本館と明治生命館は
似た運命だと書きましたが、文化財だから保存されるのだと思っていた。
が、最近古い日経の記事をみつけたのだけど、みつい本館は壊すつもりで、
文化財指定も70年代から断り続け、明治生命館が指定されてからも、
社内では、議論が続き、この特定街区制度が解決したのだという。
この記事は5年前だけに裏事情的で衝撃的です。

近代建築の救世主となったその制度が、そうそう適用されるのか
わたしにはわからないけれど、一棟のビルを守ろうと多くの若者が
大きな相手を前に立ち上がるのは並のことではないし、
こういう活動は広く知られるのが、重要かと思う。
ネットの力も大きいけど、新聞にのって新たな一歩、になりますように。



(写真はクリックすると少し大きくなります)

外側
a0012640_271412.jpg
右のほうが、カフェみたいで雰囲気ある入口。



アーケード
a0012640_285295.jpg
入って驚かされるのがこの吹き抜けのアーケード。右3枚は2階から。


a0012640_210339.jpga0012640_210139.jpg2階ではこんなに間近にみられる装飾。



エレベーター
a0012640_2142931.jpg
左から、1階、2階、地下1階。1階はあいた瞬間キャッチ。
1階がやっぱり美しい。



おっことすポスト

a0012640_2162869.jpga0012640_2165170.jpga0012640_217413.jpg
感激〜。みついさんにもおっことすポストがありました。
わかりづらいですが、右から文字が書いてある。
「便郵」「口入差」。右写真は2階。



階段
a0012640_2195448.jpg
B1を表すプレートは高いところにありました。



いろいろ
a0012640_220436.jpg
左から
1:消火栓の下の注意書きの書体が、なんともよかった。
2:みずのみば
3:地下の床にありました。
4:トイレの脇に謎のドアが。ドアはノブがどこも低そうだった。



各フロアなど
a0012640_2233398.jpg
左は2階、中は地下。閉店したところも多かった。
蛍光灯は新しいけど、並べ方にひかれた。



案内板など
a0012640_2254329.jpg
左2枚、テナント。3番目、地下商店街、右は移転張り紙。



お気づきかわかりませんが、何をみても「三信ビルディング」です。
古い建物はビルヂングじゃないのかなあ?
おっことすポストは右から字が書いてあったけど、
ビル名表示は皆、左から。比較的新しいともいえそうです。

みついさん公式の沿革的な資料をみつけていないので、
どこかで改名しているかどうか、定かではありません。
ただし、少なくとも60年以降、「ビルヂング」表記をしているのは、
みつびしさんの特徴ではあるようです。

みつい篇とくれば次は、、、みつびし篇


大きい写真
本文中にない写真もあり。おっことすポスト、消火栓もどうぞ。


関連サイト

特定街区制度
室町三井新館新築工事
東京新聞の記事
都市の記憶・・・詳しい
ビジネスの世紀・・・丸の内周辺の建築物全般に詳しい

a0012640_25137.jpg 三信ビル保存プロジェクト

[PR]
by aneppe | 2005-12-19 02:59 | 日比谷×霞が関 | Trackback(1) | Comments(10)