秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
愛しの定期入れ★その2
at 2017-03-26 23:48
かみなりもん★ちょうちん
at 2017-03-13 00:46
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(53)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
みれなりおの寝床
東京みれなりおの光の彫刻「パラトゥーラ」のパーツが、
ひびや公園にある、と知りました。
(注:みれなりおはイベントの名前で、作品はパラトゥーラというようである)

昨年は設置風景に萌えて、撮りまくりましたが、
あのパーツがどこから運ばれてくるか、考えたことがなかった。
これは見に行かねば!去年と同じレポートではつまらないしね。

しかし・・・
広い公園のこと、暗くなって歩いてもみつけられなかった。
わずかな手がかりからあたりをつけ、
夜、図書館の帰りに道を間違えたら、みつけたのである。

というわけで、昼に行ってきました。

お昼を20分ですませて走る、走る。
a0012640_1141799.jpg
あったー。
囲いのなかに、ちょっとだけパーツがみえてます。

戻ろうとしたところ・・・
囲いの中にいた車が出て行き、先ほど停まっていた
白いトラックが入れ替わりに中へ入って行ったのである。

a0012640_123226.jpga0012640_1231174.jpg
そしてなんと!
おじさんたちはお昼に出てしまったのだ!
右は、小屋の中を金網ごしに。何と言うか普通の工事現場。


a0012640_1284530.jpgちなみにここは、
日比谷くらぶといって、
朝など勤め人が激しく運動している
ことで有名なようです。
運動している人おおくていいねえ。

a0012640_1293055.jpg再び走り、もう一カ所撮りに行きます。
なかどおりでは、
今も作業しているはずである。

だけど思わず足がとまる。
まるのうちさん、美しい。



a0012640_145915.jpg
もっとほかにも待機場所がありそうな気もする。
わたしのカメラの液晶を露骨にのぞくおっさんがいた。

a0012640_1453399.jpgみつびし電機だったビルヂングも、
改装しているところ、
無理矢理、足場がくまれておりました。

お昼だけで充実してしまって、
ふわふわになりました。



a0012640_14628.jpga0012640_1461188.jpg
午后、所用で遠出をして(左)、会社には
戻らなくてよいのに、まるのうちへ戻ってきました。
なぜか、恋しく思えたのです。まるのうちさん。
[PR]
by aneppe | 2005-11-30 01:51 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(2)
シャンテとマリオン
a0012640_1461262.jpg

日比谷側から、ぼうっと歩いていたとき、
有楽町マリオンにかかる垂れ幕が目にはいった。

別に、何とも思わない?

わたしは、はてな?と首をかしげました。
おばかな告白をしますよ。。。

何を思ったかというと、
日比谷シャンテという商業ビルが近くにあるのですが、
何でシャンテのカードがマリオンにかかっているんだろう。
マリオンには西武と阪急があって、それぞれカードがあるのに、と。

シャンテが東宝であることさえ、気がついていれば・・・。

シャンテ=東宝=阪急=日劇=マリオン

百貨店の方ではなく、マリオンの上の東宝映画館で
割引になるから広告していたのであった。

映画や舞台になじみのある人なら、常識なのだろうけど、
みわたしてみると、宝塚劇場、帝国劇場、数々の映画館、
このあたりは東宝だらけなのでした。

阪急百貨店も、突然変異のように思っていたけど、
マリオンが東宝ほかの所有なのだから、不思議はない。
数寄屋橋阪急は50年近く前からある(現在はモザイク銀座阪急)

阪急とか宝塚というと、関西だけど、
東京宝塚も70年以上の歴史があるのでした。
阪急電車は走っていないが、有楽町は阪急の街。


マリオンができたときというのは記憶にないのだけど、
マリオン以前と同様、現在も東宝、松竹、朝日新聞の所有で、
ビルに大きくロゴが並んでいます。
映画館の名前が日劇なのは、ただ名残なんでしょうか。

ちなみに、
マリオンについては何度か書きましたが、
正しい名前は、「有楽町センタービルディング」です。
ん?「大型マリオンの採用」?
マリオンは建築用語からきているみたい。

新しい知識というのはあんまりないのだけど、
考えてみると、いろいろつながるようでした。
西武百貨店がどういう経緯でマリオンに入ったのかは謎。


関連リンク
日劇の昔の写真など
有楽町センタービル
東宝の沿革
[PR]
by aneppe | 2005-11-29 01:58 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(2)
山の上の大学で大こーふん
前の記事から続きます。

a0012640_192632.jpg

山にのぼる途中で、友人と連絡をとったところ、
理学部の新しい建物を案内しますよ」とのこと。
おおおおお!これが大こーふんの始まりであった。



地震の爪あと

a0012640_1105899.jpga0012640_111720.jpg
理学部の建物は一番上の写真のように、2棟からなっていて、
右側の建物ができたのが6年ほど前、
左側ができたのが2年ほど前で、
そのつなぎ目が、先日の大地震でやられてしまったそうです。
壁は破れ、床はズレてしまったのに、放置されたまま。



屋上より高く
a0012640_1131448.jpg
わたくし、高い所は苦手なはずなのに・・・、
案内されるまま、はしごを使って屋上より上にあがったのです。
いったい、何がかりたてたんだろうか。


a0012640_1163189.jpga0012640_1164494.jpg
のぼりきったそこには、柵も手すりもなかった!!
この緑色の床があるだけ。
ぎゃーー。こんな怖いところに来たことない。
もう一つ下に落ちるだけだというけど、
立って見下ろすことなんでできなかった。
足がすくむし、腰はひけるし、涙目になってきた。
幸い、落ちた人はいないそうだけど・・・。

崖っぷちに立ったら、こんな気分だろうか?
まるのうちで妄想したような、乙女っぽい屋上物語は、
そこにはない。もっと文学的か哲学的になって、
極限というものを考えそうである。
思わず、「こういう場所があっていいね」とつぶやいた。

a0012640_1185317.jpg
手すりのある屋上から。
吹雪の日にのぼったらどんな心地がするでしょうか。
手すりのないところを体験したら、
怖いものがひとつ、減ったかもしれないと思う。



天井高規制の境界

先日、教室の天井の高さについて書きました。
その後、実際に規制は撤廃されましたが、前にもふれた通り、
大学では一足はやく、2年前に撤廃されているのです。

つまり・・・
法律改正をはさんだ、2棟からなるこの建物では何が起こるか。
友人は検証していたのです。感動ー。
あいにくメジャーがなくて、はかることはできなかったのですが。


a0012640_1303719.jpga0012640_1304740.jpga0012640_1305713.jpg
新しい棟。
規制がなくなったので、天井は3m以上あってもなくてもよい。
左:天井が高い「講義室1」
中:廊下と講義室との天井の差。右が廊下。
右:それほど高くない「講義室2」


a0012640_1313521.jpga0012640_1314691.jpg
古い棟。
天井はすべて高い。天井写真は、左が廊下。


感動いたしました。
大学を訪ねるといっても、天井のことは結びつけて
考えていませんでした。現場にいると、リアルな話題だもんね。
わたしにとっては、思いがけないプレゼントをもらったみたい。



旅慣れないわたくしですが、まるのうちの延長で出かけたところ、
ツボをおさえた友人たちのおかげで、考えていた以上に
濃い体験ができました。
その後調べるのにはまったりして、4本立てとなりましたが、
こーふんが少しでも伝われば幸いです。



大きい写真


過去の記事
3.山のうえ篇
2.萌え篇
1.まち・企業篇

関連リンク
山の途中キャンパスの過去写真
米軍キャンプ施設解体風景など多数
山の上のキャンパス過去写真
[PR]
by aneppe | 2005-11-27 01:40 | ≫せんだい | Trackback | Comments(2)
せんだい【山のうえ篇】
せんだいでは、街中から歩いて登ること1時間、
妄想外に、山の上で大こーふん体験をしてきましたが・・・
そこに到達するまでの萌え風景を先にお伝えします。



ひろせがわ

a0012640_027352.jpg
♪ひろせがわ流れる〜
せんだいといえば、からすさん



山の途中キャンパス

a0012640_029482.jpg
左:好きなんだよね。
中:なぜか途中にバスが休む場所。
右:8月にできた保育園。教職員向け。法人化と関係あるのかなあ。


【サークル棟】
a0012640_0293651.jpg
左:焼きもの。かっこいー。
中:もう使われなくなったようでした。
右:古いサークル棟はどういう基準で建てられたのだろう。



山道の植物園

a0012640_0344324.jpg
先のキャンパス裏の住宅地をのぼって行くと、
薬学部の植物園になっている。自然のままなのかな。
右は、廃屋に猫さんが。

a0012640_035727.jpg
登りつめると、ようやく整備されてきました。
草木や動物たちの碑がありました(;_:)



山の上のキャンパス

【ニュートリノ】
a0012640_0375393.jpga0012640_0381031.jpg
萌える物体を発見!!
ニュートリノの実験装置、「東北泡箱」。
最近、大発見がニュースになっていましたが、
建物のほうは地味にみえました。


【山の上いろいろ】
a0012640_0542896.jpg
左:ここにもからすさんが。
左2:裏側。民間の寄付だけでできたとか。
中:かわいいコミュニティバス。
右:生協オリジナル。「コーたん」ってオタク仕様だよ!
  紅茶の「コーちゃん」の地域もあるみたい?説明が詳しい。



次の記事でようやく、大こーふんレポートです。


過去の記事
2.萌え篇
1.まち・企業篇
[PR]
by aneppe | 2005-11-27 00:58 | ≫せんだい | Trackback | Comments(2)
イケナイまるのうち
休日、東京駅直結で東京びるに上がってみた。
休日に行くのは好きではないのだが、そこには萌える風景が。

a0012640_1442129.jpga0012640_1443077.jpg

東京びるのロビーは、某社のエントランスですが、
通り抜けできるため、観光のおばちゃんがくつろいだりしていた。

「あら、引っ越しだわ」

会社の引越は、夜間や休日にするもの。
他のビルでも養生していましたが、入るのはためらわれた。
通勤電車に行楽客が乗り合わせるような違和感。
作業する人にも、おされな店を求める人にも、
相容れない気がするのだけど。
考えてみると、しっかりわかれているところは少なく、
店の入っているビルはどこも同じといえばそうなんだけど。
わたしはこういうミスマッチに萌えますが・・・。

さて、東京びると、みつびし銀行の裏に抜け道ができ、
そこからみる風景が新鮮で、写真撮ろうと思っていました。

a0012640_1451839.jpgこれがその唯一の写真。
このあと、前進して構えていたら
警備員に注意されたのだ。
「敷地内は撮影禁止です」
え!敷地内を撮るわけではないぞ!
と思ったが、要は銀行の裏に
さしかかると、警備が厳しいのだった。


a0012640_204997.jpgそしてこの道を抜けたところで、
某萌え系ビルヂングとぅさつ。警備員に訊ねると、
許可がないとだめ、とのこと。どこで許可とるんだー?
とぅさつするのもなんだと思って事前にきくと、
警備員にはたいていだめといわれる。
ひとの萌えも知らないで。


a0012640_147129.jpgさて、この日、まるのうちを
訪ねたのは、まにあっく写真を
とるためでした。
こちらは全部とりましたとも。
近日、レポートしたいと思います。

←みれなりおゴール地点
(とは関係ありません)

[PR]
by aneppe | 2005-11-25 01:53 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(2)
国旗お知らせの謎解き
以前、祝日の国旗掲揚のお知らせの書体が、
味のある手書きから、パソコンに変わってしまったのか、
という記事を書いたけれど、そのときだけでした。

a0012640_215433.jpg

みなれたものに戻ったことに、今まで気がつきませんでした。
なぜパソコンだったのか。たまたま?不評だった?

いいえ。推理できたのだー。

a0012640_2191796.jpg上の記事で、お知らせのあるビルは
一部だった、と書きましたが、
まるびるにもあることを
初めて確認しました。
オフィス側の入り口は未知のゾーン
だったのだ。
ガラスごしなのでぴんぼけ。

壊す前のまるびるの張り紙は写真でみていたのだけど。

ここで気がついたのです。
古いまるびるの張り紙と同じ、秋分の日の写真を見比べると、
同じ版下を使っているようです。

しかし、最近祝日は変更になっています。
だから使い回せなくなった。

でも、体育の日はちゃんとハッピーマンデーになってるし。

ここで祝日の一覧をみると、
体育の日が月曜にかわったのは、2000年から。
海の日が月曜にかわったのは、2003年から。

つまり、2000年までに制定された祝日の張り紙は、
すてきな手書きの版下があるが、2003年にかわったものは、
用意できていないと推測される。

残念ながら、同様に2000年にかわった成人の日と、
2003年にかわった敬老の日の写真がないので、
裏付けが乏しいんだけど、あれ?はってないな、
と思ったこともあったので、原紙がないせいだったのかもしれない。

何となく撮り始めて(昨年は殆ど撮っていなかった)、
もっぱらトップ写真を飾ってきましたが、
いろいろとおもしろい背景がありそう。
パソコン版をみてしまうと、やっぱり手書きは良いし、
記録としてもちょっとした価値があったかもしれません。

実際に祝日に来ることがないので、
掲揚されている光景は国旗記念日と、さーや御結婚の日にしか
みたことがないのですが、皇居に近い立地と、刻んだ歴史は、
いまどきビルヂングが建とうとも変わらないもので、
一種の風物詩のようなものなのかなあ、としみじみ思えてきました。
[PR]
by aneppe | 2005-11-23 02:27 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(2)
書きもの
a0012640_048056.jpg放課後。

みんなは暑いというが、
わたしは寒いので、
毛布(ストール)を肩からかぶって、
ちいさくなって、
手帖に書きものをしていた。

後ろを通った上司がひとこと。

「受験生みたいだな」

女学生ですから、と内心でつぶやく。

そういえば、パソコンの画面をみている限り、
勉強をしている、という感じはしない。
机か炬燵で、読んだり書いたりしなくっちゃ。

そして、空気の冷たい外に出て思い返していると、
はっと気がついたのです。

赤いマフラアの季節がきたのだと。
真冬では寒いので、今ごろ使わなくては。

そう思いついたら、少しきぶんが晴れました。

ホットペッパアのキャラがついた赤いマフラアを
しているのが、まるのうちをうろついていたら、
わたしでしょう。
手袋はやめておこう。
[PR]
by aneppe | 2005-11-22 00:53 | ウォッチング | Trackback | Comments(3)
せんだい【萌え篇】
わたくしの萌えと、意図された萌え両方とりあげます。
古いキャンパス、づんだ餅、メイドカフェ。



萌え系キャンパス

せんだいを訪ねた第一目的は、
とうほく大学の萌え系キャンパスの一部が、
取り壊しの危機にある、ということを知ったからでした。
こんなにまわりきれなかったー。
都市景観大賞にも選ばれていました。すてき。
應援團もありました。調べていけばよかったなあ。
(写真に撮ったものが壊されるわけではありません!)

【ふるい建物】
a0012640_1533713.jpg
とうほく帝大工学部金属工学教室、大正13年
裏側がみごとに紅葉していました。


a0012640_154847.jpga0012640_154181.jpg
とうほく帝大理学部化学教室、昭和10年
霞が関の文部省と似ているなあ。
時期はほぼ一緒。建設時の裏事情がここにありました。


a0012640_159294.jpga0012640_1594134.jpg
せんだい医専博物・理化学教室だとすれば、明治37年
かわいいたてもの。
ろじんの階段教室とすぐ近かったのに、そちらはいかなかった。


a0012640_203124.jpga0012640_204174.jpg
左:とうほく帝大附属図書館、大正14年
  ここだけは記憶にありました。うつくしい。
右:旧制二高物理実験室・本部庶務課会計課、明治24年、昭和9年
古めかしい感じがつよかった。


a0012640_212682.jpga0012640_214713.jpg
左:第二高等学校書庫、明治43年
  赤煉瓦には反応しちゃうなあ。
右:とうほく帝大工学部機械・電気工学教室、昭和5年
  趣きがあります。アーチ型の窓すき。


【その他】
a0012640_222883.jpg
左:某所ではかなり老朽化・・・
中・右:ゴミ捨て場みたいです!?


【新営工事】
a0012640_23234.jpg
一方で建築現場には萌える。新営って表記はお役所専門?



づんだ餅

a0012640_26105.jpga0012640_262240.jpg
春に東京で買って食べたものは、商売上手な某社が、
4年前に始めたもので、甘すぎた。
そのときに調べた明治から続く老舗で、づんだオフ会
したいねえと言っていたのがやっとかないました。
こぢんまりしたお店、上品でおいしかった。
キャンパスのすぐ近くにあります。


a0012640_272793.jpga0012640_274138.jpg
づんだとは関係ないけど・・・
お店のすぐ手前にあったビル。名前が妄想をかきたてる。
漢字だからインパクトあるんだろうけど。



メイドカフェ

せんだいにすでに3軒あるとか。
そのうち2軒を制覇!秋葉でも2軒しか行っていないというのに。
ネタとしてしか行ってないよ、萌える趣味はないよ。

a0012640_28146.jpg
わたしが行った、この記事の上の店と感じが似ていた。
どこかの真似をしていることは100%間違いないのだが。
メイドさん自ら調理するのか遅い。昔ながらの喫茶店の味。
たばこがけむかった。制服がまちまち。

a0012640_294457.jpg
こちらはせんだい初のメイドカフェ。
こぢんまりしたバーという感じで落ち着いていた。
秋葉と違って撮影禁止にうるさくない?
手作りゼリーとクッキーとともにとぅさつ。




大きい写真

山のうえ篇に続きます。


過去の記事
まち・企業篇
[PR]
by aneppe | 2005-11-21 02:14 | ≫せんだい | Trackback | Comments(2)
せんだい【まち・企業篇】
思い立って仙台へ行ってきた。

多少の土地勘はあるものの、きっかけはブログ関連でした。
妄想をはるかにこえ、ブログの延長となる話題がたくさん。
ここでレポートするために、いろいろ調べていたら、
何日分にもなりそうなので、分けることにしました。



高層ビルと展望台

【あえる】
a0012640_2118103.jpga0012640_21182228.jpga0012640_21183422.jpg

左:手前の茶色い建物は壊されてパルコになるそうです。
中:青空に同化しました。仙台で一番高かったビルを抜いた31階だて。
右:ちょうど風船がとんでいくところをキャッチ。


【えすえすサーティ】
a0012640_21284447.jpga0012640_21285519.jpga0012640_2129430.jpg

左:すみともせいめい仙台中央ビル=SS
中:こちらも青空に映えました。
右:仙台で一番高かった展望台。居心地はこっちのほうが好きかな。

これらはもはや一番ではない?



ホテル

【せんだいホテル】
a0012640_22392134.jpg駅前の老舗。
150年以上の歴史をもつ運営企業の
はくようけんは、駅弁、ホテルとも
営業譲渡し、特別清算に入った、との
ニュースを知りました
そんな歴史を今になって知るとは。


【だいいちホテル】
写真はありませんが、第一ホテルがリッチフィールドに
かわっていました。10月にかわったばかりみたい。
フランチャイズ契約を更新せず、自社ブランドになったようです。
ホテルがフランチャイズであったことも、
第一ホテルが阪急系になっていたことも知らなかった。
記事によると、
東京第一ホテル仙台は1973年、平成開発の親会社の阿部蒲鉾(かまぼこ)店が本社工場跡地に建設。ホテル運営のノウハウを学ぶため、第一ホテル(東京)チェーンに入った。
おお!だからてっぺんに阿部かまぼこって書いてあるのか。
30年でノウハウを学び、独立した、ということでしょうか。



百貨店

【さくらの】
a0012640_085775.jpg再生手続きが7年前倒しで終わった、
という明るいニュースがありました。
まいかる系ではなくなり、高島屋と
業務提携もしている。地方百貨店は、
大手と提携しているところが多いのですね。
全然知らなかった!
ちなみに、お隣、ふくしまではふるわず、
3月に閉店し、跡地利用も決まっていないとか。
もとをたどると70余年の歴史があったというのに。
こちらのレポートがとても詳しい。


【じゅうじや】
a0012640_0182647.jpg閉店セールは切ない。
最近はめまぐるしかったようです。
仙台じゅうじやは清算、
じゅうじや仙台店となりましたが、
じゅうじやはダイエーの子会社になった。
その後、3店舗の閉店が決まったようです。

a0012640_0233289.jpg百貨店共通商品券は、今後も全国で使える
ようです。会社はなくならないから!

ちなみに、お隣やまがたでは、同じダイエー系の
中合に、営業譲渡されるようです。



学校

【とうほく学院】
a0012640_0591561.jpga0012640_0592766.jpga0012640_0593984.jpg

学校という名の不動産、用地難で開発業者が注目
こんな記事をみつけ、いってみようと思った。
とうほく学院は移転するにあたり、森とらすとと水面下で交渉を進め、
売却が決まったという。

左:先のエスエス30のまんまえ。32階以上になるのか?
  なにヒルズになるのかなあ。それとも、森びる32か。
中:1万平方メートル以上。だだっぴろい。
右:「開校以来、永きにわたり、大変お世話になりましたことを
  深く感謝し、御礼申し上げます」
  学校がなくなるわけではないけど、地域とのふれあい、
  売却されることへの卒業生たちの思い。重い張り紙です。



調べていたらはまってしまい、結構なボリュームに
なりました。きいたことのあるところでも、
知らないことばかり。地元民には常識?


萌え篇に続きます。
[PR]
by aneppe | 2005-11-20 01:19 | ≫せんだい | Trackback | Comments(2)
半ドンのすごしかた
半ドンにした日。
おおてまちを歩き、お昼に入ろうと思った。
どこにお店があるのかわからない。
表立ってはそのようなところはみあたらなくて。


a0012640_0233148.jpgおおてまちビルヂングの地下へ
おりてみると、これがこれが。
東洋一長いビルだっただけあって、
お店は続くよどこまでも。

a0012640_0235079.jpg昔ながらのようなお店がたくさんあった。
いまっぽいお店に入ったけど。
お昼を食べたらうたたねしてしまった。

地下のお手洗いの方は、管理関係の設備が
あるのか、入っちゃいけない感じ。
そこがいいのだが。

a0012640_024833.jpg1階へ上がり、おおてまちカフェを
通ると、今の時間帯はオープンだと
書いてあった。らっきーだなあ。

もの書くふりしてまたもやうたたね。
取材が入っていたけど写ってないだろうな?



外に出ると、天気は悪いしとにかく寒い。
歩き始めると、運良く無料バスがやってきたのである。
そうだ、まるのうちシャトル1周を妄想したことがあった、
と思い出し、乗り込んだのである。

マップをみると、だいたいわたしの散歩範囲だが、
車窓からみるのもよかろうかと考えた。


a0012640_0243342.jpgパレスホテル。
入り口まで乗りつけるんだなあ。
これは歩いていてはできません。

a0012640_0245867.jpg噴水公園を通り、新丸びるの
建設現場を通りました。

a0012640_0251827.jpgめいじ生命館。
バスで通り過ぎるなんて
へんなかんじだなあ。

この後、テレビカメラを3台くらいみた。
なんだなんだ。

a0012640_0254781.jpg萌え系・三信びるも停留所。

その次のビックカメラの近くでおりた。
1周の2つ手前。

このあとブログネタ取材。

時間短縮にはならなそうだけど、
がしがし歩けない日には、ぐるぐるしてみようかなあ。
みつい村のバスもね。
[PR]
by aneppe | 2005-11-17 00:41 | 有楽町×大手町 | Trackback | Comments(0)