秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
きられたビルヂング
at 2017-05-14 23:45
静かな庭園★あさくさ
at 2017-05-01 23:55
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(54)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
つうしん教育その後
6月から抱えていた、つうしん教育
今月中に修了できなければ自腹!

この4ヶ月、禁欲的に勉強に取り組んできた。

・・・はずもなく。

ある意味、たかをくくっていた。
レポートは2回分あるが、採点期間を逆算して
ぎりぎりまでなまけていた。

ところが、解答する段になってみたら、Web応募できると
思っていたのが郵送であり、採点期間もかかるみたい・・・。

1回めのレポートは、ほとんどテキストをうつせばよく、
楽勝であった。土日があれば両方片付くだろうと考えた。

・・・無理であった。

2回目のレポートは、次の週末で片付けたが、
さっぱり自信はなく、名前かき忘れた気もする。
提出を終えても全く解放感がないのであった。

もはや、理解したり、身についたかよりも、
受講費が浮くことしか、目標でないごとく。

だけど、単にテキストや本を読み流すのと較べると、
少しは勉強になったのだろうか。
ブログの役に立つのは遠そうですが。。

というか、( )をうめるとか、鉛筆で書いて提出する自体、
久しぶりのことで、何か基本的な(試験テクニック的な)
ルールが本当はあったのだろうな、と思いながら、
学校みたいで、後戻りしたみたいな心持ちもしていた。



a0012640_19118.jpgそして、楽勝だった方の
レポートが返ってきた。
わお。赤ペン先生さながら。
こういう形式って
今でもかわらないものなんだ。

さて、次のレポートで修了できるでしょうか。
終わってほしいなあ。1万円あったら(ぶつぶつ)。

楽勝レポート
[PR]
by aneppe | 2005-09-29 01:14 | ウォッチング | Trackback | Comments(3)
ビルの天井の高さ
先日、教室の天井の高さについて書いたとき、
実際、どのくらいのものなんだろうな?と、
職場をうろうろ歩きながら考えたものであった。

a0012640_17515252.jpg廊下なんかみる限り、
ずいぶん低い感じがしたし。
でも、オフィスは高いところや
低いところがあった。

ところが何のことはない、おおやさんのサイトをみると、
各ビルの天井高まで記されていたのであった。
http://office.mec.co.jp/m241/UsrBldgList?ac=02

増築していたり、OA設置前・後など、
一筋縄でいかないデータではありますが、
天井高と竣工年でまとめるとこんな風になった。
2.500m・・・3棟(1963,1971,1973)
2.550m・・・1棟(1980)
2.600m・・・1棟(1960)
2.675m・・・1棟(1964)
2.700m・・・6棟(1962,1963,1965,1965,1966,1978)
2.750m・・・2棟(1981,1993)
2.800m・・・4棟(2002,2003,2004,2005)
2.850m・・・1棟(2007)
2.900m・・・1棟(2004)
3.150m・・・1棟(1928)
一番多いのは、2.7mですが、この時期に建てられたものが
多いともいえそうだし、細かい数字は案外違うものだなあ。

こんな記事をみつけましたが、
これによると90年代の主流が2.7mとあり、
だいたい10年で10cm、天井高の水準が高くなるらしい、
というおおまかな話がのっている。
それと較べるとむしろ、丸の内は高い方だったのかもしれない。
また、上の集計には入っていない、60年竣工の商工会議所ビルは、
他の同じ高さのビルに較べ、1階少なく、天井高を高めに
しているそうなので、3mくらいあるのかもしれない。
今世紀の新しい高層ビルは、2.8mであることを売りにしている。

個人的に目にする機会の多いところで、興味深かったのは、
低層部がくっついている建物の天井高が違うもの。

a0012640_17553372.jpga0012640_17554328.jpg

低いほうのビルは、2.675m、高いほうは、2.5mなのである。
なぜ違うのかわからないけれど、2階まではくっついてるんだよね。
最強の資料によりますと(原文は漢字)、
みつびしビルとみつびし重工ビルとは低層階で接続し構造上は一体としたが、高層部は巧みに切り離している。
と書かれていた。
巧みなのかなあ。みるからに離れているけど・・・。
a0012640_1756947.jpg

断面図をみると、みつびしビルのほうがワンフロアが
高くみえますが、近隣のビルから素人目にながめると、
重工(現モンブ省)の9階と、みつびしの10階が
同じくらいにみえました。

さて、また暴走してきたところで、先の集計をよくみると、
3mをこえているものがあります。
1928年にできた、萌え系・丸の内やえすビル(以前に撮影)です。
集計にはありませんが、1934年のめいじ生命館も、
8階までなので、そのくらいあるのかもしれません。

最近のビルが、少しずつ天井を高くしてそれを売りにしても、
昔の建物にはまだまだ及びません。
教室の天井が3m以上なのを、他のビルと同じくらい低くしたい、
というのが、時代の要請であるようだけれど、
ビルの天井高が高くなる傾向にあるとすれば、
何だ、やっぱり3mがいいねえ、昔の天井は高くていいね、
って、戻っていくのかもしれません。
そのぶん高層化するのは微妙だという気もするのだけど。

天井が高いのは、贅沢だけど、ゆとりがあるのはいいなあ。
[PR]
by aneppe | 2005-09-26 03:03 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(4)
おつかい
会社で必要な、或るものを買いにてくてく。

探し物は、専用のものはなく、漠然とイメージしながら、
使えそうなものをえらばないといけない。

まず、無印で300円の写真立てを候補とした。

次に、隣の隣くらいにあたる、あの道路の下にある、
オフィス・デポに行った。

えーーーっ!!
a0012640_21472835.jpg

昨年、オープン時に、デポまにあぶりを書いたのに、
ちょうど1年1ヶ月で閉店ですか。
この近郊だけで、毎年、出店したり閉店したりしている。
デポが入っているインズ自体、テナントが定まらない。
二つの意味で、大丈夫かー?と思う。

a0012640_21475065.jpga0012640_2148486.jpg

閉店セールにしてはすいているしなあ。
つい先日もここで、映画の前売り券をか・・・おうとして、
他で買ったんだった。
会社の最寄りの文具店で2000円くらいしたファイルが、
ここで400円くらいですんで、助かったりしたのにな。

というわけで、ネタだけ拾って買い物はせず、
銀座の伊東屋2号館までさらに歩きました。

ねらいは店舗用品。
相談にのってもらったら、売り場は小さいのに、
いくつもだしてきてくれて、念入りに試しました。

a0012640_2149111.jpgそうしてげっとしたのはこちら。
伊東屋直輸入品で180円。
調節もできて、小さいながら、
安定性もいい。高さ5cmくらいかな。
ここまで来てよかったよ。

会社を出るときには、くたびれていたのに、
いい買い物をしたなー、っていい気分で帰ってきた。

が、心地よく疲れたために、定時すぎると同時に、
うたたねしてました。きもちいいな。
[PR]
by aneppe | 2005-09-23 01:17 | モノ・お店 | Trackback | Comments(2)
秋のよながに
夜、じーっと横たわっていると、
ただ、秋の虫の音がきこえる。

実際には遠くに車の音もするのだが、
虫の音に包まれている部屋。

音楽も扇風機の音もなく、
何も手にせずただ、じーっとしていた。

無になりたいなぁ。
無になれるかなぁ。
嵐が、過ぎさらんことを。

友人が、十五夜に二時間月をながめていた、と
書いていたなと思い、メールしてみた。

わたしもときどき起きだして、月をながめた。
同じ月をみているんだね、何だか不思議だね。

感傷にふけっていると、ふだん考えないことなど思い浮かぶ。
月はずっと昔から、かわらず、ながめられてきたんだなあ。
遠く離れていても。


・・・寝つけるだろうかな。
[PR]
by aneppe | 2005-09-20 01:16 | ウォッチング | Trackback | Comments(3)
まぼろしの街燈
a0012640_11273389.jpg

日がみじかくなりました。

先日、まだ早い時間だというのに、ビルヂングの前には、
一台のトラックと、ひとの群れ。
野次馬するのは、わたしだけでじゅうぶんなのに?

a0012640_1128193.jpga0012640_1128983.jpg

見守っていたひとたちは、
野次馬ではなく、まるのうちの大家さんたちで、
新しい街燈の試験点灯をしているのだとか?
ずいぶん高いところに灯っていました。

・・・野次馬して写真とってるのは、、、怪しいOL風だけかな。



a0012640_11282634.jpg

しみじみ・・・夜に撮ったことなかったなあ。
昼間よりも、いいかんじです。作業員もしっかり。



次の日、それらしい街燈はなかった。

写真をみかえせば、ポールはもともとのを使っている
ようだけれど、クレーンで支えているのだから、
臨時の場所であったことは想像されるのだけど。

まぼろしだったのかなあ。

まぼろしとか、ゆめとか、もうそうと、うつつがまじるね。

だれか、つねってくださいな。
[PR]
by aneppe | 2005-09-19 01:22 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(4)
お洒落なきむらや
ちょうど1年ほどまえ、新橋のディスカウントショップ、
キムラヤ倒産、のニュースが流れました。

新会社のもと、新たなスタートをきったそうです。
昨年は、目と鼻の先にドンキ・ホーテもできて、
真っ先に、キムラヤは大丈夫かなぁと思った覚えがある。
直接の原因は、そういうことではないようですが・・・。

さて、女性もターゲットとしてかかげられていますけど、
新橋ですよ?
銀座も汐留もすぐ近くですし。

イメージアップといえば思い出すのは、
秋葉に点在するソフマップ。
有楽町のソフマップは女性客を意識している。が、どうかな。
新橋に点在するキムラヤは、どうだろうか。半信半疑。



a0012640_11312730.jpg
線路をはさみ、いわゆる新橋の側は、このような店構え。



a0012640_11314996.jpg
銀座側へでると・・・おお!!
ほんとだ、女性客ねらいとは、こういうことか。
改装前はごちゃごちゃした感じで、携帯電話とか、
売っていた気がするが、
1階は開放的で(風がびゅーびゅー)、
天井がとても高く、蛍光灯が多くてとにかく明るい。

a0012640_1132764.jpga0012640_11321514.jpg

明るくてきれい、清潔感があります。
食器まで売っているのには驚きました。



記念にヘアワックスを買おうと思ったけれど、
男物しかみつけられなかった。おい。。。新橋だしな。

オープン1週間でしたが、女性客は多かったと思う。
全体としてはがらがらでしたが。

土地柄、違和感がなくもないけれど、
新規出店もあるそうだし、新境地をみる機会もあるかもしれない。

個人的には、新橋側のお店でたいへんよくしていただいた
ことがあり、倒産のときには心を痛めましたが、
こぎれいな店でなくても、あたたかい思い出が残っています。


関連リンク
キムラヤ新橋銀座口店・・・レディース館だったのか。写真充実。
スポンサー契約締結について・・・支援企業
再生手続き終結について


過去の記事
愛しのミンティア
ソフマップとビックカメラ
[PR]
by aneppe | 2005-09-17 02:26 | 企業・業界・広告 | Trackback(1) | Comments(2)
教室の天井の高さ
a0012640_11342211.jpg


先日、このような記事が新聞にのっていた。(クリックで大きく)

建築物の天井の高さは、2.1m以上と定められているが、
学校の教室は、明治以来、3m以上と特別扱いになっている。
その規定がなければ、コスト削減になるという、
草加市の再三の働きかけもあって廃止へ、という内容。

一読して、素人のわたしが思ったことは・・・

・教室の天井って、他より高かったっけ??
・昔より今の子の方が、背が高そうなのに低くするとは!
・子供のためになる、でなくコストが理由なの?


などであった。(疑問の解決は最後の方に)

そこでわたしは、草加市と国土交通省とのやりとりと、
今回、3m規定を廃止すると結論づけた、
文部科学省の協力者会議による中間報告書を読んでみた。

これが、わたくしの頭にはちっとも入ってこないのですよ。

草加市と国土交通省とのやりとりを、
わたしがかみくだくと以下のようになりました。

コスト削減、選択の幅を広げるため、2.7mに緩和してほしい
規制改革・民間開放推進三か年計画に基づき、
調査を行い、17年度中に結論を得る予定

2.7mで弊害はあるのか、特区または実験校にしてもらえないか
→換気の面では問題がないが、心理面では不快感も報告されており、
実証が必要で、その結果を待たないと特区の適用も難しい

・・・あれっ。二項目に集約されてしまいました。

国土交通省が盛んに、いや待ってくれといっていたのが、
今回の、発表された調査報告だと思われます。
年内にも改正、と新聞にあるので、少し早まったのかもしれません。

さてその、文部科学省の中間報告ですが、
最初に書いた、わたしの疑問を少し解決してくれました。
新聞では、あたかもコスト削減のため、と読めたことについて。

実際、30cm低くした場合、1.5%のコスト削減になったり、
高さ規制をなくすことで、他の建築物を学校に流用することも可能になる。
が、規制緩和はあくまで創意工夫する教室環境づくりを
促進するためであって、コスト削減のためだけに学校づくりを
するのであってはならない、と強調していることです。

ちょっと安心いたしました。
これからは、ビルヂングみたいな校舎とか、
画一的でない、奇抜な校舎がでてくるのかな。

さて、あと二つの疑問ですが、
天井の高さは、体験しないとわからない。
ってことで、潜入できないかと考えてみましたが、
選挙の投票のときに、教室をのぞきこんでみました。
・・・わかんないよ!
でもよくみると、扉の上から天井までの掲示物が、
半端じゃない。うわ、やっぱり高いや。

昔の子より大きいのに低くするなんて、については、
昔はすしづめ学級対策の換気のために高かったと思われ、
日本人より大きそうな海外でも、
2.7m以上と定めているところも、多いらしいから問題なさそう。


二つの資料を理解するのが、えらい大変だったわりに、
とりあげる部分は少ない。もしや、本当はシンプル?


資料的にいくつか、リンクします。

現在の建築基準法施行令・該当部分

大学の天井の規制がはずれたのは最近です
規制緩和についての意見(広く意見を募集したのに意見は2件!)
規制がはずれたのは、平成15年9月


●慣れない資料をもとに、引用はせず、わたくしの
言葉で書いていますので、ニュアンスの異なる部分もあるかもしれません。


■追記 2005.11.1
規制は撤廃されたそうです。
紹介記事
[PR]
by aneppe | 2005-09-15 03:29 | 他のまち・建物 | Trackback(4) | Comments(7)
あくしゅ
先日の天声人語で、日本人と握手について書かれていた。
維新より前は宮中にも庶民にも握手の習慣はなかった。今でも日本人同士はまずしない。出張先の外国でやむなく握手することはあるが、気恥ずかしさが伴う。できれば省きたいとも思う。(2005/09/04)

握手というと、政治的な場面が思い浮かぶ。
テレビカメラの方を向いて、和解や合意の握手。
スポーツや音楽でもあるかな。それから、有名人の握手会。
友達とふざけていて、思わぬところで意見があって握手とか。
形式的なこともあるかもしれないが、特別な場面が多そう。

特別以外で、「日本人同士はまずしない」のはどうだろう。

思い返してみると、無意識なことだけど、
自分から手をさしだすことはない気がする。

先日、ひとと別れるときに、手をさしだされた。
えっ?と一瞬思うけど、ふれるのも一瞬だけど、
てざわりとか、体温をかんじる。
わたしの感覚では、もう会えないみたいじゃない?
とさびしいように思ってしまうのだけど、
その「時」を大事にしてくれたのだろうと思うと、嬉しい。

めったにしない分、特別に印象に残ることもある。

女学校のころ(共学だけど)、友人とバスを待っていたとき、
観光できたという男性が、突然握手を求めてきた。
友人は戸惑って断った。
恐らく彼にとっては、旅先での記念写真のようなもの
だったのかもしれず、思い出深いものになったのかもしれない。
でも、ねぇ。女学生には、「気味悪い」でしょう。

それより前、わたくし自身の恥ずかしいお話ですが、
ずうっともやもやもんもんとしていたことがあったのが、
ちから強い握手をしてもらうことで、
ずっととけなかった雪が、その体温、そのちからで、
融けだし、目の前がひらけたことがあった。

特別な、たくさんの思いがこめられた握手、
こめられた以上のものをうけとり、忘れられないものになる。
こめた方は、記憶のかなたなのだろうけどね。
[PR]
by aneppe | 2005-09-09 01:50 | ウォッチング | Trackback | Comments(6)
哀愁のおおてまち
くさくさとしているときは、歩こう。

六時すぎ、職場をでると、空は異様に妖しい色をしていた。
西のほうは、あざやかな夕焼け、
北のほうは、うすい紫色の空にビル群がそびえ、
違う街へ迷いこんだかのようだった。

二人ほど、携帯電話をかざしている人をみかけた。
もしかして、まさか、空を撮っている?と思ったが、
実際、後にネットでも今日の写真をのせている人はたくさんいた。

「ところで怪しいOLさん、どこへいくの?」
「あてどなく歩くよ」

a0012640_11455355.jpg歩きづらいサンダルで、
おおてまちへ向かう。
「東洋一」であった、
おおてまちビルヂングを
通り抜けた。

a0012640_11461241.jpgおおてまちを通り抜けると、
神田方面。
ある企業の入り口がかっこいい。
ビル自体の入り口をみると、
これもぢしょさんのビルだ。


その近くのお店には、巨大なリサちゃんがいて、
とうさつしようとしたら、お店の人と目があってやめた。

遠回りしながら、神田駅へ向かい、
一応設定した目的地、金券ショップへいき、
10円しか安くないメトロカードを買い、歩くのは終了。
1時間と歩かなかった。

a0012640_11463573.jpgおおてまちも神田も、道が暗い印象だった。
暗い道であてどなく歩いて、
発見があるのもおもしろい。
気分は晴れなかったが。
だけど、それなりに疲れて
電車でうたたねして、
きもちよかったよ。
(写真は昭和33年)

じっとしていないでよかった。
[PR]
by aneppe | 2005-09-08 01:52 | 有楽町×大手町 | Trackback | Comments(5)
夢ならさめないで
a0012640_14451232.jpgまるびるに、
あらーきーさんが来るというので、
とうさつしに行きました。
・・・いえ、
あらーきーさんは、
練習風景や公演を
撮りにきたので、
主役ではないのですが。


a0012640_14453368.jpgNHKらしきをキャッチ!

わたしは写真がうまく撮れなくて、
カメラにかじりつきっぱなし。
あらーきーさんいないし。



すると・・・

わたしにとって重要な或る人物が、挨拶に立ちました(写真は下で小さく)
わたしはつい最近、そのひとのことを知り、
どんなひとなのだろう?と考えるようになりました。
まるびるに来る途中にも、もしそのひとにばったり会ったら、
何と話しかけよう?と、大まじめに考えていたのです。
そのひとは、二つの道で有名なひとです。
でも、わたしはいずれにも詳しくありません。
友人を通じ、紹介してもらおうにも、時期が早そうだ。
でも、ばったり会ったら話しかけなきゃ!
ああ、うちみずのときはあんなに近くにいたのに。

・・・まさか、ここにいらっしゃるとは!

すっかり、あらーきーさんどころでなくなりました。



a0012640_14455454.jpg気をとり直して、
メインイベント。
1時間半と書いてあったけど、
演奏時間2分。
そのためにこの指揮者さんは、
外国からとんできたそうです。
でも和やかそうだったよ。



a0012640_14461175.jpga0012640_14462132.jpg

えっ!
いつのまに、あらーきーさんが、いらっしゃってましたよ!

今日もわたしは、マスコミのすぐ脇で詰めていたので、
テレビに変なOL風がうつっていたら、わたしでしょう。



このイベントは、新生まるびるが、明日で3周年の記念。
月日がたつのは早いね。シャンパンをいただきました。
が・・・これがまた、すきっぱらに凄い勢いで効いてしまい、
イベント終了後、壁にもたれて頭がぐるぐるしていました。

参加者、関係者は打ち上げをしていましたが、
ご近所さんに声をかけていただいたので、ちゃっかり潜入。

a0012640_14463736.jpgおお、先ほど挨拶に立った、
注目のあのおかたが、乾杯の音頭を。
小さくのせよう。

そこでまた、参加者でも関係者でもないわたしが、
さらにワインをいただいて、やばいねやばいね。
いっちゃうよ?いっちゃうよ!!

ご近所さんに頼み、わたしを紹介してもらいました!!
時期尚早なのに。酔ったいきおいだよ!!
だけど、道でばったりと違って、フォローしてもらったし、
日ごろの妄想のおかげで、言葉に詰まることもなく、
ちゃっかり、あおいちゃんの評判まできいたりして、
夢のような、大興奮のできごとでした。



帰り際、もう一方とお話することができた。
この地域の再開発協議会のかたです。説得力あり!
日ごろの観察での疑問をきいてみたり、
今後の開発についてのお話もきくことができました。
これは、近日の記事で、取り入れたいと思います。

仕掛人の企画にのっからず、独自路線で観察・研究をしてきて、
表には出られない気持ちがあった。伏せ字だらけだしね。
それがついに・・・



ブログは、会社では通用しないが、個人の持ちネタとして、
積み重ねができてきたということかもしれない。
そして今年に入ってからのモンブ省の人たちとの出会い。
根元をたどれば、まるのうちだから、起こりえたこと、
仕掛人たちのおかげだったのです。


さて、恐れおおくも紹介してもらったおふたりには、
偶然にも、こんな呼び名があるようです。

「ミスターもんぶしょう」
「ミスターまるのうち」




a0012640_14465812.jpgおそらくはお酒のちからで、
紹介してくれたご近所さん、
ありがとう。

誤字ですって→

[PR]
by aneppe | 2005-09-06 02:49 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(2)