秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
映画★まるのうちさん
at 2017-10-01 19:40
くまちゃん★すりばち
at 2017-09-07 00:28
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
とうきょう地下鉄
a0012640_2164873.jpg

「東京地下鉄って何。東京メトロじゃないの」
「東京地下鉄は会社の名前で、メトロは愛称だよ」

a0012640_2171740.jpgわたしは、名前が変わっても、
天の邪鬼なのか適応能力がないのか、
古い名前を使うのが好きです。
マスコミなどで強制的にふきこまれて、
慣らされてしまうのが、現実なのだけど。


が、新しい方がぴんとくる場合もある。

営団地下鉄は民営化されて、東京メトロになりましたが、
東京では地下鉄の代名詞なので、名前を言う必要がない。
都営と区別するならば、営団といったりするけれど、
帝都高速度交通営団、という響きはあまり好きではなかった
(営団とは、第二次大戦中に国策事業を行うために設けられた特殊財団)

そこにきて、東京地下鉄という会社名はいいなぁ。
最近しみじみ思っている。
メトロはピンとこないが、隠れている社名のほうは来た。

しかし実は、新しい名前は古かったのである。

営団地下鉄の前身・初めて地下鉄を開通させた会社は、
東京地下鉄道という名前だった。おお、似ている!!
地下鉄博物館の年表では、
「1920年 東京地下鉄株式会社創立」と書いてある。たぶん誤植?

なぜ、会社名を東京メトロにしないのだ、という意見も尤もですが、
わたしには安心できる名前。結局、古い語感が好きなのかしらん。

さて、電車がらみは別世界なので深入りはしませんが、
いくつかおもしろいものを発見できたのでご紹介。

地下鉄 銀座線ストーリー
東京地下鉄道と東京高速鉄道(東急系)のドロドロ。

幻の新橋駅
上の二社のドロドロによって存在する幻の駅のレポート。
普通の人は入れないそうなので、貴重。萌える。

東京地下鉄と創設者早川徳次
こちらは「東京地下鉄道」と記述されている。

ここでひとつ、とりびあ。
早川徳次」でひくと、もう一人、ある人物がでてくる。
シャープペンシルの発明、シャープ株式会社の創業者と同じ字。
シャープペンって古いんだなぁ。脱線するからやめておきます。
[PR]
by aneppe | 2005-07-30 23:45 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(2)
あんてなは外向き
「すみません・・・」

ぼうっと歩いていたら、おねいさんに声をかけられた。

雑居ビルというのは、案内が乏しかったりしてわかりにくいものだ。
特に、内部の人が常駐していない場合は、
誰にきいたらいいかもわからない。

「○○会議室の鍵はどこでもらえますか?
△時には開いているときいてきたのですが」

みると、△時から1時間すぎている。何てこった。

「M省の会議室なので、M省の人がもっているのではないですか?」
「N府の担当者が来るはずなのですが」
「えっ?N府は丸の内じゃないですよね」

何の解決策ももたない俺。
そこで担当者を待つにも、すわる場所もない。困ったなぁ。
ビルの管理センターにきけばわかるだろうか?

「わたしは全く関係のない者でわからないのですが、
M省にいる知り合いにきいてみましょうか・・・」

と今ごろ、部外者であることを名乗る。
電話をかける用意をしていたら、N府の人がきたので解決。

不安な人の話し相手になっただけで、役にたてなかった俺。
今後の参考に、鍵の管理がどうなっているかは調査しておきました。

雑居ビルは、「隣は何をする人ぞ」なのだろうけど、
それではつまらないなぁと思っている。
今のビルに来て、助けてもらったことが一回。
助けられなくて悔やんだことが一回。
日頃の観察が、何かの役にたつといいのだけどね。
今回は、次につなげる情報を得たのでよしとするか・・・。

自分のいる会社の鍵がどうなっているのかは全く知らない。
外ばかりみているのがバレバレな行動であることよ。
[PR]
by aneppe | 2005-07-28 01:53 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)
アキバ犬と犬うし
a0012640_2191722.jpg

ニュースサイトをみていたら、みなれない言葉をみつけた。

「アキバ犬」

姿は何となくみたような感じである。
アキタ犬とかけているのでしょうか。

秋葉原の再開発地域において、デザイン拠点を構想中なのだという。
そこで、ミュージアムオープンに先駆けて、廃校で美術展が行われる。
で、この犬は・・・
仮設美術展の期間中、「モバイルミュージアム」と題した試みも行われる。これは、クライン・ダイサム・アーキテクツがデザインした「アキバ犬」を秋葉原の街に放つプロジェクト。アキバ犬は犬の形をしたオブジェであったり、紙袋であったりと、期間中、進化を続けるという。「街はアキバ犬であふれ、ミュージアムに行きたくなる」。(日経・KEN-Platz)

ど、どんな犬くんたちなのでしょうか。
丸の内の牛くんたちを思い出します。

オフィシャルサイトがかっこいい。
とても秋葉原とは・・・。
アキバ犬はキャラクターになっているっぽい。
しかし片仮名でアキバというと、
萌え文化発信地としての秋葉が彷彿とさせられ、
犬が2次元で描かれているのも、アキバ的といえるような気がする。
街のイメージチェンジというよりは、
接点をつくっているのかなぁと考えたりもした。

さてこの犬くん、誰かに似ていると思ったのだけど・・・
a0012640_1243870.gif

まっくの開発者向け、往年のマスコット、犬牛さんと似ているかも。

秋葉は犬、丸の内は牛、あわせもったのが犬牛さん?


※アキバ犬の写真、引用記事の元サイトは、登録者しかみられません。
一般でみられてもいいと思うんだけどな。

D-秋葉原テンポラリー プレスリリース

※いぬうしさんについて
Moof! in Mind!
歴史など
[PR]
by aneppe | 2005-07-27 01:29 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(2)
ドキドキ★
職場が寒くて、膝かけを肩からかぶっていたときであった。

「寒いの?」

突然、声をかけられた。
びっくりして振り向くと、席は近いが、ほとんど
話すことのないひとであった。

「はい・・・」

「あっためてあげる」

言ったかと思うと、「きゅっ」と軽く一瞬、後ろから、
・・・あたためられちゃいました!!

離れた後、口をついてでた言葉は、

「ドキドキ・・・」

向こうも、

「私も、ドキドキ・・・」

しばらく、動悸がおさまらなかった。
思い返すと、周りに同僚たちはいなかった。
誰も、目にしたひとはいないだろう。

も、もしかして、わたしのこと・・・と妄想してみる。

でもきっと、そのひとはわたしに幻想を抱いているのだ。

幻想は幻想のままに。
[PR]
by aneppe | 2005-07-24 11:47 | オネエチャン | Trackback | Comments(5)
愛ぶっくと京ぽん
二日前、ぼんやりとアップルストアへ立ち寄った。

お話すること1時間弱。くたびれて思考も弱り、
買っちゃいました、あいぶっく。

愛機ではデジカメもつなげないし、今年はいよいよと考えてはいた。
機種については、いつもみているブログの記事をみて、憧れてもいた。
使用感などを訊ねたところ、その日の朝メールをいただき、
直接的には、ほとんどそれが唯一の決め手だったのである。
アップルのサイトは、買ってからみたほど。

a0012640_21112439.jpg8年ぶりの高い買い物であるのに、
この無計画さよ。
とはいっても、当時の半分も
お金がかかっていないけど。

写真は97年からのまっくくん

この先入観のなさがよかったのかも。
懸念していたことが、次々崩されていきました。

ネットとデジカメは簡単につながり、
スカジー対応の各種周辺機器もすべて認識させることができた。
クラシック環境はもうないのかと思っていたので、感激。
電源ついていないかと思うくらい静かだし、起動も速い。
音楽も身近になりそうだなあ。テキスト打っても美しい。
最小限のことしか試していないので、
これからいろいろとカルチャーショックを受けそうだ。

さて。

店で京ぽんをいじっていたら、対応したアップルのスタッフが、

「フルブラウザーが使えるやつですか?どうですか?」

ときいてきた。音は良いし安いし、丸の内の職場で携帯は圏外、
これならバリバリですと、ウィルコムの宣伝をしてきた。

後から気がついたが、京ぽんは、箱・本体のデザインが、
iBookを意識しているので話題になり、合わせている人もいたのだった。
しまった、わたしのはPowerBook色だが、無理矢理記念撮影するよ。
a0012640_21113662.jpg

というわけで、初更新です。
appleもDDIポケットも、危うい時期がありましたが、
信じてきて、変化をみてきて、感慨深いものがあります。
a0012640_21114515.jpg

起動画面、左が古いほう。

もっとまえからいる子
[PR]
by aneppe | 2005-07-23 12:38 | モノ・お店 | Trackback(1) | Comments(8)
くうちゅう写真☆まるのうち
まるびるで写真展をやってるのでみました。

戦後の日本を米軍が撮ったスナップ。
鮮明なカラー写真でみられるのが不思議。

さてわたしが立ち止まったのは、空中写真です。
1945年11月に、まっかーさーの専用機が撮ったものを、
とうさつさせていただきました。
a0012640_21135698.jpg

終戦直後ですが、ざっとみて今も残るのは、
中央郵便局丸ノ内八重洲ビル(壊されちゃう)くらいじゃなかろうか。
何が眼をひいたかって、
右下のほうにある、新丸の内ビル建設予定地が、池になっている。
そして現在は壊されたためにやはりぽっかり空いているのだった。
どっちにも写っていない悲しいビルヂング。

だんだん気になってきたので、昼休みにメモって参りました。(12:56までねばった)
「中央に丸ビル。その右手の四角いプールのような水面は、新丸ビル建設を中断、巨大な防火水槽として使用したもの」
だそうです。焼け跡とはみえないものの、時代を感じて衝撃でした。


a0012640_2122596.jpg上の写真ではみえにくいのですが、
素敵な建物を犠牲に今度復元される、
みつびし一号館(左)などの
煉瓦づくりの建物が並んでいるのも、
おお、本物だーという感慨でありました。


a0012640_1505255.jpgだんだんはまってきて、
自分で空中写真も探してみました。
もう少しあと、1948年の写真より。
上の方の黒いのが新丸ビル予定地。

大きいのは、ここで。

最近のものは、話題沸騰ぐーぐるまっぷで。
ドラッグでみられて便利です。壊される前のようです。




ほかに、おもしろいものをいくつかみつけましたのでご紹介。

a0012640_1515731.jpgみつびし二号館模型
これを壊した後にできたのが、
重要文化財の
明治生命館だそうです。

つくった建築家と経緯


a0012640_291930.jpg丸の内再開発計画
1988年に発表されていました。
こ、こわいんですけど!!


丸の内 ブランドの街並
ものすごく詳しい。網羅されてる。
[PR]
by aneppe | 2005-07-21 02:22 | 秋葉×丸の内 | Trackback | Comments(7)
萌えるおおてまち
はずかしながら、「かっこいい大手町」は、
丸の内寄りだけをみて評していました。
萌える予感がしたので、散策をしてきました。



a0012640_2117930.jpg丸の内の反対側、
神田側から歩きました。

高速道路をくぐると大手町であった。

かっこいい経団連会館。
高架が邪魔をして、よくみえない。


a0012640_21175730.jpg裏にまわってみると、ごく地味(左側)。
日経新聞と隣同士です。

この写真、貴重になるかも。



a0012640_2119596.jpg

おお!
官庁ふぇちにはたまらない遭遇。・・・って壊しちゃうの?

a0012640_21194375.jpg

左は2号館、右は1号館(奥)と2号館。

この跡地に上の経団連や日経が移転するそうだ。
ホットなニュースで、「みらい地図」には小さくふれられているのみ。
この記事によると、
「大手町では、合同庁舎跡地を起点として、老朽化したビルを
次々に建て替えていく連鎖型の都市再開発がスタートする。」
のだそうです。確かにこの辺りと丸の内寄りとでは、別の街のようでもある。
働く人たちはバタバタと大変でしょうが・・・。
(詳しいプレスリリース/日経の移転のニュース



a0012640_2121122.jpg
みつびしばかりでなく、うーえふじぇいも撮りましょう。
全体をとるのがとても難しい。太陽も邪魔をする。



a0012640_21214969.jpg

またもや、取り壊しに遭遇です。ゆうせいこうしゃ。



遠くに見慣れない、古めかしい某銀行のロゴがみえて、
ふらふらと歩いていったら日本橋であった。
今日は大手町ということで、やめておきました。

わたくしにとっては、萌え要素満載の街でした。


他の写真はこちら
[PR]
by aneppe | 2005-07-19 01:48 | 有楽町×大手町 | Trackback(1) | Comments(6)
国旗のお知らせとおっことすポスト
a0012640_192653.jpg

前にディープにご紹介しましたが、
「丸の内の大家さん」(ぢしょさん)の管理下のビルでは、
祝日(+α)になると国旗が掲揚され、
その数日前から、お知らせの紙が立てられます。
味があるので、思わず毎回とっているんだけど。もとは手書きだよね。

さて、久しぶりの祝日がきますが・・・
なんと!!!
a0012640_1922894.jpg

つ、ついにパソコン化ですか・・・
しかもゴシックだし、雰囲気ないし・・・

そこでまず、思ったこと。

きっと、各ビルで自由に作ることになったのである。

これは、近隣のビルも同じだったので、崩れました。
まじですか、このタイプが共通になってしまったのか。

ところがであった。

大手町の「丸の内の大家さん」ちへ行ったところ・・・
a0012640_1923945.jpg

をを。
こちらもパソコン化しているけど、雰囲気は似せている。
同じ町内会なのに、書いてないのは気になるけど。

そこで新たな仮説が生まれました。

大手町、丸の内とで違うのなら、有楽町バージョンもある!
(これまでの手書き版は青山でもそうだったので、共通だったと思われる)

これはすごいぞ、と残業帰りに、入ったこともないビルを、
じぐざぐに、不自然に、通り抜けまくったのである。

衝撃の事実が待っていました。

有楽町寄りの丸の内のビルは、そのプレートは、見当たらなかった。
有楽町も、同様だったのである。

丸の内全部はまわっていませんが、
みつけたのは、限られた一帯だったのである。

同じ大家さんのもと、ローカルの規則だと思っていたのに、
軽いショックであった。もっと局地的な慣習だったのか・・・。
有楽町は町内会は違うということなのかもしれませんが。

国旗自体は、プレート下げていないところも掲揚しているのでしょうか。
祝日(+α)に通る機会があったら、みてみよう。

ちなみに祝日前夜は、国旗が廊下で横たわっていて、萌えます。


さて、いろいろまわったので、おっことすポストを新たに発見しました。
a0012640_1924933.jpg

[PR]
by aneppe | 2005-07-17 01:35 | 秋葉×丸の内 | Trackback(1) | Comments(5)
みらい地図
方向音痴のくせに歩き魔なので、地図は手放せません。
大江戸線ができたとき、買い換えようとしたら、
その出版社はもうないことを知りました。
それに代わる気に入ったものもなく、そのまま使っています。

というわけで、地図は滅多に買いませんが、
何かで知って書店までみにいったのが、この地図。

a0012640_1324525.jpg


思ったより大きいし、ひらいてみると詳しすぎて、
こりゃ、ふみこんではいけない気がしてためらいましたが、

a0012640_19202374.jpg


このページをみつけて、即買い。ああ、ふみこんだ。
古い地図ばかりみていたのが、いきなり未来だよ。

ネットで新しい情報はみられるわけだけど、
整理、網羅された紙で残るのは、意義深いなーと思って。

再開発事業だけではなく、萌え萌えの古い建物ものっているし、
大化の改新以来の東京都市開発年表もある。

書店では普通の地図売場にありましたが、意味がちょっと違う。
いろいろな資料がのっていて、ぱらぱらみたら楽しめそうです。
[PR]
by aneppe | 2005-07-15 01:34 | ウォッチング | Trackback(1) | Comments(10)
夢のまねをする
けさ出勤前、ふいと朝方みた夢を思い出した。

職場の机まわりを彩る、あおいちゃんの夢。

・・・
あおいちゃんがいたので、みんなで写真を撮ろうとする。
うまくとれたとかとれないとか・・・、
あ、あおいちゃんとツ、ツーショット??
どぎまぎ・・・。
ふとみると、あおいちゃんはわたしと同じ服を着ていた。
あおいちゃんが着ると可愛いなぁ。

・・・

印象的な夢をみると、何でだろう?と関連を考えてみる。
今日のは明確である。

きのう、きかれもしないのに、ひとに話したから。
「あおいちゃんが好み。好みというか・・・」
と言いよどんでやめた。
思い入れはうまく言葉にならないし、語る場でもなかったので。
きっと、その言葉にできなかった思いが、夢となってでてきたんだ。
会ってみたいなどと思ったことはないけど。

そんな夢を思い出して嬉しくなったので、
そのときもう、GAPのおとなしいTシャツを着ていましたが(通勤着ですのよ)
「あおいちゃんとおそろいの服」に着替えたのである。

夢を夢みていました。
夢うつつ。

会社についたら忘れ物をしたことに気がついた。
いえ、ただぼーっとしていたのでしょう。


◆過去記事
夢と潜在意識
広告ブックカバーと夢
他人の夢に登場する
[PR]
by aneppe | 2005-07-13 00:54 | オネエチャン | Trackback | Comments(5)