秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
ちいさくなった建物たち
at 2017-06-19 00:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
OLが喜ぶもの・・・?
a0012640_211395.jpg

リクルート社のクーポン誌のイベントに行ってきた。

相当な量のサンプル品等がもらえるので、
何千人だか何万人だか集まる。
混乱を避けるため、抽選で時間まで指定。

なかなかよくできたイベントで、
各社のアンケートに答えなければならないものの、
ブースに並ぶ間に答えればよいし、
その数に応じ、クーポン誌のキャラクターグッズがもらえる。
アンケートは、個人情報は書かなくて大丈夫。

a0012640_2123823.jpg難を申せば、異常に効率の悪いブースがいくつかあること。
企業の太っ腹具合に差がみえるのは意地悪な見方でしょうか。

ローソンのシュークリームと、カネボウのアイスは、
ちゃんとした量であり、おいしい思いをいたしました。

←ぶいさいんしてくれたよ。


持ち帰ったのはこんな!!!
a0012640_2131915.jpg


a0012640_2135552.jpgそして・・・
最後にもらったキャラクターグッズ。
あんなに探した女学生グッヅの
赤いマフラアが、、、
キットカットでないのが残念だけど。、
赤いマフラアは一人歩きしておりました。

これが一番うれしい~。
何のお願いごとしようかな。
[PR]
by aneppe | 2005-03-31 02:20 | ウォッチング | Trackback | Comments(6)
隣の芝生
某社の社内的な話を読んだ。
紙なし席なし。さきがけなのかもしれない。

究極の目的はコスト削減なのですね。
全員分、席がなくても、
丸の内一帯が無線ランが使えるので、
席がなかったら、お茶しながら仕事ができるらしい。
すごい街だなぁ・・・。まるで対岸。

紙なしというのはわたしには抵抗がある。
たまった書類はげんなりさせるし、管理や、探すのもとても大変。
だから保管の段階で電子化するのは賛成。
でも、日頃からとなると、うーーー。

まず浮かぶのは、文書の内容チェック。
紙と赤ペンでじっくりみないと、見落とすから。
メモだってとりたいし。

しかし、その会社が導入しているタブレットをみて、
ちょっと考えがかわりました。
紙に書く感じで画面に反映させている。

人が機械に合わせるのは難しいことがあるけれども、
機械があわせてくれるのだったら、抵抗感が減るかもしれない。
パソコンも、文字どおりノートみたいに、
ぺらっと机のうえにひらいたりしたら、肩こりへるかも。

と、暢気な風に書いていますが、
実際、現場となったら、大変だと思います。


うまくいく、いかないの例がここにでていました。
(古いですが)。
[PR]
by aneppe | 2005-03-28 02:11 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(6)
高級こんびに
昨日、お昼以外で初めてナチュラルローソンを利用しました。
お店で焼いているパンと、コーヒーを買って、イートイン。

ちょっとどきどきいたしました。
会計のあと、紙コップをわたされ、自分でマシンから
コーヒーを抽出します。
カフェラテを買ったので、ボタンを押しました。

・・・って、
自己申告ですか?
わたしがカフェラテを買った、という記録と、
マシンは連動しているのだろうか。
悪いことは考えたりはしませんが・・・。

さて今回は東洋経済で仕入れた話を広げてお届けです。

ナチュラルローソンは健康志向のコンビニですが、
普通の商品も売っている。
関西でちょうど初出店のようだ。
京都大学にはすでに出店しているそうですが(国立大学初のコンビニ)。

わたしが買ったコーヒーは120円。
ドトールやスターバックスで買って、持ち帰る人にとっては、
脅威の設定かも。
ましてイートインスペースもあると、カフェのライバルと
なっていくなぁ。

a0012640_1544720.gif一方、ファミリーマートでも、
趣の異なるファミマ!!を展開しているらしい。
無印ワイシャツも高め。
コーヒーやサンドイッチも少し高め。
でもこのロゴが意外。



大学もそうですが、コンビニは今やどこにでもできているけれど、
立地や市場に応じて、タイプの異なる店に切り替えていくのは、
新鮮だし、もっといろんなのがでてくるのかな?

ところで・・・
ファミマ!!の4店舗めは汐留という名の東新橋にできたらしい。

出店ビルはパルコ運営。

ほー。
ん?

んん??

ファミマ≒無印≒パルコ=西武のかほり

なるほど・・・

親会社はかわっているものの、西武のかほり健在。
各社の株主構成までみてしまいました
(というか、それ調べるほうが楽しかった)。


こちらをみていて思い浮かんで書きました。
[PR]
by aneppe | 2005-03-27 02:04 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(8)
いぶくろ戦争
回覧にのっていた食品スーパーについてのレポートをみていたら、
「胃袋の奪いあい」という表現が目に入った。
これ、メジャーな言い回しなんだろうか。
個人的にはあまり好きではないなぁ。

衣食住のうちでも、生きもの共通の根源的な食、
だから内臓できましたか。

・・・それだけではなさそうだ。読んでわかったこと。
一人が食べられる量は決まっている。
そして、人口だけでははかれない。
少子高齢化ということは、食の細い年代が多いということ。
さらに、食生活も買える店も多様化している。
・・・となると、胃袋の奪いあいとは、
熾烈さをよく表した言葉なのだなぁと、思えてきた。

と、とびこんできた広告。
a0012640_2235224.jpg

をを!東洋経済でも使っているじゃない。胃袋。

a0012640_225814.gifそこで買ってきました。
初めてかいました。
おもしろいねー。
特大号で高いんだけど。
賢くなれそうな錯覚におちいるよ。

各コンビニの試行錯誤の過程を読んでいると、わくわくしました。
特にセブンイレブンとローソン。
(・・・あまり内容にふれるのはやめよう。買ってください。)
セブンは大きいことは力となり、好循環をうみだしているのだなぁ。
ローソンは若い社長の言葉が響きました。どんな革命がおこされるのだろう。
a0012640_2255829.jpg

読んでいるとををを!!の連続ですが、消費者としての実感とは、
切り離された次元にあります。毎昼、うんざり。まだまだかなー。


さて、冒頭のレポートを読んで二つの発見をいたしました。
先日、コンビニのドミナント出店について書きましたが・・・
会社の近くはローソンばっかりの件、
・・・ローソンは今、〇菱系だったのね。三〇タウンなのですもの・・・。
また、以前書いた、近所のスーパーを食いつぶしそうな勢いの
OKは、勝ち組として紹介されていました。大丈夫かな他店。

誰もよめないメモ
[PR]
by aneppe | 2005-03-25 02:33 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(11)
養生する人と物
会社の引越作業のとき、手順を記した紙に、「養生」という言葉があった。
はずかしながら、意味がわからなかった。
病気した人に、養生してくださいねー、の養生しか知らないよ。

人にきいたら、養生テープとかあるよね、と言われた。
そうか。引越のとき、廊下やエレベーターには、青いシートが敷かれる。
あれね。建物をまもることか。

それでも同じ言葉であることが、いまひとつ腑に落ちないまま、
一年近くたちました。

先日、会社の近くにとまっている車が眼にとまった
(いろんな業者の車がみられるので、何の車かたいていみる)。

その車に書いてあったのは、

建築の養生 と 健康の養生 〇養生資材 株式会社」

をを!!結びつけているではないですか。
サイトをみてみると、建築物による健康被害をなくすことを
うたっているようであり、うまいコピーとなっているわけです。

しかし考えてみると、養生して建築物をつくっても、
人の健康を損なっては意味がないので、
必然的についてまわることなのかもしれません。

さてこちらでは、「養生」という言葉について、
段階を追って派生したのではないかと推測しています。
簡単にかくと、

 1.健康な人が摂生する→2.病後の人が保養する
→3.モノを助長し保護する→4.モノを保護する

(さらに仮定をしていますが、ここでは省きます)

人の養生が前提としてありつつも、モノを養生した結果、
人を養生する必要がでてくることがあり、
モノを作るのも使うのも人である限り、
実はどちらもつながった言葉・・・であるのかもしれない。

書いているうちにそんな結論におちました。無理かな。
[PR]
by aneppe | 2005-03-23 02:19 | ウォッチング | Trackback(1) | Comments(7)
ブログとヒマダネ
新聞をみていて、何だ今日はニュースがないんだな?と
思う記事をみかけます。
紙面をうめるために書きためておく記事というのは、
「ヒマダネ」というらしい(BANYUUさんの記事)。
お金を払っている購読者にとっては、知りたくない話かもしれない。

わたしがブログを書くのは、多くても1日に1本。
ちょっとした発見は手帳にメモしておきます。
芽がでるかわからない種。

後日、手帳をひらいてみると、冷めているのである。
基本的に「びびび」優先だから。
また新たにその種に関連したできごとがあると、復活する。
「今」とつながったときに。

ただ、冷めているのは二つ原因があるようで、
旬をすぎているときと、何も書けない状態であるとき。
種があるのなら、記事をたてることは可能ではあるのだけど、
嘘をついている気がする。
奮い立たせるために書くこともあるけど・・・

職業人であったら、「ヒマダネ」で埋めざるを得ないのだろうけど、
わたしは、なにか衝き動かされることがあったら、
それが持続しているあいだに、書きたいなぁと思う。

春ですし、おかしなことも書くかもわかりませんわ(いつも?)。
a0012640_19511.jpg

a0012640_161035.jpg
かっこよすぎるこのひとの対談記事を読みました。
ちょっとだけ、勇気づけられました。
[PR]
by aneppe | 2005-03-22 01:01 | ブログ・ネット | Trackback | Comments(3)
ずんだグリーン!
あるひとが、携帯電話のきれいな緑色を、

ずんだグリーン

と表現していました。いただき!!

百貨店をまわると、春物にこの色がたくさんでている。
この春は、ずんだグリーンなのだ!
a0012640_113460.jpg

ほらね、ほらね!?
ウィンドウショッピングのつもりが、ずんだグリーンウォッチング。

ずんだ、とは枝豆をすりつぶして作る餡。
ずんだ餅は宮城県で昔からある食べ物だそうですが、
山形では「じんだ」とか「じんだん」というらしく、
「ずんだは、じんだがなまったもの」ときいて衝撃を受けたことがある。
宮城の方がずーずー度が高いのか?

「ずんだ」の由来は諸説あるようですが、
「じんだ」がなまっていることには違いがなさそうだ。
福島県では、「ずんだ派」と「じんだ派」が。

a0012640_114762.jpgさて、「ずんだ派」についたわたくしは(?)、
冷凍ずんだ餅をげっとして参りました。
ずんだグリーンの袋に入っていました。


a0012640_1144030.jpg自然解凍でいくらかそれらしく。
(きれいな写真はお店のサイトで)

嗚呼、ずんだ餅です。
わたしにはちょっと甘いんだけどね。


今回買ってきた、かしょう~さんぜ~んは、仙台土産の代名詞、
「萩の月」の会社ですが、実は「萩の月」は79年誕生と歴史が浅い。
しかし今やこの知名度。
2001年にずんだ専門店をひらき、東京進出をしてちょうど一年。
「ずんだ派」を広めるのに一役かう。
ブランド力のなせるわざですね。

調べているうち、伊達家御用達だったという明治創業の
あるお店にいってみたくなった。

さて、話が広がりすぎましたが、この春はずんだグリーン
ずんだグリーンを身に付けたひとをみたら、
「おいしそうなずんだグリーンですね」
「きれいなずんだグリーンですね」と声をかけましょう。
わたしは洋服屋さんで言ってけげんな顔をされました。

これからです!
[PR]
by aneppe | 2005-03-20 01:21 | モノ・お店 | Trackback(1) | Comments(12)
はーとのオマケ
先日、久しぶりにファッション誌を買った。
前回から、半年たってしまったのか・・・。

a0012640_17413.jpg何やらあけづらいと思ったら、
ハート型のアクセサリーが
付録としてついていた。

いくつかのブログを検索してみたら、
これ目当て買っていたり、もう1冊買おうなんていう人も。


困りました。

ガラじゃないぞ。

何につけたらいいだろう?とあれこれ考えてみましたが、
ギャグにするしか方法はなさそう。

そこで、比較的ましなものとして、
MDウォークマンケースにつけることにいたしました。
a0012640_181467.jpg

あしこし健康お守りと一緒ですが。


a0012640_131650.jpg
ハート型自体は好きだけど、
なんていうか、タイプが違うのだなー。

これは新年のご挨拶ようでした。


・・・って、MDも時代遅れでしょうか。
[PR]
by aneppe | 2005-03-18 01:10 | 企業・業界・広告 | Trackback | Comments(3)
ぜんげん
どこにひっかけたのか、パジャマがひどく裂けていた。

ぜんげんのときに買ったのだから、それなりに古い。
繕うほど思い入れもないなぁ。

ぜんげん。

わかりますか?

一回だけ、行ったことがある。
カラオケと、釣りと、宴会芸では、
「お父さんのためのコギャル語講座」をやったっけ。
a0012640_202830.jpg

意味がわからなくてきいたら、
みんなが船に乗ってしまって、誰もいなくなること、
と言われた気がする。漁船をイメージした。

でも違った。

ひとに話したら、知らないのはわたしだけではなかった。
意味はこちらが詳しいですが、その一部。
a0012640_205053.jpg

要は職場の慰安旅行のようなものなのですが。

実はこのネタ、先日、ボツにしました。
辞書になさそうなので検索してみたら、
せますぎる業界用語だったからです。
考えようによっては、難しい問題がありそうだから。

でも社内の内輪用語のようなものって、
外に出してみると、レアな題材でもあるかなぁと思って、
ひらがなと画像を使ってのせてみました。
[PR]
by aneppe | 2005-03-17 02:03 | ウォッチング | Trackback | Comments(7)
りはびり・・・
前回の記事におきまして、
なにかみなさまに伝えることができ、
あたたかいおことばをいただき、ありがとうございました。

だけど、妄想のベクトルの向きが、
反対向きにいってしまって、
なかなか戻らないので、まだ書けない。。。

あたまをめぐっていた詞をはっておこう。
深い意味はありません。
a0012640_194587.jpg

実際に聴いていたのは、このひとのおんがく初体験。
[PR]
by aneppe | 2005-03-16 01:10 | ブログ・ネット | Trackback | Comments(3)