秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
くまちゃん★すりばち
at 2017-09-07 00:28
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ウォッチング( 131 )
かりもの線路
会社帰り、けいひん東北が遅れてこんでいた。
そしたら今度は東京駅で発煙とかで、つるみで止まってしまった。
なんじゃそら。

a0012640_22571478.jpg同僚にメールしたら同じ電車にのってたので、一緒に振り替え電車に乗ることにした。

電車なかなかこなかった。
音階インバーターに萌えながら、かまたで乗り換え。

わたしは新橋でおりた。

しんばしでぶらぶらしてたら、けいひん東北は山手線の線路をかりて走りますと放送が入った。
なに!



しんばし

a0012640_2354578.jpgしんばし駅。

通常のけいひん東北の線路に停まっている様子。誰ものってない。

a0012640_2382966.jpg左側・山手線ホームに山手線が入ってきた様子。
これはふつう。

a0012640_2395379.jpg上の写真のけいひん東北の電気が消えた。

回送になるらしい。




a0012640_23171337.jpga0012640_23172364.jpg
山手線ホームにけいひん東北が入ってきた様子。
電光のけいひん東北の文字がつぶれてる。
びっくりしたのは、自動音声のアナウンスが、
「5番線、けいひん東北線のドアがしまります」
って、路線名つきで流れたこと。



有楽町

a0012640_23242914.jpga0012640_23243349.jpg
一駅くらい何とかなるだろうと思ったら、のろのろついた。
有楽町でも電気の消えた車両がけいひん東北ホームにいた。
右側ホームがわたしが乗ってきた電車。両側ともけいひん東北がいる状態。
だけど発車したらすぐ、また止まってしまっていた(右写真)。
東京駅ではさぞ混乱していただろう・・・

それから家までいつもの電車にのり、2時間余りの旅がおわった。
復旧は3時間後くらい?早々と振り替えにのったのと、
しんばしまで出たのは正解だった。
何かいのりかえたんだ?
巻き込まれたかたも、おつかれさまでした。。


http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20110106/2.html
[PR]
by aneppe | 2011-01-06 23:33 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)
ビルディング書体のルーツ
書体についてのブログをみつけて、
おもしろいので全部みたのだけど、知りたいことの謎はとけず。

知りたいこと・・・

  • 「ビ」がはねてる、ビルヂング書体。
  • JRと地下鉄と、まるのうちの大家さんのビルでみられる英数字。


前者は簡単ではなさそうですが、後者はみつけだしました!

a0012640_0203196.gif

まちがいない!


a0012640_0403914.jpg

この書体は、ふるてぃがーさんというスイスのデザイナーが、
フランスのある空港のためにつくった書体であるようです。
できたのは1960年代ということで、ビルヂング世代にあたりますが、
日本ではJRも地下鉄もまるのうちさんも、ここ数年だよねえ。
しかし、空港用といわれると、ありそう!という感じです。
遠くからもみやすい書体として、世界でメジャーなのだと思いますが、
東京辺りでは、なぜいまごろ、同じものを急に採用したんでしょう。
40年遅れでブームなのかしらん。


a0012640_0472497.jpgビルヂング同様、駅でも旧タイプと共存してます。
空港くらいだだっぴろいところならともかく、えー、前のもいいよ?と思うわたくしです。

とはいえ、意外な場所でふるてぃがー書体をみたら、きっと嬉しくなるだろう。



参考サイト
文字サンプル
“Frutiger”という書体・・・解説詳しくリアルなサンプルやリンクあり
街でみかけた書体・・・直接関連はないけど、最初に読んだブログ

関連過去記事
「2」階めぐり
おなじ書体のちがう道
ビルヂング似の字
[PR]
by aneppe | 2007-08-30 01:02 | ウォッチング | Trackback | Comments(0)
道をたずねて
先週、会社帰りに新橋のオフィスデポに行ってみることにしました。

何度か歩いたくらいで、たかをくくっていたのです。

しんばしに着いてまもなく、突然どしゃぶりになった。



a0012640_033527.gifそもそも地図の★からのびてる太線の意味もわからなかった・・
歩道橋か!とわかったけど、にっせきの向かいではなかった。

歩きまわるには雨が強すぎ、見上げることもできないのでした。



一筋の光

ふとみると、裏通りの小さなお店の前で休憩してるおじさんがいた。
声をかけたら、別の店員を連れてきた。
中華料理屋で、日本語のわからない人だったのです。
出てきてくれた女性店員にも、通じない。

あーだめだ、とおいとましようとしたそのとき、
女性店員はボール紙とペンをさしだし、わたしの傘をさしてくれた。

「漢字で」といわれたけど、英語で店名を書いたら、ご存知ない様子。



地図

そこで携帯に、上と同じ地図を示すと、先の、お店のおじさんがのぞきこみ、
ひらめいた様子で、傘もささずにたたたたたと走っていった。

わたしもあわてて走って行くと、おじさんは嬉しそうに、
みつい住友銀行を指した。
デポの所在地には、住友せいめいビルと書かれていた。

残念!だけど嬉しかったので、ありがとう!と言って、わかれました。



結局、歩道橋より先まで歩いたらみつけました。
何度か歩いたことのある通り。晴れてたらみつけただろうけど、
もはや買い物より、みつけることが目的になっていました。

ぐーぐるマップをみると、お店の地図とはだいぶずれてる
ようにみえる。いいわけだけどー。

あたかも自分が外国にいったみたいなできごとでした。
冷静に考えれば、会社帰りの人にきいたほうがわかっただろうに、
人がいただけでありがたかったのでした。
そして、彼らの一生懸命なのがうれしかった。


それと・・・雨宿りしたビルで発見をしたので、
今度休日にみにいこうとおもいます。


関連過去記事
虎ノ門からしんばしへの道・・・まさにこの通り
とらのもん1丁目はどこですか・・・道をきかれたとき

おかいもの
[PR]
by aneppe | 2007-05-18 01:13 | ウォッチング | Trackback | Comments(8)
建築家が主役の映画
a0012640_0283488.jpg
映画をみてきました。
ロンドンの、荒れた地区の巨大再開発に取り組む建築家をめぐる、
大人の物語。

興味をもったのは、日経bpの建築系のサイトで紹介されていたから。
主人公が、日本の建築家と較べ、独裁的とみえたそうで、

a0012640_0295911.gif

わたしはこの3行だけが、頭にのこった。記事。引用部分は会員でないと読めません。。)
編集者の方の夢も楽しいし、どんな建築家だろー?とみてみたくなった。



わたくしは思わずみたくなるような感想文は苦手なので、
海外でみてきたライターの方が絶賛し、詳しいあらすじも
かいているブログをみつけたので、興味のあるかたはこちらをどうぞ。


さてわたしは・・・



「Breaking and Entering」

観た後に、解説や先のブログをみて、自分は、作品の深淵の入口にすら、
到達できていないことに気づかされました。

第一の感想は、タイトルから受けた印象と違うと思ったのですが、
原題を知って、ぴんとくるものがありました。

複数のテーマ・問題点がからみあいますが、
原題は家宅侵入罪の意味で、物語では、文字通りの意味と、
人の心もこわして入りこみ、傷つき、気づき、再生していく意味が
こめられているように思いました。街の再開発のように。

事件・人間模様も、その街の性質と関連し、再開発したら、
彼らの行き場はどうなるのだろう?とか、
再生した若者のその後は?と、気になる部分もありました。

こわして再生する方法も釈然としないものがあるのだけど、
大人の物語だからか、驚きつつも、説得力がある。かっこよかった。。


おもたくなりましたが・・・



予告編より

a0012640_0404745.jpga0012640_041453.jpg

本筋とは外れますが、パソコンはアップルが提供していて、
「マックは最高だ!」なんて台詞まである。
また、日本製のフィギュアも登場してなんかうれしい。

映画の舞台はハリー・ぽったーのロケ地でもあるそうですが、
本場の萌え系建物がいっぱいみられました。

また、海外の建設現場なんて写真でもみかけませんが、
ゲート名はやっぱり普通だなーなんてとこも面白かった。(右写真右)



映画の舞台となった街は、現実でも大規模な開発が行われているそうで、
検索してみたら、50の建物を建て、20の建物を保存再生するそうです。
街がこれからどうなるのかは、映画ではなく、現実が舞台なのかもしれません。

わたしはとにかく、俳優たちのかもしだす雰囲気にため息でしたが、
こんな建築家が実在したならば・・・
自分自身と街に対する考え方や、夢をきいてみたいです。



参考サイト(一部記事中リンクあり)
東京新聞より、映画の舞台の実際の再開発のことがでている
あらすじも詳しい、絶賛記事
公式サイト
上映館一覧・・・シャンテはすいてた
[PR]
by aneppe | 2007-05-14 01:11 | ウォッチング | Trackback | Comments(0)
集合しゃいん撮影
会社の非公式送別会があった。
国際フォーラムの店の予約がとれず、うえのになったのだという。
うえのでも十分だよ。東京に近いだけで安心する。
前に、しんばしでばったり会社の人たちと会ったことがあるのですが、
今回もそれに近い、東京周辺がおちつくメンバーであった。
会社があった場所の周辺を会場に選ぶのって、
あの頃はよかったという気持ちもあるだろうけど、
街には帰りたくさせる力があるんだと思う。

会社を離れ、新天地をめざす主役は、夢と希望にあふれていて刺激的だった。

が・・・
いい雰囲気であったのに、だ、誰も写真撮ってないことに気づいた。

おひらきになってから、わたしはおずおずと申し出た。
それで急遽、全体写真を撮ることになったのである。



嗚呼、ごめんなさい。
薄暗い部屋で大人数を撮るなんて、わたしはどうしていいかわからず、
なさけない写真になりました。

何も考えず、カメラにまかせてぱしっと撮ればいいのに、
建物しか撮らない日常が、かえって苦手意識を強くさせて、
注目をあびるのと、責任を感じるのとで、頭の中は真っ白になった。

a0012640_151394.jpgしゃいん撮影をしたときから、ちっとも進歩してないな。。
趣味で何千枚撮ろうとも、実用の一枚が撮れないよ。

落ち込みつつも、撮らないよりはよかった、
と思ってもいいだろうか。
加工してあります→



[PR]
by aneppe | 2007-03-29 02:09 | ウォッチング | Trackback | Comments(3)
見知らぬ人の親切
帰りの電車でのことでした。

メールを書いていると、前に立っている人が、
わたしの携帯電話を軽くたたいてきた。

知り合いかと思い、びっくりして顔を上げると、
見知らぬ人であった。

電源切ってといわれるのかと、ひやりとした瞬間、

「髪の毛に何かついていますよ」

と言って、その人は目をそらした。

そ、それはご親切にと思ってさわってみたが、わからず、
あおぎみると、前の人は首をふった。

そしてその人は、とってくれ・・・ようとしたのだが、
難儀をきわめた。
しばらくわたしの髪の束をひっぱるようにいじっていたが、
首をかしげて、あきらめたようだった。

・・・

普通、ふれるかふれない程度ではらってあげる、もらう場面は、
ありえそうだが、その短くも長い時間、何だか妙な気分におそわれた。

気さくに話しかけるタイプでもなさそうな、見ず知らずの、
たまたま前に立った人から、髪をいじられてる状況。
きはずかしいような、ひやあせ。

解決しないまま、わたしは鏡を出す気にもなれず、
でも他の人からもみえるんだろうなーと思いながら、
おちつかない状態でその後、すごした。

電車をおりて、入ったビルにはあつらえたように、
寄贈された巨大鏡がいくつも備えられてて、
3つの鏡でしつこくみてみたけど、わからなかった。
たぶん、整髪料に何かくっついてたのかと思うんだけど。

後からつらつら思うに、顔をあげた瞬間、もしヘンな人だったら、
とってもらうことは拒絶したかもしれないなーなどと思った。
一瞬で、ひとを外見で判断してて、結果的には正しかったけど、
不思議な数十秒間のできごとでした。
[PR]
by aneppe | 2006-08-12 13:37 | ウォッチング | Trackback | Comments(0)
かなしいひとこと
先日、少々かなしいことがあった。

日比谷の特別なお店でのできごと。
注文して待つ間、店内写真に四苦八苦。友人の言動が冷たい。

「この地域にくると、人格が豹変するよね。いいんだけどね」

豹変って、あまりいい言葉じゃないよな。。
確かに、まるのうち周辺に帰ると真剣になるのは正しい。

わたしが写真を撮ることを、その友人が快く思っていないことは、
前から感じていた。だから、手早くするつもりではあった。
相手はえらんでいるつもりだけど、
気の置けない人だと思い、甘えていました。

それから、弁解みたいな感じになってしまって、
せっかくの雰囲気や食事をあじわえなくなった。
そんなときに撮る写真も、気持ちが反映されてしまうだろう。

基本的にはひとり。
だけど、人と一緒だから撮れるものもある。
何人かの寛大な友人たちに感謝しつつ、いろいろ考えさせられた。



a0012640_2423612.jpg友人とわかれ、
ひとりまるのうちへ帰ってきた。
とうきょうビルディング。
竣工前はかよったね、
写真たくさん撮ったね。
思い出にふけってしまった。
その次の日、このビルで華やかな宴
潜入することは想像もしなかった。

お店でかかっていた曲のように、
「ふるさと」まるのうちさんに呼ばれてた。

[PR]
by aneppe | 2006-07-13 02:58 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)
人生2冊目の漫画
a0012640_11312388.jpg

おとなはどのくらい漫画を読むものなのでしょう。

10数年ぶりに漫画を買った。これで2冊目。
完全に自分の意思で買ったのは初めて。
子どものころも、買ったことは(買ってもらったことも)なかった。

漫画はかしてもらうと読む。
えっ、あれは読むべきだよ、と強制的にわたされる。
だから案外、はずれが少ない。



さて、今回買ったのは、「絶望に効く薬」という、
漫画家である作者が有名人をたずねて話をきく、対談集。
前号で、ぶんか庁長官がでてたので、かりたのだが、
今号は、ミスターもんぶ省がでてるので、買ったのである。
一度だけ、お話したことがあるひとですから!
さらにいうと、ご近所さんもでてくるってきいたから。

いろんな人との対談だから、全く興味をひかない人もあるし、
共感するものもある。

ミスターもんぶ省の話はよかった。
現場の子どもたちの話をきき、したわれて、
学歴至上主義の親御さんとじっくり話し、その偏った考えが
あらたまったというエピソードには、じーんときました。
子ども時代の境遇は、先日自宅に放火した奈良の高校生を
思い出させて、この高校生の更生を願う気持ちになった。



ちょっとへんなかんじもする。
そもそもわたしは1年前まではミスターのことを知らなかった。
強烈キャラの上の人がいる、という話をきかされていただけ。

わたしは共通言語をもってないんだけど、
教育や映画の評論が新聞にのってると、読む努力はする。
特に教育の方は、一般紙でも難解すぎて頭にはいらない。

ゆとり教育は、円周率を3にするとか、
そんな単純な話じゃないことはこの一年で感じることはできた。
批判的な報道しか、今までみなかった気がするもの。

今回の漫画みたいに、平易でマスコミと違う視点で書かれたものが
あったら、みてみたいな。


関連リンク
ミスターもんぶ省が高校生向けに書いてるコラム
#257に、社会面にまでのった人事騒動のことがでている。
[PR]
by aneppe | 2006-07-01 11:58 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)
はとよけ剣山
いのうえさんとiGaさんの記事でみた、駅にある鳩よけのトゲ。
網はってるよりはずっと、なんというか、視覚的におもしろい。
たかおの方の話なので、現実味はなかったんですが。

a0012640_233842100.jpg

あるじゃん!!

意外とあちこちにあるのかもしれませんが、
知ってしまった途端、目に入った。これは、おおいまち駅。

写真は、JRと臨海線(左)で、別のを使ってるようにみえる。
このほか、ガラス窓の淵にもえんえんついてた。
みみなしほういち状態。
つけてないとこには鳩がとまるぞ!とばかりに。大きい写真

が、こちらのコラムに詳しい話がでていますが、
鳩にとっては、どうでもいい場所と、
どうしてもここじゃなきゃだめという場所があって、
後者においては、とまりにくい程度の効果らしい。
ほんとにとがっていると死んでしまうから。
この写真、なんだかいいなあ。

駅のホームにはなかったので、電車に影響がでるようなところには
鳩いなかったんじゃないかと思うけど、
これほど隙間なく設置してあると、
そんなにいたるところにいたんだろうかと、
剣山のかわりに鳩がずらりの図をもうそうしたりする。
[PR]
by aneppe | 2006-05-19 23:51 | ウォッチング | Trackback(2) | Comments(3)
朱肉はどこですか
ときどき職場できかれることがあった。
ソームから、もらったのを教えるようにしていた。

が、「これ、だめだな」と言うのを二回ほどきいた。
自分では使わないんだけど、みてみると・・・

a0012640_135441.jpg

な、なんか光っててべったりしそう。
おそるおそるさわってみると、ゴムみたい。
キモチ悪い変質してるなあ、と思ってふたをしめると・・・

a0012640_1351476.jpg

なにっ!?
ゴミとーる?つーる?

嫌な予感がして調べてみると、汚れとりであった!!

きゃー。
朱肉だとわたされ、朱肉だとひとにおしえ、
だめだなあとはいわれても、違うよとは言われなかった逸品。

爆笑しながら「被害者」に真相をつたえたら、
せっかくなので、今後も「朱肉」としてご案内して、
何人の人が「朱肉」と勘違いするか調べてみましょう。
この商品を「朱肉」として育みましょう。
というナイスなメイルをくれた。

残念ながら、その後、探しにくる人はいないが、
あいかわらず同じ場所においてある。
掃除してくださいな。

それにしても、なんだってまぎらわしい色なんだろう。
[PR]
by aneppe | 2006-04-14 01:38 | ウォッチング | Trackback | Comments(2)