秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
くまちゃん★すりばち
at 2017-09-07 00:28
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:他のまち・建物( 136 )
吉村順三建築展
上野の森に行ってきた。
人ごみにいくのは好まず、かえって孤独になるんだけど。
幸い、すばらしい天気にめぐまれた。

目的地は東京藝大。ふたつの理由があった。
ひとつは、吉村順三建築展。
いつもみにいっているakiさんのブログで、
ずいぶん前から紹介されていたのだけど、
akiさんの恩師であるらしい、という認識しかなく、
藝大の展覧会なら専門家向けに違いないと、行く気はなかった。
しかし、是非というお言葉をいただき、その長大な距離の間に、
クッションがおかれたのでした。
もうひとつの理由は・・・次の記事にします。



a0012640_149365.jpga0012640_1494847.jpg
ギヤラリートークの時間と重なったけれど、
ものすごいこんでいて、挫折しそうになった。
こぢんまりしたものを想像していたから。

わたしは誰がどういう作品といったことは全く知らなくて、
特にひとりの建築家にスポットをあてた展示というのは、
みたことがなかったのではないかと思う。

そんななかで感想をのべるのは難しい、というか、
少ない語彙で言葉にした瞬間、安っぽくなってしまう、
それが、印象でした。

バラックから始まって大きくなっていく自邸、
精密な、きちーっと書き入れられた設計図、
でこぼこの土地を削らないで、土地にあわせて造った大学。
芸術家の家とか、特殊な事例が多くあったけど、
ローコストの家を2年かけて設計したものもあった。
まるで古い感じがしない。それぞれの夢がかなう家。
(展示にはありませんが、今あるお宅の写真を発見

新宮の基本設計というものもありましたが、
宮内庁ともめて辞退した、といったこともあったそうです。

日頃の関心事からして、わたしが最も楽しめたのは、
某オフィスビル。意外なだけに、興味深かった。
しかも、無意識にみていそうな場所にあった。
改装でかわりはててしまったようですが・・・、
これについては、改めて書けたらいいなと思います。

a0012640_150838.jpg 壁にはってある言葉で、印象的だったのを、
このページ一番下にくっつけておきます。
(写真は美術館の階段)

上野や藝大での発見レポートはで。


言葉
[PR]
by aneppe | 2005-12-12 01:58 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(4)
追記(天井高規制撤廃)
先日書いた、「教室の天井の高さ」について、
3m規制が撤廃された、とのニュースがありましたので、
ご紹介しておきます。

なお、上の記事では、熱心な働きかけをした草加市からも、
コメントをいただいています。


新聞記事より
学校の天井、3メートル未満もOK・高さ規制を撤廃
 政府は1日、小中高校の教室の天井の高さを3メートル以上としている規制を撤廃した。同日の閣議で建築基準法施行令を改正した。これまでは児童や生徒の心理的な圧迫になるうえ、換気にも問題が生じるとして、1950年に設けた規制を続けていた。3メートルの明確な根拠がなかったことで、硬直的な規制の1つとして批判を招いていた。

 埼玉県草加市が「建設費が節約できる」などとして構造改革特区で規制緩和を要求したが実現していなかった。閣議後の定例記者会見で北側一雄国土交通相は「役所は法令はどんどん作るが、廃止はなかなかやらない」と指摘。「こうした規制がほかにないかよく検証する必要がある」と話し、外部からも意見を聞く考えを示した。

 また、コスト縮減へ省内で行っている各種調査の重複などについても見直す意向を示した。(日経)

[PR]
by aneppe | 2005-11-02 01:15 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(0)
おおい埠頭
アクシデントがあって、おおい埠頭の倉庫に駆り出された。



くるしい一日目

a0012640_12552331.jpgメンバーは3名。
個人的にきついメンバーで。
もくもくと作業した。単発バイトみたい。
3時間程度なのに極限状態に
なりそうであった。

本日まなんだことは、コンテナを運ぶ車は、
前部と後部とでナンバーが違うことと、
作業は服が汚れること、であった。



秋葉OLらしい二日目
「そこのお兄さん、アキバで買い物ですか?」
「みればわかるでしょ?って違うよ。会社いくんだよ、
まるのうちの。それに、一応おにいさんじゃないし」
「まるのうちおーえる??まさか」
「うるさいね。リュックも紙袋も持ってないでしょ。
で、でも電車で美少女がからまれてたら助けるかも」

という会話がずっと頭の中でおこなわれておりました。
こりゃやばいか?ってくらい気合い入った格好でご出勤。

自分の仕事を終えてから、おおいへ向かったのである。



タクシーを道路のまんなかでおろされた。
え、だ、大丈夫?こわいよ。
a0012640_12554922.jpg

よくみると、トラックがたくさんいるのかと思ったら、
動かないトレーラーやコンテナがずらりと並んでいるのだった。
なるほどナンバーついているね。



a0012640_12562362.jpg

皆と合流しないうちに、写真を撮っておくのだー。

本日は駆り出された人数が多く、
わたしは気をつかわないでもくもくとやりました。
もくもく、の意味が一日目とは違うのです。
メンバーの平均年齢高めで、男じゃないのはわたしだけ。

「ここに女性がいたら、世間話とかでにぎやかなのかな」
と言っている人がいた。
男性陣はその方がよかったのかもね。わたしはこれでよかった。



a0012640_12564463.jpg

休憩になると、「飛行機すごい!」の声に、外へ駆け出し、
30年前少年だった人たちと、少年みたいな女学生は、
何機も飛行機を見送るのであった。外はいいねー!!



a0012640_1257836.jpg

気の遠くなる作業に、中だるみしながら、
広い倉庫、高い天井、だけど小さなすのこの上に
じいっとすわって単調作業。でもなんかね、
共同作業が心地よかった。ああ、相手によるけど。
夜になると、搬入口もしまって外と遮断されて、
食べる物もなく、携帯もつながらなくなったけれど、
遭難現場で協力するような感じだろうか!?
わたしはちょこちょこ写真をとるのが楽しい。

予想外に作業は終了し、達成感、解放感があった。
段ボールの陰で着替える男性たち。「みるなよ」。
わたしは、酔っぱらったみたいな言動になってくる。



外へ出ると面白い光景にでくわした。

暗闇のなか、建物をみあげている人。
視線をうつすと、上の階から、何かをおとそうとしている。
忘れ物だろうか?懐かしいねえ、こういうの。
と思って見ていると、釣り糸みたいので、そろそろ、
おろしているのである。下の人は受けとった後、
また引き上げられていた。な、なんなんだろう。。

倉庫ですれ違った人たちは皆、感じがよく親切だった。

いまの職場の状況とは、いろいろな意味で
正反対な環境だから、これだけ解放感があったのだと思えた。
このような仕事は発生してはならないが、
駆り出されてよかったなあと思う。
女の子だったらどうだったかな。


記念に・・・
薄汚れた倉庫にたたずむわたくしを、撮ってもらいました。
アキバすぎてここではおみせできませんが。


関連サイト
おおい埠頭
コンテナについて
[PR]
by aneppe | 2005-10-02 02:51 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(3)
教室の天井の高さ
a0012640_11342211.jpg


先日、このような記事が新聞にのっていた。(クリックで大きく)

建築物の天井の高さは、2.1m以上と定められているが、
学校の教室は、明治以来、3m以上と特別扱いになっている。
その規定がなければ、コスト削減になるという、
草加市の再三の働きかけもあって廃止へ、という内容。

一読して、素人のわたしが思ったことは・・・

・教室の天井って、他より高かったっけ??
・昔より今の子の方が、背が高そうなのに低くするとは!
・子供のためになる、でなくコストが理由なの?


などであった。(疑問の解決は最後の方に)

そこでわたしは、草加市と国土交通省とのやりとりと、
今回、3m規定を廃止すると結論づけた、
文部科学省の協力者会議による中間報告書を読んでみた。

これが、わたくしの頭にはちっとも入ってこないのですよ。

草加市と国土交通省とのやりとりを、
わたしがかみくだくと以下のようになりました。

コスト削減、選択の幅を広げるため、2.7mに緩和してほしい
規制改革・民間開放推進三か年計画に基づき、
調査を行い、17年度中に結論を得る予定

2.7mで弊害はあるのか、特区または実験校にしてもらえないか
→換気の面では問題がないが、心理面では不快感も報告されており、
実証が必要で、その結果を待たないと特区の適用も難しい

・・・あれっ。二項目に集約されてしまいました。

国土交通省が盛んに、いや待ってくれといっていたのが、
今回の、発表された調査報告だと思われます。
年内にも改正、と新聞にあるので、少し早まったのかもしれません。

さてその、文部科学省の中間報告ですが、
最初に書いた、わたしの疑問を少し解決してくれました。
新聞では、あたかもコスト削減のため、と読めたことについて。

実際、30cm低くした場合、1.5%のコスト削減になったり、
高さ規制をなくすことで、他の建築物を学校に流用することも可能になる。
が、規制緩和はあくまで創意工夫する教室環境づくりを
促進するためであって、コスト削減のためだけに学校づくりを
するのであってはならない、と強調していることです。

ちょっと安心いたしました。
これからは、ビルヂングみたいな校舎とか、
画一的でない、奇抜な校舎がでてくるのかな。

さて、あと二つの疑問ですが、
天井の高さは、体験しないとわからない。
ってことで、潜入できないかと考えてみましたが、
選挙の投票のときに、教室をのぞきこんでみました。
・・・わかんないよ!
でもよくみると、扉の上から天井までの掲示物が、
半端じゃない。うわ、やっぱり高いや。

昔の子より大きいのに低くするなんて、については、
昔はすしづめ学級対策の換気のために高かったと思われ、
日本人より大きそうな海外でも、
2.7m以上と定めているところも、多いらしいから問題なさそう。


二つの資料を理解するのが、えらい大変だったわりに、
とりあげる部分は少ない。もしや、本当はシンプル?


資料的にいくつか、リンクします。

現在の建築基準法施行令・該当部分

大学の天井の規制がはずれたのは最近です
規制緩和についての意見(広く意見を募集したのに意見は2件!)
規制がはずれたのは、平成15年9月


●慣れない資料をもとに、引用はせず、わたくしの
言葉で書いていますので、ニュアンスの異なる部分もあるかもしれません。


■追記 2005.11.1
規制は撤廃されたそうです。
紹介記事
[PR]
by aneppe | 2005-09-15 03:29 | 他のまち・建物 | Trackback(4) | Comments(7)
有明でおさらい
おつきあいもあって、ホビーショウへゆきました。
ペーパークラフトとかソーイングとか。
趣味で手作りする人たちがみにいくのだと思う。

わたくしには違和感のようです。何も買わなかった。
入り口で見知らぬ人が招待券をくれたので、幸運。

へぇ!と思ったこととしては、
トヨタのミシンってあるんだー!とか、
呉竹って筆ペンのイメージだけど全然雰囲気違うなー!とか、
レベルの低い感心であった。



その後、すぐ近くのパナソニックセンターへゆきました。
存在は知っていて、行ってみたかったのです。
a0012640_2154926.jpg

いややや立派な建物です。
デジカメとか、いじりました。すごいねー。
でもそれよりかは、ハイテク家電やカメラの中身がおもしろかった。
冷蔵庫を縦にカットした断面とか、カラフルな導線?がみえていて。
ブラウン管のリサイクルは映像ですが、何度もみたよ。

何より収穫だったのは、DVDディスク製造過程。
透明CDの謎」において、苦心したテーマです。
ポリカーボネートという字がみえて、あれっ?と思ったら当たり。
10に分けた工程での状態が展示され、映像で製造過程をみました。
なかなか感動だね。何度みても、つかみきれないほど多くの工程を
経ていました。10工程のうち3番目にはもう虹色になっていました。

a0012640_2165113.jpg

透明ディスクの状態とか、本当は写真をとりたかったけど、
館内撮影禁止ということで残念。
左の人は撮影可となっていました。エレベーターもいいよね?



ついでにTFTのワンザ有明ものぞいてみました。
時間がとまっているような・・・変化が少なすぎる・・・
って、ついこの間、このビル、倒産していたような?ですね。



a0012640_2174287.jpg

駅へ向かう途中、このようなプレートがありました。
地被植物という言葉は知らなかった。「養生」してください。

旧ネタのおさらいのようなひとときでした。
[PR]
by aneppe | 2005-05-15 02:23 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(2)
か・ま・た
所用で蒲田にゆきました。

わたしはJRで南下することは皆無に等しい。
方向は知っているけど、路線図でみつけられなかったほど。

思い浮かぶことというと、

・発車のベルが蒲田行進曲である
・ユザワヤがある
・入社試験のアルバイトで行った気がする

くらいであった。さて収穫は・・・。

a0012640_1575776.jpg
コンサートホールもある、
区と日生による施設があった。
あまりよくみていないので、
いまひとつな写真ですが。


かなりツボだったのが、

カ プ セ ル イ ン カ マ タ

の入り口のロゴ。うわぁ!!と喜んで写真とろうとしたけど断念。
たぶん片仮名のバランスが絶妙なのです。

a0012640_1583273.jpg
みてのとおり、駅。
普通だよね普通だよね。
でもコーフンいたしました。
たぶんローマ字のバランスが絶妙なのです。


a0012640_158561.jpg
駅のなかにて。
全然、特殊じゃないよね。
たぶん漢字のバランスが絶妙なのです。


という具合におのぼりさんをしてきましたが、無知なので、ちょっと調べてみた。
大田区の田だってことも知らなかったよ!

古くからの歴史はこちらにでていました。

何よりの収穫は(あど街っくが情報源ですが)、
サービスに特色のある東横インと、先にもふれたユザワヤは、
共に蒲田が発祥の地、かつ現本社所在地であること。
プチ感動でございます。
東横というのは、まさに位置をあらわしているわけです。

それでもうおなかいっぱいになったので、
食後は、ご当地発車ベル。ここできけます。


素敵なお店の情報とか、期待された方、もうしわけございません!
[PR]
by aneppe | 2005-04-10 02:04 | 他のまち・建物 | Trackback(1) | Comments(5)