秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
くまちゃん★すりばち
at 2017-09-07 00:28
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:モノ・お店( 72 )
初めてのオヒトリサマ
a0012640_2152180.gif


a0012640_215668.jpg丸びるに寄ったら眼にとびこんできた、
カフェの新春イベント。
うろうろうろ。
なに?3種類で500円?
お手軽な感じ。

手にとりたるは、会社案内。

いったん、バーゲンをみにいって、やっぱり戻った。
そうして、誰かつきあってくれないかな、と
すでに酔ったような思考レベルで頭をめぐらす。

職場で、洋酒の入ったボンボンをいただき、
飲みたい、とつぶやいたんだ。酔いたい、か。
わたしは酒飲みではない。女学生ですし。
わたしの掟は、ひとりで飲まないこと。

しかし・・・

おひとりさましてみるか、と考え始めた。

初めにみたものを親と思うとすれば、
わたしにとって、お酒は、このブランドが親。
掟やぶりの理由として、じゅうぶんだろうか。



a0012640_2165651.jpga0012640_21764.jpga0012640_2172563.jpg
店の外のテーブルで立ち飲みの勇気はなく、カフェの中で。
一応、2種類は、炭酸系の弱いものを。度の高いのは、季節感あるものを。


a0012640_2175673.jpg会社案内をみながらいただきました。
いちのくらざんまい。
いろいろあるんだなあ。お洒落っぽいし。
あらためて、みなおしていました。

喫茶店とあまりかわんなかった。
でもなー、陽気にはなれなかったな。

[PR]
by aneppe | 2006-01-07 02:26 | モノ・お店 | Trackback | Comments(2)
ようこそプリンタアさん
先日、プリンタアさんたちとお別れをしたので、
7年ぶりくらいに買い換えすることにしました。

華やかなるプリンタアたち。
CMなども全く興味をもってみていないし、調べる気もない。

しかし店に行ってみると、意外と選択肢はなかった。

年賀状くらいしか使わない。写真は印刷しない。
そう話すと、レックスマークの1万円未満の商品をすすめられた。
わお。
マイナー志向の血がさわぐ。
もう一つ、1万ちょっとでエプソンの商品で類似のがあった。

ここからが大変。
お店で聞いた話は一長一短であった。(候補機種)
エプソン
顔料インクでにじみにくいが、写真はいまひとつ
インクは色ごとに分かれているが、長く使わなくて
つまったりすると、本体ごと修理

レックス
顔料も入っているので染料だけよりはにじまない
写真用のインクを使えば写真も綺麗にでる
インクは1本なので、全色交換になるが、メンテが楽な構造
インクジェットが嫌で今まで昇華型だったので、
にじむとか、嫌だなあ。
悩んでいると店員に、普通の人は染料とか顔料とか、
気にしないのでは?と言われました。

そして、両方を出力してもらい、悩む悩む。
色のでかたも違うんだよね。

やばい。
興味ないくせにまにあっくになってるじゃん!!

悩んだ揚げ句、初志貫徹でレックスマークにしたのである。
カラーが1本であるのは、不経済だと思うが、
実はメーカー側は、コンパクトとして一番の売りとしている。
ものの見方の角度をかえると確かにそうだ。
捨てたプリンターのインクリボンが何色も残っている今、
コンパクトであるのは楽だよなあ。
それにデザインも、それをよくあらわしている。


a0012640_1541021.jpgちょうどプリンタアを使う用事ができた。
環境のこともあり、試行錯誤いたしましたが、
シンプルだからこそ、
癖を知って使いこなしたいと思う。
[PR]
by aneppe | 2005-10-31 01:59 | モノ・お店 | Trackback | Comments(3)
クリアフォルダーのポケットには
某社のクリアフォルダーをたくさん分けてもらった。

よくみると、ふたつのしかけがあった。
(以下、写真ははめ込み合成。というのは嘘ですが、フォルダーと関係のない物を使用)

a0012640_1640262.jpg名刺が差せるよう、
切り込みが入っている。
これは珍しくないかな。


(みえやすいよう、斜めに差しています)


a0012640_16415948.jpg裏に返すと・・・
おお。
小さなポッケがあると思ったら、
10円玉を入れるようになってる。
これは初めてみました。


a0012640_16421193.jpgこのフォルダーは販促グッズではなくて、
外交員がお客さんに、
この10円でお電話ください、
と営業用に使うものなんだな。
いいなあ、この心配り。


たまあに電話代バックを経験すると嬉しいものです。
フリーダイヤルじゃないと損した気はするし。
この場合は、ラッキー10円儲けた、となりそうだけど。


a0012640_1642231.jpgこれ、個人でも応用できる。

気になるひとに、
書類をわたすふりをして、
電話番号をしのばせちゃおう。

でも、公衆電話や固定電話ならよいけど、
携帯電話だと10円ではすまないから、ほんとに「きもち」だなあ。
実際にはメールアドレス交換ですんでしまったり、
メール送信代はそんなに気にしないから、
10円玉の重みを忘れていた気がする。

ちなみに
[PR]
by aneppe | 2005-10-19 01:19 | モノ・お店 | Trackback | Comments(4)
ユニクロ★ワシントン靴店
a0012640_2348384.jpg

みつい記念美術館オープンの様子をながめた後、
向かったふたつめの目的地。

7日にオープンしたユニクロ旗艦店
以前から隣のビルにワンフロアかりていましたが、
あるのかないのか、あがってみないとわからない普通のテナント。
今度は1〜5階までの本格進出。
当時、銀座にユニクロって相当な波紋があったと思うのだが。



信号を待っていると、こんな声がきこえてきた。

a0012640_2582753.jpg「まえ、何があったんだろうね」

ま、まじですか。。。
ワシントン靴店だよーーー(涙)

公式サイトの写真→
70年の歴史をもちながら、
ユニクロにビルを貸し出し
地下で縮小営業となったようです。



a0012640_23473863.jpg

ビルの入り口。
休日に銀座にこないから、人通りがいつもより
多いかまではわかりませんが、何たって警備員がいます。
高級ブランドショップなみ。

a0012640_2348195.jpg

入ってみると、エスカレーターの壁にはワシントンのロゴと、
地下へ案内する人がいました。
おりてくる人たちはユニクロの客。


a0012640_23495722.jpgユニクロ、
入らないつもりだったけど
入ってみた。ごったがえしてる。

モノが多い。
ヒトは狭い売場でこみあう。
レジはわりとすいてる。


というわけで、平日にゆっくりみたほうがいいな。



銀座の靴店はどうなっていくのだろう。
ワシントン靴店とすぐ近くに、あめりかや靴店があったけれど、
倒産・閉店してだいぶたつ。
みなれた光景もだんだんとかわっていくのだなあ。


関連リンク
ユニクロ銀座店の店舗デザイン
ワシントン靴店のショウウィンドウの変遷・・・もうみられないのか。

哀愁の女学生は・・・
[PR]
by aneppe | 2005-10-10 03:12 | モノ・お店 | Trackback(2) | Comments(2)
おつかい
会社で必要な、或るものを買いにてくてく。

探し物は、専用のものはなく、漠然とイメージしながら、
使えそうなものをえらばないといけない。

まず、無印で300円の写真立てを候補とした。

次に、隣の隣くらいにあたる、あの道路の下にある、
オフィス・デポに行った。

えーーーっ!!
a0012640_21472835.jpg

昨年、オープン時に、デポまにあぶりを書いたのに、
ちょうど1年1ヶ月で閉店ですか。
この近郊だけで、毎年、出店したり閉店したりしている。
デポが入っているインズ自体、テナントが定まらない。
二つの意味で、大丈夫かー?と思う。

a0012640_21475065.jpga0012640_2148486.jpg

閉店セールにしてはすいているしなあ。
つい先日もここで、映画の前売り券をか・・・おうとして、
他で買ったんだった。
会社の最寄りの文具店で2000円くらいしたファイルが、
ここで400円くらいですんで、助かったりしたのにな。

というわけで、ネタだけ拾って買い物はせず、
銀座の伊東屋2号館までさらに歩きました。

ねらいは店舗用品。
相談にのってもらったら、売り場は小さいのに、
いくつもだしてきてくれて、念入りに試しました。

a0012640_2149111.jpgそうしてげっとしたのはこちら。
伊東屋直輸入品で180円。
調節もできて、小さいながら、
安定性もいい。高さ5cmくらいかな。
ここまで来てよかったよ。

会社を出るときには、くたびれていたのに、
いい買い物をしたなー、っていい気分で帰ってきた。

が、心地よく疲れたために、定時すぎると同時に、
うたたねしてました。きもちいいな。
[PR]
by aneppe | 2005-09-23 01:17 | モノ・お店 | Trackback | Comments(2)
さよならプリンタアさん
先日、2台のプリンタアさんとお別れしました。
ものもちは悪い方ではありませんが、
まっくさんと違い、引き取り手を探すのも大変そうだし、
お別れするのになかなかふんぎりがつきませんでした。



a0012640_2059785.jpg

アップル純正のパアソナルレーザーライタア。
わたしの部屋に迷い込んでずいぶんになります。
壊れていないと思うけど、トナーは高いし、
個人には向かなくてずっと寝かせていました。
きみのことは忘れないよ。



a0012640_20591765.jpg

アルプス電気のマイクロドライプリンタア。
インクジェットがびしょびしょするのに較べ、昇華型で、
ワープロと同じ仕組みで、きれいに印刷できました。
だけど最近はリボンがひっかかって切れてしまったり、
色がかすれてしまっていました。
年賀状には向かなくなってしまいました。
おまけに、店頭販売をやめたときき、思い切ってお別れを。
きみの作品は紙で残っているからね。



彼らは、あいぶっくくんと出会うことはありませんでした。
今年はたぶん、インクジェットさんと友達になるでしょう。
[PR]
by aneppe | 2005-08-03 00:45 | モノ・お店 | Trackback | Comments(5)
愛ぶっくと京ぽん
二日前、ぼんやりとアップルストアへ立ち寄った。

お話すること1時間弱。くたびれて思考も弱り、
買っちゃいました、あいぶっく。

愛機ではデジカメもつなげないし、今年はいよいよと考えてはいた。
機種については、いつもみているブログの記事をみて、憧れてもいた。
使用感などを訊ねたところ、その日の朝メールをいただき、
直接的には、ほとんどそれが唯一の決め手だったのである。
アップルのサイトは、買ってからみたほど。

a0012640_21112439.jpg8年ぶりの高い買い物であるのに、
この無計画さよ。
とはいっても、当時の半分も
お金がかかっていないけど。

写真は97年からのまっくくん

この先入観のなさがよかったのかも。
懸念していたことが、次々崩されていきました。

ネットとデジカメは簡単につながり、
スカジー対応の各種周辺機器もすべて認識させることができた。
クラシック環境はもうないのかと思っていたので、感激。
電源ついていないかと思うくらい静かだし、起動も速い。
音楽も身近になりそうだなあ。テキスト打っても美しい。
最小限のことしか試していないので、
これからいろいろとカルチャーショックを受けそうだ。

さて。

店で京ぽんをいじっていたら、対応したアップルのスタッフが、

「フルブラウザーが使えるやつですか?どうですか?」

ときいてきた。音は良いし安いし、丸の内の職場で携帯は圏外、
これならバリバリですと、ウィルコムの宣伝をしてきた。

後から気がついたが、京ぽんは、箱・本体のデザインが、
iBookを意識しているので話題になり、合わせている人もいたのだった。
しまった、わたしのはPowerBook色だが、無理矢理記念撮影するよ。
a0012640_21113662.jpg

というわけで、初更新です。
appleもDDIポケットも、危うい時期がありましたが、
信じてきて、変化をみてきて、感慨深いものがあります。
a0012640_21114515.jpg

起動画面、左が古いほう。

もっとまえからいる子
[PR]
by aneppe | 2005-07-23 12:38 | モノ・お店 | Trackback(1) | Comments(8)
テプラの小人と妖精
a0012640_1105912.jpg

テプラを打って印刷すると、テープがうぃーんと出てくる。
その音は低くて小さい。

ん?

♪らーしどれみふぁそらしどー

てぷらに耳を寄せて印刷してみたが、
何度きいても、機械のうなる音がそうきこえる。

「なに寝ているんだ?」

一心にてぷらに耳を寄せていたので、上司が通ったのに気づかなかった。

「寝ていませんよ、音階がきこえるんです」
「かわってるなー」
「ほんとですよー!!」

そしてきわめつけの一言。

「妖精みたいな奴だな」

このような形容は初めていただきました。
そういえば前にも、メルヘンなやりとりがありましたが・・・。

それから、はたと気がつきました。

10年くらい前ですが、おーるどまっくくんに、フロッピーから、
ソフトウェアをインストールすると、処理のあいだ、
てのひらの絵がでてきて、指折り数えていました。
静かな夜更けにその処理を待っていると、機械の音は確かに、

どーれーみーふぁーそーらーしーどー

と音階にきこえました。
不思議だなーと思ったけど、誰にも言うことはありませんでした。

昨年になって、Macintosh にはこびとが住んでいる、と知り、
ああそうだったのか、とわかったのです。

テプラにもこびとが住んでいるのですね。
音階がちょっとかわっているので、
意外にもMacintosh のこびとさんよりも、個性派かもしれない。

「ほらほら、音階がきこえるでしょう?」

誰かに確かめてもらいたかったけど、怖くてやめました。
こびとの音楽がきこえるのがわたしだけだったら・・・

わたくし、妖精なのかもしれませんから。
[PR]
by aneppe | 2005-06-18 01:17 | モノ・お店 | Trackback(1) | Comments(8)
100円銀貨
a0012640_158438.jpg

みなれないお金を発見しました。

今と同じ100円玉が昭和42年なのに、どうして違うのだろう?
小さいような感じがした(大きさは同じ)。
すぐに調べると、42年から今のタイプになっていることを知った。
何が違うってデザインだけではなくて、銀貨だったのですな!

蒐集家にとっては価値のあるものではなさそうですが、
今までみたことのなかったものが、普通に流通していたことにびっくり。

こちらのサイトは大変くわしくて、
同じ発行年でも、び、みょーーにある違いなど、細かく紹介しています。
さて、昭和40年の100円玉の製造枚数は、62,500,000枚。
42年が、432,200,000枚ですから、ずっと少ない。
100円札もあるからかな。
古いお金も使えることは知っていますが(日銀のサイトは何故こんな地味?)
明治のお札が使えるといわれても、絶対使わないって!
お店の人などは、現行のお金を一通り知っているのだろうか?

a0012640_20069.jpgネットもよいけど、
取り出だしたるはこの本。
ちょっと気になる記述が。

古いから数字は当時のもの
(500円玉がでる前)。↓

昭和41年まで発行された百円銀貨は、
銀が2.88グラムも入っていて、地金だけでも
115円分になるといわれる。

今の百円玉は、白銅といって、銅にニッケルを
まぜたもので、材料代は3円くらいである。

明治時代の金貨は、法律的には今も額面通り通用するが(*)
額面通りで使うと、大変損するので、使う人はいない。

(*)昭和62年6月1日から、現行ではなくなったようですが、
額面の2倍って書いてあった。それにしたって金貨!!

使ったことのないお金は、客観的にみられるせいか、
個人的には稲穂よりも、鳳凰の銀貨の方が好きかなぁ。
もちろん、今回の稲穂ちゃんは、流通させません。


他のサイト
・100円銀貨の思い出
[PR]
by aneppe | 2005-06-14 02:06 | モノ・お店 | Trackback | Comments(5)
サイケCD-Rと注意事項
会社でCDを焼こうとしたら、空ケースに透明CD2枚発見。
じゃなくて、本物のディスクをみつけたら、一目ぼれしました。
a0012640_1134841.jpg
a0012640_114452.jpg

記録メディアでこのような目をひくデザインというのは、
経験がないかも。好みです。
ジャケットだけお持ち帰り。台湾のRitek社のブランドであるらしい。

ネットをみていると、CDについて研究しているサイトはたくさんあった。
というか、CDまにあという分野があるらしいことが驚き。

とくにこちらのサイトは、一つ一つに丁寧な解説をつけてあり、
かつみやすい。すばらしい。
世の中にはいろんなディスクがあるのだなぁ。

そしてわたしの無頓着ぶりがとてもわかった。
値段、材質の違いと意味。保管のしかたなど。
一般的には、どのくらい知られているのでしょうか?

こちら
を読んだら、衝撃的でしたので、軽く書くと・・・(少し古いですが)

CD-ROMを点字印刷物とたとえると、
CD-Rは、サインペンで書いた紙、くらい弱いんだって。
だから保管には注意が必要。

有機色素の素材によっても使い分けできるようです。
世界で初めて発明した太陽誘電製は、シアニンであるため、
市場では圧倒的に多く、安い。
光に強く保存性がよいのは、少数派のフタロシアニンとアゾだが、高い。

保管するのにも、昔の黒いCDケースのほうがよいみたい。
他にもいくつか指南はでています。

大事なデータを長期保管したいのであれば、
扱いには注意し、素材や、メーカーをチェックし、
多少高くても、しかたないのだなぁ。

何となく、焼き付けることさえできれば、大丈夫、
というイメージをもってしまうのだけど。
歴史の浅い媒体だけに、実際、将来あけてみたらどうなるのかが、
わからなくて、不安があります。

以前、何気ない会話のなかで、

「CDはね、15年くらいすると、腐るよ」

っていわれたのが忘れられません。
そういう表現をされたのは一度だけだけど。怖いね。
[PR]
by aneppe | 2005-06-02 01:18 | モノ・お店 | Trackback | Comments(5)