秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
はとぽっぽ★会館
at 2017-08-07 00:43
発見★萌え系本社建物
at 2017-07-09 19:36
ちいさくなった建物たち
at 2017-06-19 00:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(55)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん) 〜長崎...
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
オレンジ色のノート
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
有楽町★仮囲い
a0012640_23502454.jpg

先日、有楽町の仮囲いが広がって信号もなくなったことを
書きましたが、まっさらだった仮囲いがにぎやかになりました。

定番の、街の変遷写真が並びました。やったね。
結構大きくて鮮明なので、足を止める人もちらほらみました。

見苦しいですが、いくつか撮ってみました。



朝日新聞と有楽町駅ホーム(昭和20年代)

a0012640_0444856.jpg
おお!前に調べたときと角度が違う。



高速道路建設中(昭和32年)

a0012640_0431339.jpg
とうきょう高速だ。朝日の右にある建物?何だろう。



交通会館とすしや横丁(昭和39年頃)

a0012640_0485122.jpg
駅前ぎゅうぎゅう。全然しらない・・・
交通会館ができたのはさぞショッキングだっただろう。



交通会館(昭和40年竣工)・マリオン(昭和62年竣工)

a0012640_2211789.jpg
目の前にあるのに変なかんじ。



平成2年頃のこの辺り

a0012640_1131945.jpg
うっ、おぼえてない。。シネラセットになったとこか!



平成5年頃のこの辺り

a0012640_1115895.jpg
ビアホールとコカ飯店はおぼえてる。
レバンテのてっぺんすごい。この建物は上の縦長の写真にもみえます。



近い未来

a0012640_117585.jpg



a0012640_130211.jpg今、巨大建物が建っているのが,何とも不思議な感じ。

つい数年前の風景は、今だったら特別な目で観察しそうだけど、
当たり前に慣れ親しんで、お店を利用していてよかったと思う。

仮囲いの写真を通して自分の無知っぷりを知り、
調べてみたり、行ったお店を思い出したり。
わたしでさえそうなのだから、定番の囲い、奥深い意味があるんだなあ。


関連過去記事
謎のテント★意味深な杉囲い・・・信号があったときの囲い
ほか、多数

参考サイト
日劇周辺の変遷などくわしい(以前もリンクしました)
[PR]
by aneppe | 2007-02-07 02:54 | 有楽町×大手町 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://asabo.exblog.jp/tb/5088180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BANYUU at 2007-02-07 22:37 x
これらの写真を見ていると、有楽町のあのころが想い浮かびます。僕がここにいたのは、ちょうど70年代の10年間でした。さまざまな飲み会や歓送迎会などで、みんなで数限りなく歌ったのが「有楽町で逢いましょう」でした。僕はとりわけ、この歌の3番の「悲しい宵は悲しいよに 燃えてやさしい街あかり」というくだりが好きで、有楽町という街をこれほど見事に描いた歌詞はないと思っています。
ガード下の焼き鳥屋の煙、国電の音、朝日や日劇などの建物、その周りのさまざまなビルやネオンが醸し出す、戦後闇市の残照のようなものが、渾然一体となって、歌の歌詞にある「やさしい街あかり」を作り出していたように思います。
再開発は時代の流れで、昔を懐かしんでいても仕方がないのかもしれませんが、 ピカピカの再開発ビルばかりになってしまって、有楽町独特の街あかりが変貌してしまうのではないか、と寂しい気がしてなりません。
Commented by aneppe at 2007-02-08 01:52
全くリアルを知らないのに、しんみりきてしまいます。
BANYUUさんが有楽町を離れるときは、
わたしがまるのうちを離れるのとは比較にならない
感慨があったのではないでしょうか。
建物が同じでも、そごうはビックになり、
これも時代の流れの象徴なんでしょうね。
ビックのキャッチコピーも「有楽町で逢いましょう」でした。
でも、ガード下はあまりかわっていないと思いますよー
Commented by eno_san at 2007-02-14 21:59
おう、日劇、朝日新聞社、懐かしい。
aneppeさん、「ももや」って名の喫茶店行ったことあります?
有楽町駅からマリオンまでの途中の2階にある店です。
昔は、朝日新聞で働いていた人が使っていた店だったようです。
えのさん、最近は行かないので、無くなったかな?
日劇も○○ホールに行った遠い記憶があります。へへ。
Commented by aneppe at 2007-02-15 00:11
http://asabo.exblog.jp/5031452/
ここでのせた写真にもうつってますね、ももや。
どれかの喫茶店にはいったことがあるのですが・・・
ももやはわりと最近みた映画でもロケに使われていました。
Commented by momoya at 2016-10-25 23:48 x
はじめまして、2007年に閉店した個人経営喫茶店「ももや珈琲店」創業者の孫の加藤と申します。

突然のご連絡、失礼いたします。

本記事(http://asabo.exblog.jp/5088180/)のコメント欄を拝見し、ご連絡させていただきました。

営業当時のももやにお越しいただき、ありがとうございました。

この度、2016年よりコーヒー関連ギフト専門の通販サイト『MOMOYA(モモヤ)』(http://momoyacoffee.com/)としてインターネット上で営業再開を予定しておりますので、ご報告も兼ねてお礼のご連絡をさせていただきました。

引き続き、ももや珈琲店を何卒よろしくお願い致します。
Commented by aneppe at 2016-10-27 23:30
コメントありがとうございます。
お孫さんがお店の名前を引き継がれて
いるのですね。
サイトのぞいてみたいと思います。
<< ビルヂングの鍵 夢にみたかわいい建物 >>