秋葉OLの楽しみ探し 〜 ビルヂング研究 ★ etc. 〜

ゆっくり更新します
facebook・お知らせ
最新の記事
きられたビルヂング
at 2017-05-14 23:45
静かな庭園★あさくさ
at 2017-05-01 23:55
うしくん★あさくさ
at 2017-04-15 14:22
カテゴリ
秋葉×丸の内
有楽町×大手町
日比谷×霞が関
神田×日本橋
銀座×新橋
青山×六本木
他のまち・建物
≫千代田区
≫中央区
≫港区
≫新宿区
≫渋谷区
≫かながわ
≫せんだい
≫なごや
≫おおさか
≫こうべ
≫ほっかいどう
≫おきなわ
ウォッチング
企業・業界・広告
オネエチャン
モノ・お店
ブログ・ネット
運動・健康
タグ
(225)
(150)
(128)
(105)
(96)
(69)
(61)
(59)
(55)
(55)
(54)
(41)
(40)
(25)
(21)
(19)
(14)
(12)
(11)
(10)
(8)
(7)
フォロー中のブログ
スターバックスと新しいも...
言 壺。
きみぃの楽しい毎日
今夜もeat it
Goin' where ...
食!
Maskinのデジタル最前線
人物連鎖(進化と退化  ...
花鳥諷影
モノノフの声
酒と写真と。そして人生は続く。
極私的マーケティング論
不平屋のつぶやき (´・...
負け犬理論
ぽっとの陽だまり研究室
-Sun&Moon Blog-
新世界遺産への道~他とは...
デジカメ散歩写真
煩々(ぼんぼん)
過ぎ去りし日々Ⅲ
えのさんの東京大散歩
Roc写真箱
ここに、いってきたのさ。
漂泊のブロガー2 
これ、みたのさ。
Jeweldays
Continental ...
駅風呂やめました本舗
Animal Skin ...
外部リンク
RSS feed meter for http://asabo.exblog.jp

QLOOKアクセス解析ASPアクセス解析
三信ビル保存プロジェクト
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
吉村順三建築展
上野の森に行ってきた。
人ごみにいくのは好まず、かえって孤独になるんだけど。
幸い、すばらしい天気にめぐまれた。

目的地は東京藝大。ふたつの理由があった。
ひとつは、吉村順三建築展。
いつもみにいっているakiさんのブログで、
ずいぶん前から紹介されていたのだけど、
akiさんの恩師であるらしい、という認識しかなく、
藝大の展覧会なら専門家向けに違いないと、行く気はなかった。
しかし、是非というお言葉をいただき、その長大な距離の間に、
クッションがおかれたのでした。
もうひとつの理由は・・・次の記事にします。



a0012640_149365.jpga0012640_1494847.jpg
ギヤラリートークの時間と重なったけれど、
ものすごいこんでいて、挫折しそうになった。
こぢんまりしたものを想像していたから。

わたしは誰がどういう作品といったことは全く知らなくて、
特にひとりの建築家にスポットをあてた展示というのは、
みたことがなかったのではないかと思う。

そんななかで感想をのべるのは難しい、というか、
少ない語彙で言葉にした瞬間、安っぽくなってしまう、
それが、印象でした。

バラックから始まって大きくなっていく自邸、
精密な、きちーっと書き入れられた設計図、
でこぼこの土地を削らないで、土地にあわせて造った大学。
芸術家の家とか、特殊な事例が多くあったけど、
ローコストの家を2年かけて設計したものもあった。
まるで古い感じがしない。それぞれの夢がかなう家。
(展示にはありませんが、今あるお宅の写真を発見

新宮の基本設計というものもありましたが、
宮内庁ともめて辞退した、といったこともあったそうです。

日頃の関心事からして、わたしが最も楽しめたのは、
某オフィスビル。意外なだけに、興味深かった。
しかも、無意識にみていそうな場所にあった。
改装でかわりはててしまったようですが・・・、
これについては、改めて書けたらいいなと思います。

a0012640_150838.jpg 壁にはってある言葉で、印象的だったのを、
このページ一番下にくっつけておきます。
(写真は美術館の階段)

上野や藝大での発見レポートはで。




吉村順三建築展より

人間というものは絶えず新しい刺激を受け、
新しい発展というものを体得することが楽しいわけですからね。
だけれども、
それは建築の基本から出発した近代建築であるべきで、
形だけ近代的であっても、そこに何も近代的な、
精神的要素がなければちっとも近代的じゃないと思うのです。

建築は、はじめに造形があるのではなく、
はじめに人間の生活があり、心の豊かさを創り出す
ものでなければならない。
そのために設計は、奇をてらわず、単純明快でなければならない。

[PR]
by aneppe | 2005-12-12 01:58 | 他のまち・建物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://asabo.exblog.jp/tb/2821513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AKi at 2005-12-12 03:17 x
aneppe さん、こんにちは。
たくさんの人で混んでいた様子、ごくろうさまでした。
こんな時代だからこそ、建築や環境を作り出すことが、どのような思考の元に作り出されねばならないのか、たくさんの方々に考えていただきたいと思っています。
Commented by aneppe at 2005-12-14 02:45
そうですね、
何か感じるところはあった、という程度でも、
何も知らないところからでも、行ってよかったとおもいます。
Commented by プラナリア at 2005-12-22 17:46 x
遅ればせながら行って参りました。
なかなか素敵な展覧会だったように思います。
帰りに黒田清輝記念館にもよって来ました。
木・土の午後しか開いていないので、初めて中に入ったんですけど、
小さいながらなかなか楽しめました。

あ、最近の高層ビル、窓が開くようになってきてるみたいですよ。
ダブルスキンと言い、吉村さんの先見性が光るビルですよね>某オフィスビル

次回はお隣のこども図書館と、やっぱり閉まってて入れない
朝倉彫塑館を責めたいと思ってます。
Commented by aneppe at 2005-12-22 23:35
平日でもこんでいたのですね。
黒田清輝記念館、なんと、これも岡田氏の
建物ですか!外側だけでもみたいな。
こども、と朝倉・・・いってみたくなりました。
高層ビルの情報ありがとうございます。追記しておきます。
<< 上野の森の大学 トラックバックについてのお願い >>